FC2ブログ
 オイラの故郷である新潟県柏崎のチャレンジお国自慢話の紹介です。

 岡山で栽培される「もんげーバナナ」の栽培成功でにわかに脚光を浴びている国産バナナが全国20ヶ所以上と増えているそうだ。

 柏崎の産業廃棄物中間処理業の「シモダ産業」(霜田彰社長)が手がける「シモダ・ファーム」です。24時間稼働する焼却炉の排熱を使うのが特徴で、温水をハウス内の配管に通し、冬場でもバナナの生育に最適な24度に保たれております。
 来夏の収穫を目指してます。 無農薬で完熟のため、皮ごと丸かじりできるそうだが、How much?

 ウン! 早速、姪っ子にメールを送ってみましょうか・・・・・


2019.12.04  バス旅
 神奈中で週一回だけ運行する免許維持路線を見つけました。
 平塚・小田原を往復する路線バスです。

 小田原発8:05で渋谷まで路線バスの乗り継ぎで辿り着けるか?
DSCN7797.jpg DSCN7804.jpg
DSCN7800.jpg DSCN7810.jpg
DSCN7802.jpg DSCN7813.jpg
 国道1号線を順調に走って、9:16に到着です。

 さて、平塚発は? 東海道に沿うと茅ヶ埼・辻堂・藤沢と電車一駅だけの乗り換えらしいので、9:30→10:13の小田急本厚木駅へ。
DSCN7825.jpg DSCN7824.jpg
 朝が早かった(自宅を出たのは6時前)ので、車内でウトウト・・・

 小田急に沿って、又は横浜方面が有るのでは? と乗ってきたのだがどちらも無いのである。 困った。早くも挫折か?
 ならば、と。 羽田空港行きのリムジンバスに乗車です。
DSCN7828.jpg DSCN7830.jpg
 やっぱり高速道路は快適です。   オゥー 富士山もー
DSCN7832.jpg DSCN7838.jpg
DSCN7839.jpg DSCN7857.jpg
DSCN7845.jpg DSCN7861.jpg
DSCN7867.jpg DSCN7876.jpg
 10:55→1205 で羽田空港第一ターミナルに到着しました。


2019.11.28  五稜郭
 旅好きオイラは何度も?何度か? 北海道に行ってます。
 今年は函館戦争終結150年です。種々イベントで大盛り上がり。
 行きたい所がいっぱいの函館ですが、まずは五稜郭でしょう。

  hako100_1111s-.jpg

 オランダからの渡来書図面をもとに築かれました。
 堀外からの攻撃に死角を失くした合理的機能満載です。
 ですが、防御の城と云うより奉行所として築かれ、迎賓館として造ったのではなかろうか・・・

 函館戦争では戦死した土方歳三が有名人気ですが、日本初の入れ札(選挙)によって決めらた榎本武揚を忘れてはならない。

 稜堡式の城郭は、長野県佐久市の龍岡城も残されております。



2019.11.24  ダム
 宮ヶ瀬ダムでは、水曜日曜の11時2時に観光放流が行われます。

DSCN7624.jpg DSCN7626.jpg
DSCN7645.jpg DSCN7652.jpg
DSCN7646.jpg DSCN7665.jpg
DSCN7629.jpg DSCN7631.jpg
 DSCN7656.jpg
 毎秒30㎥の放流で高低差70mの人工の滝が出現します。

 スゴ~イデスネ! の一声しか出てきません。
 過去に立山黒部の黒四ダム本庄市の間瀬ダムにも行ったことが有りますがどれも個性的ですね。
damu928.jpg damu5151893.jpg

 6分間の放流ショーを堪能して、テクテク歩きだしました。
DSCN7677.jpg DSCN7684.jpg

 副ダムとも呼ばれる石小屋ダムです。
DSCN7690.jpg DSCN7691.jpg
 堤高約34.5m 堤長約87m 小さいながらもダムです。
DSCN7686.jpg DSCN7685.jpg

DSCN7709.jpg DSCN7710.jpg

           晴れ渡った晩秋の遠足に出掛けてきました。


2019.11.23  宮ケ瀬湖
 小田急・本厚木から路線バスにて小一時間の車窓旅です。
DSCN7523.jpg DSCN7524.jpg

 川を堰き止めれば、大きな水たまりが出来ます。
DSCN7533.jpg
 箱根・芦ノ湖に匹敵する人造湖・宮ケ瀬湖です。
DSCN7546.jpg

 湖畔の遊覧船にて下流に移動です。
DSCN7562.jpg DSCN7561.jpg

DSCN7543.jpg

 神奈川県に位置する、一級水系 相模川水系中津川に建設されたダムによって人造湖ができました。
DSCN7590.jpg
 2000年(平成12年)竣工の重力式コンクリートダムで、治水を主とする特定多目的ダム。
DSCN7620.jpg

DSCN7592.jpg DSCN7581.jpg
 遠くは横浜ランドマークも見えますが、眼下には・・・

 ダム建造中にダンプカーを運ぶためのエレベータが観光用に。
DSCN7572.jpg DSCN7597.jpg
 インクラインでスイスイ。 階段まで整備されてました。
DSCN7603.jpg DSCN7578.jpg
 150m 傾斜角はどのくらいなのでしょうか?
DSCN7612.jpg DSCN7615.jpg

DSCN7618.jpg

           宮が瀬ダムの放流は明日へと続くのだ!


