月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神をさがそう』の最終月です。

   山本太郎:画 yamamotoimage_002.jpg

 七福神信仰は室町時代末期頃の京都に始まったといわれています。
 西宮の夷三郎、叡山の三面大黒天、鞍馬の毘沙門天、竹生島(ちくぶじま)の弁才天女を中心に、布袋和尚と福禄寿、寿老人が加わり、七福神が生まれたのです。

 六神でもなく八神でもなく、七神にこだわったのは、仏教経典の「七難即滅七福即生」にちなんだとか、中国の「竹林の七賢」にちなんだとかいわれています。
 恵比須は律儀(または清廉)、大黒天は有徳、毘沙門は威光、弁才天は愛敬、布袋は大量、福禄寿は人望、寿老人は寿命を表し(『江戸文学俗信辞典』)、庶民は「七徳」を得ようとしてを拝めるようになりました。


 七福神が居るならば、もっと御利益を得たい。との欲望が生まれます。

 『八』に因む東京・八王子には「八王子八福神めぐり」
 千葉・八千代市には「八千代八福神めぐり」 があります。

 埼玉・栗橋「くりはし八福神めぐり」では満願時に「福」の頒布があります。
 また、神奈川・横浜の「横浜瀬谷八福神めぐり」では七福神に達磨大師を加え、その上に八福草も各寺院に指定してます。
 さらに、相模鉄道では絵馬型「横浜瀬谷八福神めぐり往復割引乗車券」を発売することでしょう。


 都内に住むオイラは椿山荘八福神めぐりを兼ねて新春おせち料理を食べに行きたいナー  どなたか御一緒しませんか?


 月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神をさがそう』です。  11月は「大黒天」です。

 神奈川・大和の常泉寺「河童七福神」と群馬・館林の茂林寺「大黒天」
s100_1895.jpg s100_2084.jpg

 まずは「大黒天」とは誰? から語りましょう。
 ヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラからインド密教・チベット仏教をへて、日本の仏教・密教では富貴爵禄の財福を強調されました。
 その一方、国譲りの神である大国主命と習合して食物・財福を司る豊穣の面が民族的民間信仰の「七福神」に取り入れられました。

 一般的には米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者形です。
 振れば何でも出てくる小槌を持ち、何でもはいっている大きな袋を背負う姿は、無尽蔵の財宝と富の象徴です。 でも、大黒天がかぶっている大きな頭巾は、それ以上、上を見ないためで、謙虚であるべきことの教えだそうです。さらに、大黒天が乗っている二俵の俵は、二俵で我慢せよという「知足(足るを知る)」の教えであるそうです。


 脱線・蛇足話ですが、
 古事記・上巻の因幡の白兎の説話の後の大国主についての日本神話の中に「大国主の神話」には浮気?が結婚詐欺に発展し妻に激怒される男の性と悲哀が語られており、野次馬オイラは非常におもしろく読みました。


 さて、日本各地にはいろんな大黒様が祀られております。
 あなたが住んでいる処にも「七福神様」がおられるならば、大国天も居ます。 明日でもお参りに行ってみませんか?


  
 月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神をさがそう』です。 10月は「布袋さん」です。

 布袋と云えば1962年2月1日生まれで群馬県高崎市出身の元BOØWYメンバー布袋寅泰がいます。
 また、鉄チャンなら名古屋鉄道犬山線の布袋駅である。 駅舎解体? ドナンミャー? あとで調べてみましょう。 そして、駅前道には20数体の布袋像が鎮座しておりましたネー

 さて、布袋さんを描いた墨絵や掛け軸はたくさんあれど、オイラの注目は。

     1-4b.jpg
 賛を読むにさしずめ 「仏の貴い教えや慈悲は、どこにあるのでもない。布袋の担ぐ袋のように、自分自身の内にこそあるのだ」 と書いてあります。
 描いたは雪の殿様で有名な下総国古河藩主の土井利位です。

 絵だけなら、布袋さんのごとく生きた仙崖義梵和尚です。

     102sengai_ph0002.jpg
 
 一度見たら忘れられない 脱力系の、ほのぼの系。 見ているこちらも 思わず『へらら~』となってしまう。
 そんな感じの裏に隠されたスゴサは「指先にある満月」なのです。
 描かずとて、「存在する」は新陰流極意の無刀取りに匹敵するのは言い過ぎか?  ナンテネ。


