2017.07.22  山種・龍子
 恵比寿駅からなだらかな坂をテクテク15分、山種美術館です。
 御座敷日本画をぶっ飛ばせ! と提唱した会場芸術の騎手・川端龍子(明治18年6月6日 - 昭和41年4月10日)の展示会です。

 kr001.jpg

 横7.2メートルに縦2.4メートルの特大サイズにはみ出す九七式戦闘機に乗る龍子。 圧巻圧倒されます。
 オイラの6畳アパートには収まり切れません。

 でも、タイトル「香炉峰」って? 機体が半透明に描かれている? はナゼでしょうか?  描かれた時代や心情に思いめぐらせると・・・ ソファーに座り眺めました。

 オイラブログでは川端龍子を何度か取り上げておりました。
 「2013.08.14その前日!」 の「爆弾散華」を見ました。

     kr002.jpg


 先日の不染鉄 (ふせんてつ 明治24年6月16日生まれ、昭和51年2月28日死去)と同時代の画家ながら、生き様の違いが画風に現れ面白かったです。





2017.07.19  不染鉄
 財団法人東日本鉄道文化財団・東京ステーションギャラリーです。

   fusenn001.jpg

 不染鉄 (ふせんてつ 明治24年6月16日生まれ、昭和51年2月28日死去)の個展が開かれてます。  (詳細はクリックを!)

P7112720.jpg P7112723.jpg

 平日にも拘わらず午後のせいか? ご婦人方の観覧が目立ちました。

    fusenn002.jpg

       fusenn004.jpg

    fusenn005.jpg

 不染鉄の没後の個展は過去に数回しか開かれてなかったそうです。 個人蔵の展示が目立ちましたが星野画廊や他での買主リストがしっかり残されていたのでしょうか?

   こんな穏やかなジィサンになりたいもんだ。  fusenn006.jpg



2017.07.16  98年前
 1919年7月16日、「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助82年の激動を駆けた生涯を閉じた日です。
 墓所は品川富士塚のある品川神社裏にあります。

    日本銀行券B100円券  i10001.jpg


 「自由」で思い出すは、ハドソン川の花火大会で哲学した男が居た。

 つまり、誰もが見やすいように座っていたと思っていたところ、誰よりも見やすいように立ち上がってしまうのが「自由」。
 そこで「座れ!」とたしなめるのではなく、「アイツが立ったからオレも立つ」「アイツだけ立ちあがって見やすいのはオカシイ。オレもより良く見たい!」というのが「平等」。
 ひとりひとりが“独立国”というアメリカ合衆国を、その時に深く理解したのでした。


 日本人なら「座れ」と言うがアメリカでは「立ち上がる」スタンデング。
 握手やハグする習慣がかなり浸透してきてますがどうなんでしょう。

 憲法改正を言う自由があるなら、異議・反対を叫ぶ自由もあるハズ。
 「平等」が権力によって脅かされそうに思えるのはオイラだけなのか。



2017.07.09  カルピス
 その会社は不祥事を起こし経営危機に陥ったわけでは無い。

 2007年(平成19年) 、上場廃止。
 10月1日 - 株式交換により味の素株式会社の完全子会社になる。
 (1990年、味の素株式会社が第三者割当増資を引き受け筆頭株主)

 2012年(平成24年)10月1日 - 株式譲渡によりアサヒグループホールディングス株式会社の完全子会社になる。
 2016年(平成28年)1月1日 - 乳製品の販売を行っていた(初代)カルピス子会社のカルピスフーズサービスが(初代)カルピスから国内飲料製造事業と乳購買を含む乳製品事業を承継して(2代目)カルピス株式会社に商号変更し、アサヒ飲料の子会社に移行。

