2017.11.15  休憩
 思い出しました。 「2013.09.27 思いつきです」の貼り付けです。

  「置きみやげ」 かのぼん 


 とあるブログの台風が去った2013/09/22の渡月橋の写真です。
20130922184540a0b.jpg 20130922184628edd.jpg
 さすが大観光地。 逞しき復活。  ウン? ←嵐山大悲閣



   TVドラマ企画 (60分・深夜ワク)   私案
   裏京都ミステリー 『不如意の人・ぶぶ漬けの謎』


 舞台は京都です。 ありふれてます。でも、メジャー観光地です。
 京都グルメ紹介。 ありふれてます。でも、おいしさ満載の予定。
 ミステリー小説の映像化です。 これもありふれてます。ですが。

 原作は北森鴻さんです。
 短編小説12編 「支那そば館の謎」と「ぶぶ漬け伝説の謎」 他。

 事件が京都で起こります。でも犯人逮捕は警察の仕事です。
 寺男と若い新聞記者の凸凹コンビが事件の謎解きをします。
 絶妙な丁々発止が見所です。京都御万菜が彩りを添えます。


  登場人物

 有馬次郎(ありま じろう): 金山一彦 または 八嶋智人
 元窃盗犯。 凍死さえ免れない状況で温情ある住職に助けられ、寺男として表の世界に戻ることができた。
 折原けい(おりはら けい): AKBやモー娘の卒業生?
 京都みやこ新聞文化部の記者。折に触れて大悲閣を取り上げる、自称「大悲閣千光寺の女神ビーナス」。
 (個人的には折原けいではなく、荒川唯とし、アラかわゆいとアルマジロのコンビを組ませたい)

  月一回、週替わりゲスト出演

 大悲閣千光寺の住職: 菅原文太 または 柳生博
 京都府警捜査一課の警部・碇屋: 吉川晃司 または 野口雅弘
 大日本バカミス作家協会賞を受賞した作家・水森堅
  八嶋智人 または 六角精児
 靴磨きの玄さん(裏情報屋): 愛川欽也 または 温水洋一

 嵐山・渡月橋より歩いて約30分。 大悲閣千光寺は実存します。
 大悲閣千光寺は豪商角倉了以が再興し、江戸時代には金閣・銀閣・大悲閣と並び称されたこともあったらしい。
  

 お雇い外国人の建築設計家ジョサイア・コンドルの小説『暁英』を描いた北森鴻氏の短編小説を読んだら上のようなTV企画が浮かびました。 忘れぬうちにと、思いつくままメモしてみました。


 「旅ブロ・ネットの駅 かのぼん」 お元気ですか?ご無沙汰です。
 と云っても届かないだろうなー まぁ、みなさんコツコツと書き続けてますね。  10年で消えたブログや逝ったブログなど、さまざまです。

  
 
2017.11.04  2049
 記憶を移植されたレプリカント(アンドロイド/人造人間)と専任捜査官の死闘を描いた映画『ブレードランナー』が公開されたのは1982年のことだった。
 この作品は単なるアクション娯楽作品ではなかった。

 フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とし、1979年の監督作『エイリアン』で注目を浴びたリドリー・スコットの渾身作です。
 
 舞台は2019年のロサンゼルス。環境破壊により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ大都市での生活を強いられていた。 (中略) 優れた戦闘能力を持つバッティに追い立てられ、デッカードはアパートの屋上へ逃れ、隣のビルへ飛び移ろうとして転落寸前となる。しかしバッティはデッカードを救い上げ、穏やかな笑みを浮かべながら命果てる。デッカードはレプリカントとして同じ運命が待つレイチェルを連れ、逃避行へと旅立つ。


 2017年秋。 『ブレードランナー 2049』(163分)が公開。
 80にならんとするリドリー・スコットは製作総指揮を執り、ドゥニ・ヴィルヌーヴにメガホンを撮らせた。 仕上がりはほぼ完ぺきではなかろうか・・・

 人間的感情を持つレプリカントと云えど、「まさかの奇跡」は起こらないはずだが・・・
 最新型レプリカント・ネクサス9型であるKは旧式レプリカントの捜査中、反逆レプリカントの1人であるサッパー・モートンを「解任」した際、木の根元に箱が埋まっているのを見つける。その中には遺骨があり、分析の結果帝王切開の合併症で死亡した女性レプリカントであることが判明する。  さて、続きは本編を見に行ってください。