 さて、七福神の中で唯一中国に実在し、浙江省で生まれ、名を契此(かいし)といい、定応大師、長汀子(ちょうていし)といった呼び名もありましたが、当時の人々には布袋和尚と呼ばれて親しまれていた禅僧でした。 
 それはいつも喜捨されたものは何でも、大きな袋に入れて旅をしていたのですが、この袋は福袋というより堪忍袋とも言われ、現世の欲望を達観した大らかな人ということで、多くの人に愛されていたんでしょうね。
 確かに生きて、人々に笑顔を与えたんだろうな、という血肉の通った暖かさを感じます。
 そんな布袋さんの日本一を決めるにはバチ当りの話かい?




 月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神を探そう』です。
 9月は敬老の日もあり、「寿老尊」を取り上げてみました。

 5月の福禄寿さんと同一視され、影が薄い存在です。 ですが、寿老人のじぃさんは道教とつながりが深いのです。

 道教には日本の古事記のように数々の神様や仙人(神仙)が登場します。 神は人々の想像が産み出したものが多い(当たり前?)のですが、仙人は修行を積んだ人が不老不死になって神と同じように信仰されているものです。
 道教は、死後の世界云々ではなく、自分の人生を追求し、宇宙や人生の根源的真理と一体になることを究極の理想としているので、そのための修行の結果として不老不死になれるんです。

 すなわち、呼吸する生ある存在を超越した『無の世界』が在る。

 まぁ、わかったようでわからない故事付け、誇示・固持・孤児・虎子・居士・コジコジ・コリゴリなのです。

 なので、長生きが幸か不幸かはわかりませんが、せめて平安で健康な老後でも頼むことにしましょうか。


   s-R0025182.jpg

   北海道・昇仙峡には「寿老人」と名付けられた奇岩があります。
   不老不死の祈願にでも出かけてみたいものである。


     

 月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神をさがそう』です。

 暑い夏は辛いカレーライスを食べて乗り切ろう・・・
 と、カレーの定番の添え物に福神漬がありますがその起源は。

 大正時代(1902、1903年説あり)に日本郵船の欧州航路客船で、一等船客にカレーライスを供する際に添えられたのが最初であり、それが日本中に広まったとされる。

 ならば、福神漬は誰が考案したのでしょうか? 調べてみた。

 明治時代初頭、東京・上野の漬物店・酒悦の店主・第15代野田清右衛門が開発したもので、自分の経営する茶店で売り出したところ評判となり、日本全国に広まった。
     第15代野田清右衛門  noda003.png
 7種類の野菜を使用し店が上野不忍池の弁才天近くにあった事から「福神漬」と命名されたとされる。
   谷中・浄光寺にある表彰碑 noda005.png
 また、この名称が広がる事を願った清右衛門は、商標登録をしなかった。

 当然、異説もあります。
 「ご飯のお供にこれさえあれば他におかずは要らず、食費が抑えられ金が貯まる(=家に七福神がやってきたかのような幸福感)」という解釈で、梅亭金鵞が名付けたという説もある。 

 で、改めて福神漬とは醤油と砂糖やみりんで作った調味液で漬けたのですが、7種の野菜を言えますか?
 ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマなどを細かく刻んだ非発酵型の漬物です。


   とあるカレー屋の壁紙  100_1690s-.jpg

 “CURRY”はカレーです。
 “SAVORY”サボリーとしか読めません。

 連日の暑さと寝不足に「カレーを食べお仕事をサボリーに来ませんか」とメッセージを送っておりました。


           ちなもに“SAVORY”はおいしいの意もありました。




 月に1回、同一テーマを12方面から分析・語ろうと企画した。 名付けて『日本一の七福神をさがそう』です。 偶然にも7月7日の7福神のラッキー7ディーです。 今日は「毘沙門天」さんです。

 何と云っても歴史と格で標高584mの鞍馬山にある鞍馬寺でしょう。
 本堂内には中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊が安置され、これらの三身を一体として「尊天」と称し日本一でしょう。

 チョット待った! と「毘」の旗印で有名な上杉謙信公が「我こそ毘沙門天の生まれ変わり」と守り神像・泥足毘沙門天尊像を取りだした。
     bisyamon.jpg  米沢市法音寺に安置

