2018.06.12  雨水
 「水の惑星」と呼ばれる地球は7割が海水でおおわれています。
 四季ある日本の今年の梅雨は細雨のシトシト型だそうです。

DSCN5598.jpg DSCN5612.jpg

 ですが、淡水としては2%。その大部分は南極や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる水は全体の0.01%にも満たないのです。
 地球上の水すべてが風呂桶一杯の水だったとすると、私たちが使える水はわずかに一滴。 その1滴の多くを先進国と呼ばれる日本・米欧などが消費しております。

DSCN5596.jpg DSCN5603.jpg

 海に囲まれ、四季・雨に恵まれている日本ですので、シットリシトシトを愉しもうではないか。

  でもね。 DSCN5592.jpg

 漢方薬局に手描きのポップが貼ってありました。
 梅雨でユウウツな方もいらっしゃるでしょうがお大事に・・・




2018.06.06  ヘーボン
 よく見かけるどこにでもある何の変哲も無い道路案内標識です。

  DSCN5490.jpg

 でもね!
 ローマ字表記のbashiとbridgeの違いには理由がはるはずです。

 たぶん。
 橋そのものの方向と地区方面への行先表示ではなかろうか・・・

 
 ローマ字?ヘボン式? 同じように。
  Shinano River(信濃川)  Arakawa River(荒川)
  Chiyoda Bridge(千代田橋)  Togetsukyo Bridge(渡月橋)
  Mt. Fuji(富士山)  Mt. Gassan(月山)
  Atago Shrine(愛宕神社)  Toshogu Shrine(東照宮)
  ・・・寺。 teraなのか?ji はたまた Temple なのか?

 そう云えば、ⅮをZとして使用している事例も・・・
 MAZDAやMIZUKANのように「ツ」を「Z」と表記しているのを参考に「TSU」の三文字を「Z」の一文字として「Z CITY」をギネスブックに申請したそうだが結果はどうなった?

 そう言えば・・・・・
     mn001.jpg


 ・・・横道・脱線  ヒトリゴトの世迷言は明日へと続くのだ。



2018.05.31  「今」
 「趣味・寝る事、特技・どこでも眠れる事」のオイラはほとんど夢を見ません。 見ていたとしても覚えてません。
 ですが、最近知り合った開店休業中の蕎麦屋のオッサン(親しみを込めて、あえてオッサン)のツイッターでは、「超夢」と名付けた不思議な夢のことがタビタビ載っております。夢の内容より、その後の直感?が気になり、アップしてみました。

超夢は、あいかわらず。

「見ないでいよう」
というコントロールが利くものじゃないので
流れに身を任せるしかないのだけど
示唆に富んだ夢ばかりだから
とてもありがたい。

なので、夢に従って
丁寧に、正直に
「今」を生きることに徹している。


 昨日でも明日でもない「今」ですか・・・  ムズかしい・・・


 そして、瞬光が! 日本刀の名刀伝説の逸話です。
 川にそれぞれ3振りを並べ突き立て、川上より笹の葉を流した。
 正宗に流れついた笹はそのまま止まってしまった。虎徹に近づいた笹は見事一刀両断に断ち斬られた。村正には流れに逆らうが如く吸い寄せられる笹が叫びと共に散っていった。
 そして、川辺の一声に同調して正宗に留まっていた笹が音もなく二葉に分かれそれぞれが何事もなかったように流れ去った。

 刀の魂に注目していたが、笹の葉にも命が。たとえ、二葉に斬られようとそれが“さだめ”であろうとしても「命」はつづく・・・・・




2018.05.29  憬
 いつものフクニワからの夕暮れです。
 雲間に沈みゆく太陽が「瞳」に見えませんか?