 ほんと、映画っておもしろいです。すばらしいですね。

 見終わって、劇中挿入曲のプレスリーがリフレイン。
   Elvis Presley   




2017.10.19  フィクサー
 バブリーなフィクサーで忘れられない男に在日韓国人である許永中(1947年2月24日 - )が居ます。

 平成期初期のバブル景気時に発覚した日本の戦後最大規模の経済不正経理事件と言われる「イトマン事件」や約179億円の約束手形をだまし取ったとされる詐欺事件(石橋産業事件)で懲役7年6か月罰金5億円プラス懲役6年の実刑判決を受け栃木刑務所に収監された。

 1997年に妻の実家の法要を理由に裁判所の旅行許可を得て、韓国に出国。宿泊先のソウルにて逃亡。保釈を取り消されて6億円の保釈金は没取された。
 2年後の1999年11月5日に東京都港区のホテルで身柄を拘束されるまで国内外で潜伏を続けていた。なお、偽名ニセパスポートで逃亡中に韓国日本を行き来しておりました。

 2012年12月、母国韓国での服役を希望し、国際条約に基づき移送されました。これにより日本における特別永住者の立場を喪失した。刑期満了日は2014年9月だが、その1年前の2013年9月30日にソウル南部矯導所より仮釈放された。

 すっかり過去の人になりましたが、ドッコイしつこくも健在です。
 現在、ロシアの世界有数のアルミニウム会社があり、「ルサールコリア」を立ち上げんと奮闘しているそうだ。 さらに、日韓のブリッジビルダーになるべき使命があり、日本への渡航を希望しているらしい。 (永住権喪失で1年以上の刑を受けた者は法務大臣の許可が必要であり、多分却下されるであろう)


 ちなみに昭和22年生まれの70歳にはー
 尾崎将司・千昌夫・小倉智昭・本宮ひろ志・江本孟紀・アニマル浜口・弘兼憲史・泉ピン子・白川和子・蛭子能収・西田敏行・北野武・森進一・一ノ瀬泰造・・・・・





2017.10.18  華燭の宴
 今日から3日間、懐かしきバブリーな時代話を書こう。

 1987年(昭和62年)6月9日。 市井の若者が結婚式を挙げた。
 新郎は成蹊大学卒業、神戸製鋼所従業員としてスタート。
 祖父・大叔父に日本国首相を務めた政治屋の若きプリンス。
 新婦は聖心女子専門学校から電通に入社。
 旧姓松崎。曾祖父は森永太一郎(森永製菓創業者)

 芸能人カップル御用達の赤坂・霊南坂教会で契りを交わし、披露宴には新高輪プリンスの飛天の間で開かれた。 お色直しが3回あり、出席者900人、総額1億円とも云われた豪華な結婚式であった。
 数日後、新郎の出身地山口のホテルで地元名士5000人を集めた披露宴を催した。 さらに、下関玉姫殿で後援会の若者ら600人を招待して盛大なパーティが開かれました。

 日経平均株価が25000円を超えたバブリーな時代でもあったが華々しいスタートを切った夫婦には残念ながら子は居ないが真珠婚を迎え益々のご活躍。 一部に家庭内別居婚とも揶揄されるが私人公人の区別もなく自由闊達なふるまいはいかがなものであろうか・・・


 さて、22日は衆議院選挙投票日ですが政治家の泣き笑いはどちらさんに傾くであろうか? 目が離せません。と紋切り口調で書いてみた。




2017.10.13  武とたけし
 監督・脚本・編集 - 北野武 主演 - ビートたけし  の映画です。
  2010年6月12日に公開された『アウトレイジ』
  2012年10月6日に公開された『アウトレイジ ビヨンド』
  2017年10月7日から公開された『アウトレイジ 最終章』

 「全員悪人から全員暴走」のヤクザ抗争を描いているのだがそこは映画。 バンバン銃が撃たれ、「バカヤロー」の連発。 北野監督のやりたい放題爆裂でした。

 いい意味での自己満足映画を楽しく見てきました。
 自己満? ラストシーンの1発の銃声がすべてを語ってます。
 最終章と云いながら、実は・・・と次回作があるのではなかろうか?