 「おひけぇなすって、御高名な親分様方。 アッシこそ日本一の毘沙門天でごぜえます」 と啖呵を切った那珂市の一乗院。
   bisyamonten01.jpg 台座より高さ約16m


 控えぃ、新参者。 我が鞍馬時の毘沙門天様こそ唯我独尊。
 何を言う。我こそ戦乱の世を終わらせんと立ち上がった義の漢。

 イエイェ、鞍馬親分様。
 言っては何ですけど、本家・天台宗総本山比叡山延暦寺から戦後(1949年)のドサクサに混じり独立して一家を成したのでは御座いませんか? 
 こちらの上杉親分さん。
 アンタはんは女犯と禁欲生活を送りながら酒淫に入り浸っているではありませんか? 甲斐の虎と名乗る猫一匹すら退治出来ず、手こずってはおりませんかい。

 黙れぃ。 図体がでかいだけの一乗院・毘沙門天よ。

 ヘィー 図体のでかさだけが取り柄なのですが、かのお台場ゲートシティのガンダムを御存知でしょうか? 高さ18mはオイラより大きいのでございます。
 時にデカサは庶民を圧倒し畏敬の念を抱かせる存在なのです。


      テナ、それぞれの有頂天談義は続くのであった。


 

  ジャケット写真の静止画ですが 


 今月の七福神は武具甲冑を身に付けた「毘沙門天」さんです。
 インド神話の財宝神クベーラを前身とし、仏の住む世界を支える須弥山の北方を守る武神です。
 ちなみに、東に持国天・南に増長天・西に広目天・北の多聞天の武神を四天王と称することはだれもが知る有名ですよね。
 また、彼の父親の名に由来する「よく聞く所の者」という意味の多聞天が独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例であるのです。

 彼の妻は吉祥天であり、善膩師童子は息子です。
 仏教に帰依する前は蓮の花が薫る美しいお城に住んでおり、元々が財宝の神様であったのです。

 強くて、賢く、財産持ちで、美しい妻… やっぱ、ホントに強い男って、知恵と勇気と色気もなくちゃね~っと感心したところで、そのご利益を見てみると、心には勇気と決断を、暮らしには財産をと物心両面の福を授け、もちろん戦いには勝運を(賭け事の運も?)与えてくれる神様として信仰されています。

 「義理と人情 そして、下心」のオイラも、毘沙門天様に「富のお恵み」をお願いをしてみましょうか。



81306024004637.jpg
        歌川国貞(3世豊国)『七福神壽柱建之図』


 七福神さんの中で影が薄い存在が「福禄寿」さんです。

 福禄寿はもともと福星・禄星・寿星の三星をそれぞれ神格化した、三体一組の神である。 
 ですが福禄寿は、道教で強く希求される3種の願い、すなわち幸福(血のつながった実の子に恵まれること)、封禄(財産のこと)、長寿(健康を伴う長寿)の三徳を具現化したものです。
 なので、特定の神として祀られるよりも人徳が親しまれています。
 
   京都・赤山禅院 赤山禅~1 福禄寿の寺

 京都は七福神の発祥の地。福神信仰は、室町時代における京洛の民間信仰で広まりました。
 福神信仰の思想は、古代社会からすでに根差していたようです。古代の人は、海からやって来る神が、人の世に幸せをもたらすとされ、海辺の漁民や農民の生活に息づいていました。その神が財宝の神として崇められるようになるのが、室町時代の京洛における商工業の発展にあります。商売繁盛、開運を願った福神信仰が商工業者の世界に深いつながりをもつに従り、七福神が誕生しました。
 なぜ、七福神なのかについては定かではありませんが、当時、書院の床掛けの題材として好まれた「竹林の七賢人」にならったとか、仁王般若経の「七難即滅(しちなんそくめつ)、七福即生(しちなんそくしょう)」、すなわち七つの災難がたちまち消滅し、七つの福がたちまちやってくる、を出典したとかの諸説があります。



      むかし、少年だった柴田兄弟。
      いまも、鼻垂れ小僧の遊助。
      いずれジジィに近づくI.Z.氏。

      そして、来訪者のみなさんへ

      『 壽 』 のエールを贈ります。




    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
      『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
    第89回 「日本1の七福神/恵比寿様」
  ゲスト:蛭子能収(若い奥さんを騙したイラストレーター)


 「えびす」は日本の神で古来から漁業の神である。夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須などとも表記し、えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称される。

 えびす神社は、ヒルコ或いは事代主を祭神とする神社で、
 ヒルコ神系のえびす神社の総本社は西宮神社(兵庫県西宮市)
  (1月10日の開門神事福男選びのカケッコが有名である)
 事代主神系のえびす神社の総本社は美保神社(島根県松江市)
  (奉納鳴物846点にはストラドバリウスがあるとかないとか)

 関東・東京の人にはJR恵比寿駅であり、YEBISUBREWです。
   ラッキーエビス20080102132524
          左右のラベルの違いに気付きました?

