2017.05.27  前日
 さて、大相撲五月場所も明日が千秋楽ですね。
 全勝vs2敗が5人、今夕には優勝が・・・

 ニュースなどで耳にする「日本人横綱・・・」の形容詞の言い方に物言いを云いたい。 「もういい加減その日本人ナンタラをやめませんか・・・」

 国技?とは云え、長らく外国人横綱や青い目の力士に支えられてきた現状に対し失礼ではありませんか?
 日本国籍取得を強制?奨励したりの慣習は判りますが、女性の土俵への上がりやイジメ撲滅など改革も進んでいますが、古い伝統の見直しや時代への即応がさらなる発展の基盤ではないでしょうか。


 そんな中、セーラー服を着た美少女が体を張って実演する「相撲ガールズ82手」なる映像が公開されてます。





2017.05.23  参歩
 ズンズンズン。     タタダーンと近づいて・・・
P5181931.jpg P5181932.jpg
 ナンジャモンジャの花はすでに枯れておりました。
 こちらは菩提樹です。
P5181938.jpg P5181957.jpg
 雄葉と雌葉があるのでしょうか? 軸?茎?から延びる蕾。
P5181952.jpg P5181958.jpg
 さらに葉に飛び出るツノ? 更にさらにへばりつく虫の死骸?
 こちらはカヤの木に共生する犬桜です。
P5181959.jpg P5181962.jpg

 そして、今年の春最後の残桜。 年に2度咲く十月桜です。
P5181917.jpg P5181930.jpg

  P5181937.jpg

   歩5分のご近所神社・大宮八幡へ久々に行ってきました。



2017.05.20  成身院
 埼玉・本庄市・児玉町の平等山宝金剛寺成身院百体観音堂です。
P5151806.jpg P5151859.jpg
P5151851.jpg P5151809.jpg
P5151852.jpg P5151858.jpg
 龍の彫り物が見事です。 寛政七年(1795年)鋳造の大鰐口。直径180㎝厚さ60㎝重さ750㎏が異彩を放ってました。

 宝金剛寺は檀家を持たない談林すなわち学問所で最盛期百箇寺の末寺を抱えておりました。 成身院は管長の日常を送る住まいでした。
 天明三年(1783年)、浅間山の大噴火で1500人以上の遺体が利根川に流されてきました。
 その慰霊供養のため、観音堂を建立。 江戸で造られた観音さんが運ばれ、完成したのが寛政四年。

 しかし、明治の廃仏毀釈令で無人になり、明治21年焼失。 大鰐口だけが残りました。
 明治43年、再建されたが、大正8年またもや火災炎上。

 現在の建物は文政七年ころの庫裡を、昭和48年に改修して建てられました。
 中に安置されている観音さん百体が揃ったのは平成に入った最近のこと。だそうだ。

 内部は2層3階構造です。 1階には秩父34観音、2階には坂東33観音、3階は西国33観音を祀っております。
P5151814.jpg P5151818.jpg
P5151819.jpg P5151816.jpg
P5151823.jpg P5151830.jpg
P5151829.jpg P5151831.jpg
 本尊の聖観音をグルリ廻り込むことで御利益100倍かい?

P5151825.jpg P5151827.jpg

P5151846.jpg P5151839.jpg
 観音様に混じり、興福寺の阿修羅を模した天部があったのには笑っちゃいました。 イエ、微笑みました。

 三大サザエ堂との触れ込みでしたがナンダカナー

   P5151850.jpg P5151807.jpg


 そこで思い出すのが、オイラブログ「2013.04.12せっせと桜旅 」
 33年生まれの焼酎学生さんとの八高線・高崎湘南ライン旅です。
 三十三観音のそれぞれ名称を始めて知り、意味を調べたことを。

P5151862.jpg P5151863.jpg



 
2017.04.30  寺街
 盛岡には20ヶ寺以上のお寺が集められた一廓があります。

 そのひとつに報恩寺があり、木造の五百羅漢さんがおります。
P4251217.jpg P4251222.jpg
  P4251251.jpg 
P4251232.jpg P4251233.jpg
 京都の九人の仏師の手により、享保16年(1731)から4年を費やして作られました。全て寄せ木造り、漆塗りです。
P4251240.jpg P4251245.jpg
P4251234.jpg P4251238.jpg
P4251242.jpg P4251247.jpg
P4251243.jpg P4251244.jpg
P4251246.jpg P4251241.jpg
 『?』像の中には南蛮人マルコポーロやフビライハーンなども・・・

 ズラリと並ぶ様は迫力の一言!一体一体を見ていると茶目っ気たっぷりの表情に笑みがこぼれ、知合いを見つけ懐かしくなり、いつの間にか雑念が払われ優しい気持ちになっていく…そんなパワースポットです!

 もうひとつのお寺、龍谷寺。 モリオカシダレ。
P4251262.jpg P4251266.jpg
P4251273.jpg P4251285.jpg
P4251293.jpg P4251295.jpg
P4251292.jpg P4251300.jpg
        花カンザシのようなシダレサクラもイイもんだ。



2017.04.29  盛岡城
 明治以降、藩の消滅とともに城は崩壊取り壊しにあい、城跡にはゆかりの神社が移築される例が全国に見られます。
 盛岡城郭跡にも櫻山神社があります。
P4251156.jpg P4251165.jpg
P4251170.jpg P4251171.jpg
P4251174.jpg P4251176.jpg
 盛岡城築城時、この地を掘り下げたときに、大きさ2丈ばかり突出した大石が出てきました。この場所が、城内の祖神さまの神域にあったため、宝大石とされ、以後吉兆のシンボルとして広く信仰され災害や疫病があった時など、この岩の前で、平安祈願の神事が行われ、南部藩盛岡の「お守り岩」として、今日まで崇拝されています。

P4251182.jpg P4251183.jpg
P4251185.jpg P4251194.jpg
 本丸天守跡にリッパな台座のみが。 誰が建っていたのでしょうか?

