FC2ブログ
2020.01.16  甲府
 武田一族滅亡後、現在の甲府駅近辺に甲府城が建てられました。
 平成の発掘調査後、石垣が整備され稲荷櫓や各門が復元されました。

 kofujo.gif
 今回は内松陰門から本丸・天守台を目指して登ってみました。
DSCN8941.jpg DSCN8938.jpg
DSCN8937.jpg DSCN8934.jpg
 高さ60尺(約18.18m)の石柱は明治天皇ゆかりの謝恩碑です。
DSCN8930.jpg DSCN8927.jpg

DSCN8932.jpg DSCN8931.jpg
DSCN8921.jpg DSCN8916.jpg

DSCN8887.jpg
 甲府城からの富士山が見たくて登ってきました。
DSCN8911.jpg DSCN8918.jpg
DSCN8900.jpg

 甲州名物のカボチャほうとうを喰らいて、帰路に着きました。

DSCN8874.jpg DSCN8947.jpg
DSCN8948.jpg DSCN8953.jpg

 東海道・身延線・中央線の1泊2日鉄旅は愉しく過ぎてゆきました。



2020.01.15  身延
 「身」が欠けた身延山山頂からの富士山の雄姿です。
DSCN8740.jpg 
DSCN8715.jpg DSCN8744.jpg
DSCN8713.jpg

 ロープウェイで昇ってきた 久遠寺 奥之院 思親閣です。
DSCN8700.jpg DSCN8718.jpg
DSCN8719.jpg DSCN8721.jpg
DSCN8725.jpg DSCN8723.jpg
okunoinn.jpg

 身延山 妙法蕐院 久遠寺は、日蓮宗の総本山(祖山)です。
 おそらく・多分、日本一信者の多い仏教宗派ではなかろうか・・・
 なにせ、霊友会・立正佼成会・創価学会などの在家団体がある。
 寺院としても、鎌倉妙本寺・池上本門寺・京都妙顕寺・駿河大石寺などがあり脈々とその教えを広めております。

DSCN8773.jpg
 間口32mの本堂。  隣には棲神閣と称する祖師堂。
DSCN8775.jpg DSCN8776.jpg
 昨今パワースポットともてはやされている寺社仏閣ですが、本来は修行と祈願の神聖なる場所なのである。
DSCN8772.jpg DSCN8783.jpg
 樹齢400年以上のしだれ桜の見頃は3月下旬でしょうか?
 でも、若い十月桜がチョビっと咲いておりました。 
DSCN8774.jpg DSCN8781.jpg
 春には境内や門前街で多くのしだれ櫻が咲きほこります。
DSCN8785.jpg DSCN8784.jpg
 この長い階段を降りるのかい? でも斜行エレベータがあるのだ。

 「空」「無相」「無願」の三解脱をあらわす三門には、79世日慈上人の筆による「身延山」の扁額がかかる。
DSCN8796.jpg

 三門をくぐった先には本堂へと続く287段の石段の菩提梯。
DSCN8792.jpg DSCN8793.jpg
 登り切れば涅槃に達するという意味の梯は、南無妙法蓮華経の7字になぞらえ、7区画に分けられていました。
DSCN8805.jpg DSCN8807.jpg
 この階段上りも「釈尊の因行果徳の二法」の南無の修行であろうか。

 三門から総門まで1000mが門前町として栄え多くの宿坊があります。
DSCN8821.jpg DSCN8655.jpg

 テクテクと約1万歩の探索?見学?参拝?は心地良い疲れをもたらしてくれました。 でも、実際はシンドかったですわ。




2020.01.13  富士宮
 熱海駅から富士宮駅を目指し、車窓富士を眺めます。
DSCN8600.jpg DSCN8573.jpg
 何十回とシャッターを押しましたが偶然にも・・・
DSCN8611.jpg DSCN8613.jpg
 東海道線の富士駅から身延線に乗り換え富士宮駅です。

 平成29年12月23日に開館した富士山世界遺産センター
DSCN8631.jpg DSCN8635.jpg
 何度か訪れている富士山本宮浅間大社です。
DSCN8622.jpg DSCN8624.jpg
 富士山山頂の奥宮参拝にはチト無理有る老体の今日この頃なり。

 16:35では遅くなりすぎるので、14:37に乗るためにユックリもできず、小一時間の散歩にとどまりました。

 夕方5時前に身延山久遠寺近くの旅館に到着しました。


2020.01.12  熱海
 土曜日から始まった熱海の糸川桜祭りですが・・・
DSCN8515.jpg DSCN8527.jpg
DSCN8503.jpg DSCN8499.jpg
DSCN8504.jpg DSCN8512.jpg
 チト早すぎたようでピンクの蕾がイッパイでした。
DSCN8538.jpg DSCN8539.jpg
 ならばと海岸公園のヒマラヤ桜を探して。こちらは散っていた。

DSCN8536.jpg

 両方とも開花は見れなかったがこれも旅ならばのタイミングでした。

   ちなみに、熱海桜は2013.02のドライブで満開を見ております。
   また、ヒマラヤ桜は2016.12に出逢っております。
   3月27日は「さくらの日」ですがオイラの桜旅の思い出です。