 知ってましたか? 2匹の鯛を持つ恵比寿様はラッキーエビスと呼ばれ、20ケースに1本・500ケースに1本混じっているそうです。

 全国には七千とも一万とも有ると云われるえびす神社の中で、
 ・神戸市垂水区の舞子六神社には日本一大きな石像がある。
 ・石見神楽「恵比寿」が島根県西部と広島県北西部で奉納される。
 ・宝田恵比寿神社はべったら漬発祥の地で日本橋七福神の1つ。
 ・今宮戎神社(大阪市浪速区)では福むすめ・えびす娘が居る。
 ・「日本最古の戎宮」を名乗る堺市の石津神社vs石津太神社。

     180px-Ebisu.jpg 立ったエビス像は珍しい。
 気仙沼市五十鈴神社浮見堂にありましたが地震で流されました。


 19歳年下の女性を騙したお洒落なホームレス蛭子氏は下戸ですが無理やり呑ませて「夜の営み話」を肴に盛り上がるタモリ一行であった。



   前段・・・前書き

 2011年、オイラは「四国・遍路チャレンジ」カテゴリーで13本をアップしました。 日々の歩数を四国一周に換算して、無事1年間で遍路完歩しました。

 そして、今年は・・・ と考え、「七福神」を月初めの第一週土曜にアップしたいとカテゴリーを設けました。

 まずは、  2012.01.07  タモクラ 『WELCOME望年会』
       2012.02.04  タモクラ 『日本1の七福神/弁財天』



    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
  第88回 「日本1の七福神/弁財天 その2」


 前回は江ノ島に辿り着く処でタイムアップしました。
 江島神社の「裸弁天」を拝み、神社前から全国を調べました。

 そもそも、弁財天とは誰?何? ナンぞや?
 概要をWikiypediaからのコピーです。
 経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では後に財宝神としての性格が付与され、「才」が「財」の音に通じることから「弁財天」と表記する場合も多い。弁天(べんてん)とも言われ、弁才天(弁財天)を本尊とする堂宇は、弁天堂・弁天社などと称されることが多い。
 本来、仏教の尊格であるが、日本では神道の神とも見なされ「七福神」の一員として宝船に乗り、縁起物にもなっている。仏教においては、妙音菩薩(みょうおんぼさつ)[1]と同一視されることがある。
 また、日本神話に登場する宗像三女神の一柱である、市杵嶋姫命(いちきしまひめ)と同一視されることも多く、古くから弁才天を祭っていた社では明治以降、宗像三女神または市杵嶋姫命を祭っているところが多い。


 そして、江ノ島の江島神社を別格として、「日本三大弁才天」と称される、竹生島・宝厳寺、宮島・大願寺、天川村・天河大弁財天社がありますが、「いいや、オラが弁財天さんが日本一と名乗る神社」も全国各地に存在します。

 像の高さ約14.7メートルの東大寺・盧舎那仏坐像より大きい日本最大木造佛の弁財天が鹿児島・最福寺にありました。
 高さ18.5m重さ15t宝剣の長さだけでも8mあります。
     tamori002.jpg
 琵琶の代わりに宝剣を持ち、鳥居の冠を被る世界一の弁財天座像は静かに語りかけます。
 『ウツセミの形とは物化の途中でありいつか変化するものである』

 さて、福岡生まれのタモリも東京在住が長いこともあり、都内の三大弁財天を思い浮かべてみた。
  大盛寺 井の頭弁財天(東京都三鷹市)
  寛永寺 不忍池弁財天(東京都台東区)
   そして、3っ目は・・・ 845363ac17e8a6acd38730fe44c8325e.jpg
   浅草七福神のひとつ弁財天が吉原神社に祀られています。  

 早速、現代版・花町ソープランドをブラつきながらのお散歩です。