2019.11.07  無題
 7日スカイツリー、10日都庁展望台からⅮフジが見れるらしい。

DSCN6819.jpg

 東京都杉並区の当地ではいつ拝めるだろうか・・・
DSCN6828.jpg 
DSCN6830.jpg 
DSCN6833.jpg 
DSCN6839.jpg


DSCN6845.jpg 
DSCN6852.jpg

      快晴。  富士山、見れた!    美しい・・・・・


2019.11.04  週一
 どこでも見かける普通の路線バスですが、週一往復しか走らない超レアバスに乗りに出掛けてきました。

DSCN6714.jpg DSCN6706.jpg

 神奈中バス(正式社名は神奈川中央交通 相模神奈交バス)の淵24系統です。 小田急&南武線の登戸駅を8時12分出発です。

 しばらくは小田急線に沿って走ります。多摩線高架をくぐり、
DSCN6745.jpg DSCN6735.jpg
 タイミング悪く電車来ず。 スマホ地図を覗き込んだりして、
DSCN6737.jpg DSCN6761.jpg
 約60分の車窓を楽しみ、340円でJR横浜線の淵野辺駅に到着です。

DSCN6770.jpg DSCN6775.jpg

 週一路線は免許維持路線とも云われ、神奈中バスでは10路線弱有るようです。 京都には年1路線があるような?
 ちなみに、小田原‐平塚にも週一で走っているようですので、小田原から都内へのチャレンジを考えてみましょうか・・・
 ウン! 川崎駅から五反田・渋谷とバス移動したこともありました。


   OMAKE   オイラの「日本一長い路線バス」乗車記

 オイラは数年前、166.9㎞乗車時間6時間半という路線バスに乗って来たこともありました。 ただただ、ボートしながらもワクワクしてきたことを思い出しました。



2019.10.29  桃介橋
 7月の上旬です。テレビで“桃介橋”を紹介してました。
 行きたい。行こう!  とアレコレ検索です。

 まずは、“桃介橋”とは?
 大正11年に完成した木橋である。昭和53年には破損・老朽化のため使用取りやめとなり、廃橋の町議会決議を受けるに至った。しかし撤去のための費用がなかったために実際に廃橋とはならず、平成5年に南木曽町のふるさと創生事業「大正ロマンを偲ぶ桃介記念公園整備事業」の一環として復元され、再び渡河の用に供されるようになった。

momo001.jpg momo022.jpg
 復元とはいえ、頑丈リッパな石の橋脚ではないか! 中州の階段? 
 当時大同電力の社長でもあった福澤桃介 (1868 - 1938) が発電所建設資材の運搬を目的とし建築。

 近くには記念館もあり、橋のライトアップもあるようです。
 中州での星空撮影・タイムラプス動画も撮れるかな?

 旅行計画です。
 まずは、中央線・南木曽(なぎそ)駅へは新宿9時発で12時30分着。8430円也。 じっくりウロウロ、野宿で一晩を明かす。(星空撮影を9時に切り上げようと近くに適当な宿が見つからなかったのだ)
 次日の朝、6:23南木曽発7:02木曽福島着、7:50発の高速バスにて新宿12:05着。4300円也。 トータル2万位内。

 さて、 グチ・言い訳話を聞いてくださいな。
 計画から4か月、今だ実行に至らず野宿にはシンドイ季節です。
 さらに、先日の三陸鉄道旅にも出かけられず計画倒れ?

 5年前なら即実行していたでしょう。と老いと腰の重さに愕然。

     1310fda.jpg


        行動力・好奇心が薄れてゆく。
      執着が溶けてゆき、 執念が流れてゆく。

 
 
 
2019.10.18  桜花
 久しぶりにブラリ定点観測桜を見に新宿御苑です。
DSCN6517.jpg DSCN6518.jpg
DSCN6519.jpg DSCN6526.jpg
DSCN6527.jpg DSCN6540.jpg 
 十月桜も相次ぐ台風でピ-クが去ったようです。
DSCN6538.jpg

 明治政府は土地所有に関し租税を課すことにしました。
 内藤新宿と呼ばれていた一帯を支配していた旧高頭藩主の内藤頼直は税金が払えなく政府に売却しました。
 17万8千坪(59ヘクタール)を購入した大蔵省は、明治5年に牧畜園芸の改良を目的として「内藤新宿試験場」を設けました。
 
 一つの花から複数の実をつけるというところから名付けられた“八重の子福桜”が咲きだしてました。
DSCN6500.jpg DSCN6501.jpg
DSCN6503.jpg DSCN6510.jpg
DSCN6514.jpg DSCN6515.jpg

 週末はまた大雨のようですが備えられる知恵には限りがあります。 
 移ろゆく季節自然に身を任せ、秋を愉しもうではないか・・・



2019.10.12  行人坂
 目黒駅からお散歩です。 行人坂。富士見の名所らしいが今は昔と高い建造物で眺めることが出来ません。
DSCN6365.jpg DSCN6370.jpg
 大円寺は、修験行者大海が創建したと伝えられる。
DSCN6371.jpg DSCN6372.jpg
 大黒天を祀り、元祖山手七福神のひとつとなっている。
DSCN6377.jpg DSCN6375.jpg
 1772年(明和9年)2月に発生した大火(明和の大火・行人坂火事)の火元となった寺であることから、江戸幕府から再建の許可が得られなかった。江戸時代後期の1848年(嘉永元年)になって薩摩藩主島津斉興の帰依を得て、その菩提寺としてようやく再建された。

 坂下には目黒雅叙園があり、百段階段の「漁樵(ぎょしょう)の間」は一見の価値があります。
   P816086111.jpg

 そして、目黒の象徴?であるラブホのエンペラーが見えました。
DSCN6379.jpg DSCN6382.jpg
 春には満開の桜で賑わう目黒川が秋を湛えて静かに流れてました。