fc2ブログ
2022.05.29  遠足
 吉祥寺から2時間、塩山着。 国道411をバスに揺られて25分。
DSCN5433.jpg DSCN5434.jpg
 甲州市交流保養センターにてまずは甲州名産のホウトウを喰らう。
IMG_6206.jpg jaguzi.png
 そして、併設の大菩薩の湯に浸かります。

  一千万年昔の花崗岩体深部から湧き出た大地の恵み、世界的にも最高級の水素イオン濃度(pH)10.05の高アルカリ性温泉です。

 さて、昨年。新宿からの青梅街道を部分的であっても路線バスを使って走ってみたいとチャレンジしました。(青梅街道とは東京都新宿区から東京都青梅市を経由し、山梨県甲府市に至る132kmの東西に横断する道路である。)
 でも途中の青梅市からになるが、青梅街道を踏襲するルートをたどる国道411号(東京都八王子市から西多摩郡奥多摩町を経由して、山梨県甲府市に至る120km)が存在します。
 そして、甲州裏街道と呼ばれることがあるが山梨県側に入ると大菩薩ラインと地元民は呼ぶそうな。

 と云うことで、県道を使った別ルートにて塩山駅へ向かう途中にー
DSCN5435.jpg DSCN5437.jpg
 ここから大菩薩峠(1897m)を通って大菩薩峰(2057m)までお手軽に日帰りで登山出来るそうな。何時間かかるでしょうか?
 オイラ? 数年前の米山転落事故後ハナから登る気ナシ。

   DSCN5449.jpg

 そして、甲府駅へ移動して甲斐善光寺の御開帳参りをするつもりが疲れてしまい高速バスにて帰京の遠足でした。


   OMAKE  What is that?

 中央線藤野駅左側に見えるデッカイオブジェはナンだいな?
DSCN5419.jpg DSCN5420.jpg
1989年造形作家・高橋政行により制作された「緑のラブレター」 自然から人間へのメッセージをテーマに 縦17m×横26mの大きさです。



2022.05.28  風化
 1294年(永仁2年)、二代遊行上人他阿によって開山された善福寺。
DSCN5403.jpg DSCN5404.jpg

 檀家がすくないのか?かなりの貧乏寺のようです。
DSCN5406.jpg DSCN5408.jpg

 本堂軒下の左右に鏝絵がありました。 剝離損傷がひどいです。
DSCN5409.jpg DSCN5410.jpg
 右は龍、左は鷹。 入江長八の鏝絵で飾られてましたがー
DSCN5411.jpg DSCN5413.jpg

DSCN5417.jpg DSCN5416.jpg

 無人寺ではなさそうですが何とかならないもんでしょうか?
 全国には5万5千のコンビニより多い77000の寺院がありますが12000が経営危機から廃寺に晒されているとの報告もあります。 高齢化社会において葬儀や墓などの諸問題が細分化され、葬送が儀式化しております。
 今一度、死および死後を考えてみませんか?

 オイラ? 葬式不要、直火葬。 墓無用、散骨を望むが・・・

 しかし、俺の骨は風葬を夢見ているが・が・が・  フリーズしてしました


2022.05.27  荏原
 北品川に在る東海七福神の恵比須を祀る荏原神社です。
DSCN5386.jpg DSCN5389.jpg

 荏原神社は元明天皇の御代、和銅2年(709年)9月9日に、奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高龍神(龍神)を勧請し、長元2年(1029年)9月16日に神明宮、宝治元年(1247年)6月19日に京都八坂神社より牛頭天王を勧請し、古より品川の龍神さまとして、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受けて現在に至っています。明治元年には、准勅祭社として定められました。神祗院からは府社の由来ありとされました。現在の社殿は弘化元年(1844年)のもので、平成22年で166年を迎えました。

 軒下の欄間?には見事な彫り物が施されておりました。
  DSCN5392.jpg
  DSCN5393.jpg
  DSCN5394.jpg 
DSCN5397.jpg DSCN5398.jpg

 オゥー  屋根から龍神さんが顔を出しておられるワ。
DSCN5396.jpg DSCN5400.jpg

DSCN5401.jpg


   オイラブログ  2009.07.12   品川神社の富士塚登山


2022.05.26  稲荷
 長徳寺参道入り口にある和菓子処 遠州屋では、一味唐辛子を稲荷の味付けに使ったいなり寿司『閻魔いなり』を販売中。

DSCN5379.jpg DSCN5385.jpg

 近くの公園にて実食。唐辛子のピリリとした辛味がアクセントなり。


2022.05.25  閻魔
 「南品川のおえんまさま」として信仰を集めた長徳寺です。
DSCN5363.jpg DSCN5365.jpg
 
DSCN5369.jpg DSCN5367.jpg
 閻魔堂には、像高88cmの木造閻魔王坐像が祀られています。
DSCN5374.jpg DSCN5375.jpg