   55de9bf22.jpg

 人に歴史あるように、会社にも紆余屈折の変遷がありますね。

 創業者は僧侶・三島海雲(明治11年7月2日‐昭和49年12月28日)
 明治41年、内蒙古で体調を崩し瀕死の状態にあったが、すすめられるままに酸乳を飲み続けたところ回復を果たしたという。海雲はのちに「異郷の地で不老長寿の霊薬に出遭った思い」だったと記している。
 大正4年、辛亥革命を機に日本に帰国。〝心とからだの健康〟を願い、酸乳、乳酸菌を日本に広めることを志し、製品開発に取り組む。
 同6年、カルピス社の前身となるラクトー株式会社を恵比寿に設立。発酵クリーム「醍醐味」、脱脂乳に乳酸菌を加えた「醍醐素」、生きた乳酸菌が入った「ラクトーキャラメル」などを開発、販売するがことごとく失敗する。 海雲は人望が厚かったようで、この間にも多くの財界人などから援助を得た。
 同8年、試行錯誤の末、世界で初めての乳酸菌飲料の大量生産に成功。7月7日にカルピスとして発売する。

 三島海雲は、85歳を超えたある日、 「『お釈迦様は、一切の行動の効果を有するものは唯私欲を離れし、根本より生ずる』といわれた。私が今日あるのは先達、友人、知己、国民大衆の方々のカルピスに対する惜しみない声援によるものである。したがって得られた財物はひとり三島海雲のものではない。あげて社会にお返しすべきだ。」 
 「本財団の基本金はきわめて僅少である。しかし、創設者三島海雲の現有全財産を注入したものである。その狙うところは、私欲を忘れて公益に資する大乗精神の普及に在る。広野に播かれた一粒の麦になりたいのである。」  (三島海雲記念財団設立趣意書より)


 「会社は誰のモノか?」 よく問われる問題です。
 株主のため? 社員のため? はたまた、社会のタメか。

 僧侶らしい発想と言えばそれまでなのだが、多くの経営者の鑑のような人物ですね。
 経営資本が代わろうとそんな社風が残る会社であってほしいもんだ。



2017.07.04  海洋画家
 いつどこで見たか? も忘れたが似たような画が引っ掛かった。

seko000.png

 画家の名は勢古宗昭。 1945年奈良に生まれ、2011年11月の急逝するまで海と帆船を描き続けた我が国における数少ない海洋画家の遺作展が開かれていた。

  seko002.jpg

  seko003.jpg

 大海原を「進む・辿り着く」がヒシヒシと漲り迫ってきます。
 上手いとか繊細・緻密とかの形容詞はプロの画家に失礼に当たるか?

  seko004.jpg

 ここで思い出すは懐かしのコマーシャルです。
          
          帆船はシナーラ号? ナレーションは城達也?


 でも、日本男児たるもの。 やっぱり、描く対象物は・・・

  seko001.jpg
  
 ワグナーより軍艦マーチが響くのは老兵の歪り濁った血の騒ぎか?


2017.06.26  孔子の教え
 『孔子の教え』  2009年の中国映画を観ました。

紀元前501年の中国。晋・斉・楚の大国3国に隣接する小国・魯の国政は、権力を握る三桓と呼ばれる3つの分家により混乱していた。君主・定公(ヤオ・ルー)は安定した国を築くため、孔子(チョウ・ユンファ)に大司寇の位を授ける。孔子はその期待に応え、次々と改革を進める。殉葬など古い慣習の撤廃や新しい礼節の制定だけでなく、斉との同盟条約を無血で締結させ、外交でも力を発揮した。孔子の非凡な才能は各国に伝わり、他国の為政者は孔子に関心を寄せる。なかでも衛の君主・霊公の妻で実質的な権力者である絶世の美女・南子(ジョウ・シュン)は孔子を気に入り、自国に引き込もうと画策する。衛や斉から孔子を招聘したいという書簡が次々と届き、孔子の功績は季孫斯(チェン・ジェンビン)ら三桓も認めるところとなる。紀元前498年、孔子は国相代理となる。孔子は国相代理として、三桓の影響力を弱めようとひそかに動き出す。しかし、孔子の弟子・公伯寮の密告により、そのことが三桓に知られてしまう。三桓は定公を抱き込み、孔子を魯から追い出す。孔子は家族を残し旅に出る。しかし、顔回(レン・チュアン)や子路をはじめ多くの弟子たちが合流する。孔子たち一行の諸国巡遊の旅の先には、数々の出会いと別れのドラマが待ち受けていた。