 第15代盛岡藩主南部利恭の長男・利祥陸軍騎兵中尉。
 明治38年(1905年)の日露戦争、3月4日井口嶺の戦いで銃弾を浴び戦死。享年23。
 南部利祥の栄誉を後世に残すため旧盛岡藩士らによって、明治41年(1908年)に利祥の銅像が建立された。
     nannbu001.png
 しかし、太平洋戦争中の昭和19年(1944年)に金属供出によって撤去されたため、現在は台座が残されるのみである。

P4251191.jpg P4251192.jpg
P4251199.jpg P4251201.jpg
 二の丸には桜が植えられており、市民の憩いの場になっていた。

P4251209.jpg P4251210.jpg

 天守等の城郭建物がなくとも、今もリッパなシンボルなのである。



2017.04.22  次の次
 テレビ東京・土曜22時から「美の巨人」が放送されてます。
 先週に続き、「街道の美・広重東海道五十三次」です。

   ♪♪お江戸日本橋七つ立ち 初上り♪♪
 「暁7つ」すなわち午前4時前後の大木戸門が開けられ、大名行列の出発です。 広重は異なる浮世絵を描いてます。

hn001.jpg hn002.jpg

 左は30代半ばに持ち込んだ保永堂版。右は10年後に描いた行書版です。
 誰もが見慣れた御馴染みの保永堂版は雨風雪などの天候が巧みに彫られております。に対し行書版では名所名物などガイドブック風の旅行記となってます。
 さらに晩年に描かれた連書版では・・・・・
 その上、各版での摺り色で微妙な変化が見られるそうだ。

 広重は東海道を歩いてない説(三条大橋は当時石橋なのだが何故か秀吉時代の木橋。しかし連書版で石橋の三条大橋を描いている。)や大名行列絵師として参加(無名絵師が同行できるのか?)
 さらに、東海道は日本橋から大阪高麗橋までの57宿なのだが京都までなのはナゼ?
 などなど、番組では語り切れない広重のナゾが面白いのである。


   OMAKE  「関」宿のワンショット
    広重のイタズラか? 彫師の間違いか?
  hirosigeomakes53.png


 スマホに替えて、歩数計アプリの53次でテクテクしております。



2017.04.16  自己満桜
 先週の花金曜(今はプレミアムフライデー?)夜でした。
 井之頭線と環8の交差する高井戸に隠れた桜堤があります。
  P4070828.jpg
 井之頭公園の池を源流とする神田川が流れております。
P4070841.jpg P4070839.jpg
P4070831.jpg P4070840.jpg
P4070833.jpg P4070835.jpg
P4070837.jpg P4070857.jpg
P4070899.jpg P4070908.jpg
P4070902.jpg P4070895.jpg
P4070849.jpg P4070846.jpg
P4070869.jpg P4070886.jpg
P4070882.jpg P4070878.jpg

 手ブレピンボケなんのその。 自己満ショットの貼り付けでした。


2017.04.07  桜散歩
 花曇りの桜散歩に井之頭公園へ行って来ました。
  P4050793.jpg
 スワンスワンと人混みにまみれテクテクしてきました。

P4050803.jpg P4050811.jpg
P4050806.jpg P4050815.jpg
P4050801.jpg P4050809.jpg
P4050798.jpg P4050817.jpg

 青空の発色に比べ写真の色はイマイチですがノンビリしてきました。



2017.04.06  春を喰らう
 ポルトガルから渡ってきた南蛮練粉を銅鑼形に焼いたカステラに餡子を乗せたどら焼きは和菓子の定番のひとつとして親しまれております。
 2112年9月3日生まれで未来からやってきたドラえもんの大好物がドラ焼きです。
 文明堂はドラえもんドラ焼きをメモリアルに発売してきました。
 春にはサクラ餡の入った“桜さんどら”なる洋風どら焼きを販売。

P3300687.jpg P3300685.jpg

 春野菜のひとつであるウドと豚肉の甘辛炒めをおいしくいただきました。 品種改良が進んでいるのか?クセあるエグ味はアク抜きせずともOKでした。



2017.04.03  櫻画
 東京地方も桜が咲きほこる日々がやってきております。
 異なる幽玄を体験したいオイラは日本画の2景を貼り付けます。

 1枚は琳派の俵屋宗達が描いたと伝えられる作品です。

  img8.jpg
 4枚の襖に描かれた「桜芥子図」です。 龍子記念館所蔵だって?
 数年前に行った浅草線西馬込駅から徒歩20分の川端龍子の自宅の一室に用いられていたそうな。


 もう1枚は最後の南画家とも呼ばれている松林桂月の「春宵花影図」

  img7011.jpg
      (昭和14年   墨画・絹本・軸・1幅   119.3×134.5)


           ヤッパ、桜・さくら・サクラ・櫻はええなー