2019.12.28  重ねる
 本州地図の東京を端として、北海道を重ねてみました。

DSCN8340.jpg DSCN8341.jpg

 あらためて、北海道の大きさ広さを実感しました。

 さて、来年はそのデッカイドウを体感することが出来るだろうか。


2019.12.26  三宝寺池
 約90分、路線バス3台乗り継いで石神井公園三宝寺池です。
DSCN8388.jpg 
DSCN8408.jpg

DSCN8356.jpg DSCN8351.jpg
DSCN8395.jpg DSCN8369.jpg
 長い望遠カメラを持ったみなさんが野鳥を狙ってました。
DSCN8363.jpg DSCN8352.jpg
 厳島神社の分社が寂しく建っておりました。
DSCN8366.jpg DSCN8390.jpg
 枯れゆく紅葉の中、緑の枝をたくましく伸ばす松はメデタイ?
DSCN8380.jpg DSCN8406.jpg

DSCN8412.jpg

 晩秋?初冬? 散歩?遠足? チョッピリぶらぶらしてきました。


 オイラの故郷である新潟県柏崎のチャレンジお国自慢話の紹介です。

 岡山で栽培される「もんげーバナナ」の栽培成功でにわかに脚光を浴びている国産バナナが全国20ヶ所以上と増えているそうだ。

 柏崎の産業廃棄物中間処理業の「シモダ産業」(霜田彰社長)が手がける「シモダ・ファーム」です。24時間稼働する焼却炉の排熱を使うのが特徴で、温水をハウス内の配管に通し、冬場でもバナナの生育に最適な24度に保たれております。
 来夏の収穫を目指してます。 無農薬で完熟のため、皮ごと丸かじりできるそうだが、How much?

 ウン! 早速、姪っ子にメールを送ってみましょうか・・・・・


2019.12.04  バス旅
 神奈中で週一回だけ運行する免許維持路線を見つけました。
 平塚・小田原を往復する路線バスです。

 小田原発8:05で渋谷まで路線バスの乗り継ぎで辿り着けるか?
DSCN7797.jpg DSCN7804.jpg
DSCN7800.jpg DSCN7810.jpg
DSCN7802.jpg DSCN7813.jpg
 国道1号線を順調に走って、9:16に到着です。

 さて、平塚発は? 東海道に沿うと茅ヶ埼・辻堂・藤沢と電車一駅だけの乗り換えらしいので、9:30→10:13の小田急本厚木駅へ。
DSCN7825.jpg DSCN7824.jpg
 朝が早かった(自宅を出たのは6時前)ので、車内でウトウト・・・

 小田急に沿って、又は横浜方面が有るのでは? と乗ってきたのだがどちらも無いのである。 困った。早くも挫折か?
 ならば、と。 羽田空港行きのリムジンバスに乗車です。
DSCN7828.jpg DSCN7830.jpg
 やっぱり高速道路は快適です。   オゥー 富士山もー
DSCN7832.jpg DSCN7838.jpg
DSCN7839.jpg DSCN7857.jpg
DSCN7845.jpg DSCN7861.jpg
DSCN7867.jpg DSCN7876.jpg
 10:55→1205 で羽田空港第一ターミナルに到着しました。


2019.11.28  五稜郭
 旅好きオイラは何度も?何度か? 北海道に行ってます。
 今年は函館戦争終結150年です。種々イベントで大盛り上がり。
 行きたい所がいっぱいの函館ですが、まずは五稜郭でしょう。

  hako100_1111s-.jpg

 オランダからの渡来書図面をもとに築かれました。
 堀外からの攻撃に死角を失くした合理的機能満載です。
 ですが、防御の城と云うより奉行所として築かれ、迎賓館として造ったのではなかろうか・・・

 函館戦争では戦死した土方歳三が有名人気ですが、日本初の入れ札(選挙)によって決めらた榎本武揚を忘れてはならない。

 稜堡式の城郭は、長野県佐久市の龍岡城も残されております。



2019.11.24  ダム
 宮ヶ瀬ダムでは、水曜日曜の11時2時に観光放流が行われます。

DSCN7624.jpg DSCN7626.jpg
DSCN7645.jpg DSCN7652.jpg
DSCN7646.jpg DSCN7665.jpg
DSCN7629.jpg DSCN7631.jpg
 DSCN7656.jpg
 毎秒30㎥の放流で高低差70mの人工の滝が出現します。

 スゴ~イデスネ! の一声しか出てきません。
 過去に立山黒部の黒四ダム本庄市の間瀬ダムにも行ったことが有りますがどれも個性的ですね。
damu928.jpg damu5151893.jpg

 6分間の放流ショーを堪能して、テクテク歩きだしました。
DSCN7677.jpg DSCN7684.jpg

 副ダムとも呼ばれる石小屋ダムです。
DSCN7690.jpg DSCN7691.jpg
 堤高約34.5m 堤長約87m 小さいながらもダムです。
DSCN7686.jpg DSCN7685.jpg

DSCN7709.jpg DSCN7710.jpg

           晴れ渡った晩秋の遠足に出掛けてきました。