 または、たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。 と銘打った小説「アナログ」の映画化でしょうか?

 昭和22年生まれの暴走ジジィに憧れるオイラであった。


 『エイリアン:コヴェナント』を見てきました。
 監督は一作目の『エイリアン』を創ったリドリー・スコットです。
 
 前作『プロメテウス』の10年後が舞台とされています。
 今回もアンドロイドがキーマンとして扱われていた。
 果たしてー のストリーは省略します。

 見終わった感想は・・・
 スコットじぃさん耄碌したか? 鋭さが無い。緊張感の緩急が緩い。
 謎の電波信号がジョン・デンバー「Country Roads/故郷に帰ろう」ですか ベタ過ぎませんか?

            

 でも、40年の映像革新のフイルムからデジタルへは監督の描く世界をより究極化が進んでます。 スゴイの一言しか出てきません。


 同監督による次回作『エイリアン:アウェイクニング(原題)』も発表されたが元気にメガホンをとってくだされー。
 さらに、この秋公開の同監督作品『ブレードランナー 2049』が待ちどうしい。


2017.09.10  龍岡城
 五稜郭と云えば函館と即答されるでしょうが、日本に西洋式星型城は2ヶ所あるのをご存知でしょうか?
 それが長野県佐久市田口にある日本の城跡・龍岡城五稜郭です。

P9013606.jpg P9013607.jpg

 文久3年(1863年)、三河国奥殿藩の藩主・松平乗謨(のりかた)は、分領である信濃国佐久郡への藩庁移転と陣屋新築の許可を江戸幕府から得た。
P9013608.jpg P9013612.jpg
P9013615.jpg P9013614.jpg
 西洋の軍学に関心を寄せ、砲撃戦に対処するための築城法を学んでいた乗謨は、新たな陣屋として稜堡式城郭(星形要塞)を設計する。
 元治元年(1864年)3月に建設を開始した。総工費は4万両。
 慶応2年(1866年)12月には石垣と土塁が竣工、慶応3年(1867年)4月には城郭内に御殿などが完成した。
P9013622.jpg P9013624.jpg
P9013625.jpg P9013626.jpg
P9013629.jpg P9013628.jpg

 決して大きな城ではありません。 
 本来ならばすべての稜堡に置かれるべき砲台は西南角に一基しかなく、水堀の幅も狭い。裏山からは城郭が一望できるなど、要塞としては問題を抱える。
 稜堡式の外見は乗謨の西洋築城術に対する学問的興味が高じたもので、あくまでも藩主居館として設計されたものである。  そうな。

 設計した松平乗謨、WHO? 調べて見た。
 元治元年(1864年)6月に開港問題などで松平慶永と対立して若年寄職を罷免された。慶応元年(1865年)5月には陸軍奉行として幕政への復帰を果たした。その後、7月に若年寄次席、12月には若年寄となり、慶応2年6月には老中に栄進し、10月からは朝廷との交渉役を務めている。11月に正四位下に昇叙し、12月には陸軍総裁に任じられた。
 慶応4年(1868年)1月、戊辰戦争を契機に陸軍総裁職を辞任し、2月には老中職も辞任した。そして幕府との訣別を表明するため、大給と改姓した上で信濃に帰国し、3月には上洛して新政府に帰順する意思を表明したが、新政府では乗謨が幕府の中心人物の一人であったことから謹慎を命じた。4月には新政府の命令に応じる形で北越戦争に出兵し、このため5月に謹慎処分を解かれた。
 明治2(1869年)年6月、版籍奉還により竜岡藩知事に任じられる。しかし、竜岡藩の財政破綻のため廃藩を申し出て、廃藩置県前の明治4年6月2日、廃藩となり知藩事を免ぜられる。
 明治17年の華族令では子爵に叙せられた。明治21年、勲一等。明治23年7月、貴族院子爵議員に選出され、明治30年7月まで在任。明治37年、従二位。明治40年には賞勲制度の確立を賞されて伯爵に陞爵。明治42年2月23日、枢密顧問官。
 明治43年(1910年)1月26日に死去した。享年72。危篤の報が天聴に達すると正二位に叙され、勲一等旭日桐花大綬章を授与された。