  DSCN5361.jpg

  

      『ア・コ・ガ・レ』 

      里に立つ子が「童子」
       里に立つ目が「瞳」
       里に立つ心が「憧」
     童が見つめる心風景が「憧憬」




2018.05.28  ヒペリカム
 花音痴のオイラですが、この花はヒペリカムと知ったのは一昔前。

DSCN5347.jpg DSCN5349.jpg
DSCN5353.jpg DSCN5357.jpg

 でもね、和名で「美容柳」「弟切草」「金糸梅」等の微妙な差で分類されております。
pp618qq033.jpg pp618qq020.jpg

         以上にて閉店いたします。 お休みなさいませー



2018.05.22  冷やし中華
 「冷やし中華、始めました。」 そんな張り紙が出る頃です。
       DSCN5288.jpg
 冷やし中華 って、当たりはずれの無い夏の定番ですよね。
 酸味の効いたサッパリ味は食欲をそそりますね。
 ゴマダレ味って、いつごろから登場したのでしょうか?
 からしマヨネーズ味? 食べた記憶がないナー

 7月の季語らしいが、GW連休後の梅雨前に“初”をいただきました。


2018.05.19  バラ
 “ばら”と打ち込んで変換キーを押すと“薔薇”と表記されます。

 ご近所の庭先には数種類のバラが優雅に咲いております。
DSCN5029.jpg DSCN5031.jpg
DSCN5033.jpg DSCN5034.jpg
DSCN5049.jpg DSCN5036.jpg

 ニコンのコンデジに替えてからマクロのアップのフォーカスの甘さが気になります。 まぁ、性能の限界なのでしょうが“所詮こんなもの”と諦めるしかないのだろうか・・・



2018.05.15  ORZ
 『まあ待て。まあ待て。話せばわかる。話せばわかるじゃないか』
 若い私たちは興奮状態です。 『問答いらぬ。撃て。撃て!』

 86年前、昭和7年5月15日に首相暗殺事件が起きました。


   DSCN5058.jpg

 『月に代わっておしおきよ!』 と夜空を見上げても月はどっちだ?

 今日は月影さえ見えない新月の夜です。 ORZ & ORZ


2018.05.06  媽祖廟
 海を渡り遠い異国の地で生計を立て、子をもうけ孫を育てひ孫を抱き・・・ いわゆる華僑に人達の信仰のひとつが道教でした。
 幾世代で蓄えられた浄財で作り上げられた横浜媽祖廟です。
 幕末から百数十年後の平成18年にやっと念願で建立完成しました。

DSCN4756.jpg DSCN4760.jpg

 媽祖(まそ)は、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神。 さしずめ、和の弟橘媛?木花咲耶姫?はたまた魚籃観音?さんのような存在でしょうか。
DSCN4757.jpg DSCN4769.jpg
 地に膝を付け(座布団クッションがあった)静かに手を合わせ、三礼します。

 左右には、2つの鬼神像があり、「順風耳」と「千里眼」である。
DSCN4773.jpg DSCN4772.jpg
 和の阿吽像?はたまた雷神風神?まぁ、属将・兼神に祓ってました。

 月下老人? 見えない赤い糸をつかさどるジジィだそうだ。
DSCN4770.jpg DSCN4771.jpg
 見えないのに「赤い」と判別できるのはナゼ? と天井を見上げれば、凡人ゆえの疑問の答えがそこに浮かんでおりました。

 日本の彫師・石工の手仕事でしょうか? 輸入なのか?
DSCN4767.jpg DSCN4768.jpg
 題材までは調べきれなかったが、天上聖母様の徳がいっぱいです。
DSCN4765.jpg DSCN4766.jpg
 異国の神を祀る廟への信仰は万国共通なのでしょう。
DSCN4762.jpg DSCN4763.jpg
 観光気分で訪れましたが華やかさの中に壮麗を感じてきました。



2018.04.29  GW
 今日は日本の国民の祝日のひとつですね。
 さて、何の日でしょうか?

 「天皇誕生日」 「みどりの日」 「昭和の日」

 2007年1月1日施行の改正祝日法で新設された「昭和の日」です。

 ゴールデンウイークでワクワクしている人も多いでしょうが、ご近所桜散歩と読書に疲れたオイラは昭和歌謡の1曲で一休み。

    

 何もすることが無い。予定も無い。  限られた時間だけが有る。