 オイラの故郷である越後柏崎には閻魔堂があったり、木喰さんの彫った閻魔像があったりと、何かにつけ閻魔さんに魅了しております。

   歯欠けの謎はクリック  ennma0011.png



2022.05.24  寄木
 東京に現存するムクリ屋根の破風建物の最後は品川寄木神社です。
DSCN5338.jpg DSCN5343.jpg

 3対の狛犬。 青銅製のものは1988(昭和63)年、拝殿前の尾流れ型は1913(大正2)年、そして尾流れ型のそばに特徴的なモチーフの小さな狛犬。これが「かっぱ狛犬」。1828(文政11)年造で、阿形吽形共に頭頂部にくぼみが造られていました。
DSCN5339.jpg DSCN5340.jpg

 拝殿奥の本殿は大谷石の石蔵で明治6・7年建立です。
DSCN5346.jpg DSCN5347.jpg

 本殿の扉の内側には入江長八の鏝絵がありました。
DSCN5344.jpg DSCN5348.jpg
 アクリルで仕切られており外光反射が強く良く判りません。

     参考画像 7e586ea399c7f400f3a4fb36a122418b.png
 左扉上部に天照大神(あまてらすのおおみのかみ)、下部に天鈿女命(あめのうずめのみこと)、右扉には猿田彦命(さるたひこのみこと)が描かれています。

 オイラブログ  2015.10.08  長八展  へ出掛けておりました。

DSCN5356.jpg


 江戸初期の台徳院霊廟惣門は別格としても名もなき宮大工の棟梁が残してくれたムクリ屋根の破風の建物は甲乙付け難い建物でした。



2022.05.23  惣門
 東京に3棟しかないムクリ屋根の破風の建物のひとつが芝増上寺の旧台徳院霊廟惣門です。
DSCN5292.jpg

 まず、台徳院とは徳川二代将軍秀忠のことで、戦前までは中門の内側36m×54mの広い霊廟つまり墓があったのだ。
  soumonn.png
 太平洋戦争末期の1945年5月東京大空襲で大部分の建物を焼失した。

 外側の入り口が惣門であり、入母屋造八脚門で、全体を朱塗とし、装飾的要素のない簡素な門である。徳川家霊廟では、奥にある建物ほど華美な装飾が施されるようになっていた。
DSCN5297.jpg

 金剛力士像はもと埼玉県川口市の西福寺にあったもので1958年頃に現在の惣門に移されました。
DSCN5304.jpg DSCN5306.jpg
 なぜ? 西福寺から略奪?してきたかと云うと、家光の長女千代姫が寄進していた仁王像だそうな。

DSCN5311.jpg

DSCN5312.jpg DSCN5313.jpg

DSCN5319.jpg

 焼失から間逃れた「旧台徳院霊廟勅額門、丁子門及び御成門」は所沢の狭山不動尊に移築されています。そして、この4棟は個人所有だそうだが徳川? はたまた堤? 唐突なる堤氏登場は次回?なのだ。
 ウン近々遠足にでかけたいナー


  オイラブログ 2016.03.12 増上寺宝物殿へ行っておりました。
zo001.jpg zo002.jpg

  オイラブログ 増上寺の二代秀忠へ墓参り に出掛けてました。
zo004.jpg zo003.jpg


2022.05.22  鎮守
 中野駅からバスにて15分。 松が丘北野神社です。
 どこにでもあるような村の鎮守の無人神社です。
DSCN5269.jpg DSCN5270.jpg
DSCN5271.jpg DSCN5272.jpg
DSCN5278.jpg DSCN5279.jpg
 創建年代は不詳だが、文明9年(1477年)に太田道灌が当社で戦勝祈願したと伝える。 (近くに太田道灌と豊島泰経が合戦した江古田古戦場地の碑がありました。)

 社殿は昭和8年築。ムクリ屋根の破風が乗っているのが珍しい。
  DSCN5280.jpg
 東京では他に、品川区の寄木神社の拝殿や、港区の旧台徳院霊廟惣門と3件もあるが、全国的にかなり珍しいと思われる。

DSCN5282.jpg DSCN5283.jpg
 珍しいと云われても知らなければ普通の神社です。

 ブラブラ歩いて目に付いた倒木桜が・・・
DSCN5285.jpg DSCN5288.jpg
           接ぎ木で移植された桜木はこの木であろうか?



2022.05.18  久々
 東京地方は日照時間10時間を久々に観測しました。
DSCN5236.jpg

 でもね、先週の土曜日です。
   DSCN5195.jpg
   DSCN5196.jpg
   DSCN5206.jpg
   DSCN5213.jpg

 高井戸の煙突に太陽がうまく沈むのかい?  ORZでした。
DSCN5238.jpg DSCN5251.jpg

 朝から青空が広がっておりました。 しばらく続くかいな?
DSCN5242.jpg 
DSCN5243.jpg 
DSCN5247.jpg

DSCN5257.jpg 
DSCN5258.jpg 
DSCN5268.jpg


2022.05.15  ボツ
 「祖父はロシア語、父はドイツ語、俺は英語。母国語ってナンダ?」
 異国を旅する若者に熱く語るが、その叫びはうまく伝わらなかった。

 50年以上前のことだった。
 青年は荒野を目指して北欧に降り立った。  そして・・・・・

   (続きがまとまりません)

 右側通行を強制されていた島がある日突然左側通行へ。
 1ドル360円で帰ってきた。プラザ合意では半額の180円へ。
 そして、いろいろあって2022年初夏は130円の円安です。

   (続きがまとまりません)

 完全にボツネタです。  ですがあえてアップしてしまいました。