今年の定点観測である善福寺川緑地のメタセコイア並木です。
PC207851.jpg PC207874.jpg
 1か月前は緑葉でしたがシッカリ枯れてました。
PC207855.jpg PC207857.jpg
 枝から落ちた葉もかなり見受けられました。
PC207867.jpg PC207860.jpg
 夕暮れが枯葉を赤く染めてメタセコイヤの紅葉のようでした。
PC207861.jpg PC207865.jpg

   月に1回しか来れませんでしたが愉しませてもらいました。



2017.11.30  御散歩
 1ヶ月って早く過ぎるもんですね。 善福寺川緑地です。
PB226050.jpg PB226053.jpg

 メタセコイア並木は黄葉しているか? と思いきやー
PB226070.jpg PB226061.jpg
PB226063.jpg PB226072.jpg

 赤モミジと緑モジリのコントラストがきれいでした。
PB226074.jpg PB226081.jpg


  「年々歳々 花相似たり  歳々年々 人同じからず」
  と、漢詩の一部だけを切り取り、ささやいてみた。



 1ヶ月って云う時の流れが早く過ぎ去ろうとしてます。
 ご近所なのに、久しぶりのメタセコイヤ並木です。

 ですが・・・ 西陽の晴れ間の木漏れ陽?を狙って。
PA094766.jpg PA094768.jpg
 急激に寒さが増してますが緑葉の紅葉はまだまだでした。
PA244935.jpg PA244930.jpg
 同じような構図で同じような写真しか撮れません。
 でも、樹皮の内側は確実に太くなっているハズです。
 寒い冬には成長が妨げられ年輪の核を形成します。

 ビー玉のような果実、柿? 齧ってみたら渋かった。
r001.jpg PA244912.jpg
 調べて見たら“琉球豆柿”だそうだ。 別名を信濃柿(シナノガキ)というが信州では育たないそうだ。 でもね、学名:Diospyros japonica(ディオスピュロス・ジャポニカ)だって。

PA244926.jpg PA244953.jpg

 季節外れの台風が去り、確実に「秋」が深まってます。



2017.09.26  初秋?
 春先の陽光桜はピンクに彩られ、アメリカンスズカケは眠りの中。
P3282199ss.jpg P3170486ss.jpg

 春夏秋冬。 季節は確実に「秋」です。
P9234084.jpg P9234101.jpg
 半袖の腕・皮膚が寒さを感じ、長袖を要求しております。

P9234104.jpg P9234114.jpg
P9234105.jpg P9234108.jpg

 定点観測のメタセコイヤは変わり映えしない葉を纏ってました。

P9234089.jpg P9234093.jpg
P9234124.jpg P9234096.jpg

 ご近所なのですが、月一ながら善福寺川沿いを散歩して来ました。




2017.08.28  過夏
 気怠い青モミジに古株も大あくび。
P8233249.jpg P8213240.jpg
 水辺のカルガモは元気です。
P8233274.jpg P8233270.jpg

 定点観測のメタセコイヤの並木散歩に行って来ました。
P8233258.jpg P8233265.jpg
P8233269.jpg P8233253.jpg

 今年の夏の東京地方は雨にたたられ晴日が少なかったです。
P8213222.jpg P8233275.jpg

 灼熱の真夏を謳歌することもなく、過行く夏を感じてきました。



2017.07.11  夏か?
 雨降るメタセコイヤを待ってましたが東京地方はカラツユで狙いたいショットが撮れないまま7月になりました。

P7082640.jpg P7082635.jpg
P7082646.jpg P7082639.jpg

 定例のメタセコイア並木を散歩してまいりました。


2017.05.31  桎梏
 真夏日が数日続いたりの五月も過ぎ去ろうとしてます。

  P5231987.jpg


 「心を開けば、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。」
 なんての城達也さんのナレーションが聞こえてきそうです。

         


P5232042.jpg P5231989.jpg
P5232043.jpg P5232032.jpg
P5231995.jpg P5232019.jpg

    定点観測のメタセコイア並木を歩いてきました。

  P5232004.jpg



2017.04.21  観察
 15日の善福寺川緑地への桜散歩に1本の可憐な桜が満開でした。 “オモイガワ”なる名札の付いた櫻です。
P4151019.jpg P4151020.jpg
P4151021.jpg P4151028.jpg
 昭和29年(1954年)に小山市東島田の思川のほとりにある修道院の庭先で、春秋二度咲く「十月桜」の種子を東大理学部付属植物園元主任の故久保田秀夫先生が採取し、種を蒔いて育てたところ花の様子が違っており、色が濃く花は小ぶりの突然変異が生まれました。
 この新種の桜に、修道院のそばを流れているきれいな川のイメージにぴったりとのことから「思川桜」と命名し、学会に発表されたものであり、小山市原産の名桜です。

   そんな秘話桜を見に行ったのは2015.04.25のことだった。


   さて、2週間前に来たときは丸ボウズだったメタセコイヤは若い緑の葉をつけ始めておりました。
P4151031.jpg sP4151007.jpg
P4151043.jpg P4151038.jpg


 ソメイヨシノが散ろうともこれからの桜が花開いております。
 緑の桜で有名な御衣黄桜やウコンサクラ、犬桜やウワミズザクラなどまだまだ櫻の季節は続きます。



2017.04.05  定観
 「里桜」の天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)との交配によって作出された陽光桜(ヨウコウザクラ)はソメイヨシノより2週間くらい早咲きです。
P4030709.jpg P4030712.jpg

 定期観測のメタセコイヤと桜のツーショットを狙ってみたが、
P4030706.jpg P4030736.jpg
P4030738.jpg P4030740.jpg
 桜が満開でなかったためにチト寂しいショットになりました。

 そして、いつもの屋上や通り道の1本桜は・・・
P4040768.jpg P4040774.jpg
P4040783.jpg P4040785.jpg

 一昨日は夕方に雨がふったり、昨夜は肌寒かったりの日々が続きますがノンビリ夜桜を楽しみたいですね。 でも、週末は雨???



2017.03.19  偵察
 東京・善福寺川緑地の陽光桜の開花は? と見に行って来た。
P3170478.jpg P3170479.jpg
P3170484.jpg P3170485.jpg
 もう少しです。 来週からが見頃でしょうか・・・

 そして、今年の定点観測のメタセコイヤはー
P3170496.jpg P3170500.jpg
P3170505.jpg P3170506.jpg
 芽吹きにはまだ早いか? でも、青い空から春を感じませんか?

P3170486.jpg P3170490.jpg
 アメリカンスズカケの伸びた小枝は剪定されるのかい?

         川沿いのソメイヨシノの満開が待ち遠しいです。