 幕末・明治初期にはいろんな豪傑が居たもんですね。
 坂本・西郷や徳川慶喜・小栗・榎本etcだけが英雄ではありません。
 もちろん、名もなき市井の庶民も歴史の礎となり、眠ってます。

 そんな史跡と人物を訪ね歩くブラリ旅をあと何回行けるであろうか。




2017.09.04  小諸城跡 
   三橋美智也 『古城』  


 軽井沢からしなの鉄道にて30分?小諸駅到着です。
 小諸城跡が整備されて懐古園として開放されてます。

P8303403.jpg P8303348.jpg
 石垣や空堀などを見ると戦時の防衛拠点があらわです。
P8303350.jpg P8303396.jpg
 旧士族により本丸跡に懐古神社が祀られ、「懐古園」と名付られた。
P8303351.jpg P8303353.jpg
 仙石秀久の改修による三重天守には桐紋の金箔押瓦が用いられていたが寛永3年(1626年)に落雷によって焼失した。 
P8303366.jpg P8303358.jpg
P8303362.jpg P8303363.jpg
 突端の展望台からの眺望。 ここへは登ってこれないでしょう。
P8303369.jpg P8303370.jpg

 藤村記念館もあるのだが、オイラの注目はー
 昭和55年まで22年間も説法を語る草笛禅師・横山祖道さんの存在。 親しみのある市井の坊さんの偉業ともいえる日常を知りました。
P8303374.jpg P8303375.jpg

P8303385.jpg P8303387.jpg


   小諸なる古城のほとり  雲白く遊子(いうし)悲しむ
   緑なす繁蔞(はこべ)は萌えず  若草も藉くによしなし
   しろがねの衾(ふすま)の岡邊  日に溶けて淡雪流る

   暮れ行けば淺間も見えず  歌哀し佐久の草笛
   千曲川いざよふ波の  岸近き宿にのぼりつ
   濁り酒濁れる飲みて  草枕しばし慰む 



2017.08.27  仙厓和尚
 仙厓義梵(せんがい ぎぼん、寛延3年(1750年)4月 - 天保8年10月7日(1837年11月4日))は江戸時代の臨済宗古月派の禅僧・画家。

        1024px-Sengai_3.jpg

 毎日、博多の人は「オイラにも描いてけれ」と紙を持ってきます。 そして、詠ったのが「うらめしや わがかくれ家は雪隠か 来る人ごとに 紙おいていく」の狂歌だった。 そこで、「墨染めの袖の湊に筆すてて書にし魂をさらすなみ風」と絶筆の石碑を建てた。
 しかし、次の日にはその絶筆の石碑を描いて来る人に渡しました。

 いいね。 仙厓和尚のように舌の根の乾かぬ間の手の平返し。
 憧れます。 そんなジジィになりたいもんだ。


2017.08.16  動向
 アナタは昨日のテレビ中継を見ましたか?
 黙祷から陛下の御言葉。 そして、着席後の進行アナウンスで全員が着席でした。  「ウン」こうあらねばならん。

 そして、首相の1日動向を見るとー
 【午前】9時15分、官邸。 閣議。 トランプ米大統領と電話協議。 千鳥ケ淵戦没者墓苑。献花。 日本武道館の全国戦没者追悼式。
 【午後】官邸に戻り、防衛関連会議。 3時37分、東京・富ケ谷の自宅から山梨県鳴沢村の笹川陽平日本財団会長の別荘へ移動。  (明日はゴルフか?)

 さらに、戦後の歴代総理経験の存命者はこの8月15日をどんな風に過ごしたのでしょうか?
 まさか、ゴルフに興じた御仁は居ないとは思われるが、「いるのでは?」と勘繰ってしまうオイラがいました。

 毎年、8月15日に靖国神社への国会議員の参拝が話題に上るが今年は閣僚大臣はひとりもいませんでした。 痛くもない腹を探られる混乱を避けるための方便か? 賢明な選択判断だったように思えるが、残念と考える人々も多かったのでは? なんての複雑な日を過ごしました。