 中国様式美(と云うジャンルがあるかは知らないが)に則った華麗な映画でした。 馴染みある論語の一説が心地良く響き(字幕の日本文字を読んだだけだが)孔子の生き様が描かれておりました。

 その思想は論語となり、儒教へ進化してゆきました。
 一言で言い表せないが、 儒教は、五常(仁、義、礼、智、信)という徳性を拡充することにより五倫(父子、君臣、夫婦、長幼、朋友)関係を維持することを教える。 に尽きるのではないか?


 そして、二千五百後。

 中華人民共和国では「儒教は革命に対する反動である」として弾圧され、特に文化大革命期には、批林批孔運動として徹底弾圧された。多くの学者は海外に逃れ、中国に留まった熊十力は激しい迫害を受け自殺したといわれる。儒教思想が、社会主義共和制の根幹を成すマルクス主義とは相容れない存在と捉えられてためとされる。
 だが、2005年以降。孔子の生誕を祝う祝典が国家行事として執り行われ、論語を積極的に学校授業に取り入れるようになるなど儒教の再評価が進んでいる。文化大革命期に徹底的に破壊された儒教関連の史跡及び施設も近年になって修復作業が急ピッチで行われている。

 韓国においては儒教の国と云われているが、かなりその思想は歪められており、韓国ナンバー1は語るに当たらぬ妄想がはびこっております。

 そして、日本は・・・・・
 江戸幕府を倒した薩長連合は仏教儒教をベースに万世一系の神道を打ち立て、皇国日本を発展させてきました。
 その一端が「教育勅語」です。
 「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ・・・」までを否定するものではないが、主語の「汝臣民はー」「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」とはとんでもないことである。 と、オイラは言い切りたい。


 外はシトシト雨が降ってます。
 オイラは除湿の効いた部屋でキーボードを叩いてます。
 その内容は他愛のないツブヤキです。 ボヤキでした。



2017.06.23  逃亡逮捕
 「外患罪(がいかんざい)」とは、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪である。現在、外患誘致罪(刑法81条)や外患援助罪(刑法82条)などが定められており、刑法第2編第3章に外患に関する罪として規定されている。刑法が規定する罪で最も重罪のものである。現在まで適用例はない。

 お笑い芸人によるバラエティー番組で外患罪が取り上げられておりました。 ヘェーと見入ってしまいました。


 先月23日広島市内のマンションにて一人の初老男が逮捕されました。
 時効停止までして41年間も官憲が追い続けた大阪正明らしき男です。

 それは1971年11月14日、渋谷において発生した暴動事件であり、当時21歳の警察官に集団で火炎瓶等を投げ、殉職させた犯人として殺人・放火・傷害・凶器準備集合・公務執行妨害容疑で指名手配されていた男の逮捕であった。

 男は完全黙秘を貫き続けているそうだ。 
 雑談すら応じてないよう?に思えるが、その意識・意志は・・・

 偶然?にも、オイラブログ2016.11.21逃亡 で取り上げており、ツラツラ考えてみた。

 22歳の若者が当時の学生の多くがそうだったように白いヘルメット(中核派)でゲバ棒を振っていた。 
 深い思想と高い理想を持っていたわけでは無い。 (と思う。)
 渋谷での乱闘において、自身が犯人一味として指名手配を受ける。 出入りしていたセクト組織から逃亡を勧められて市井に潜伏。 起きた事故事件よりも「ナゼ逃げるのか?逃げ切る」の意識が彼の行動そのものになりました。 執拗な捜査を搔い潜り実に41年も過ぎてしまった。

 捕まった当時の仲間は。
 デモ隊を指揮した委員長松尾真は組織を離れ、京都精華大人文学部准教授になったが2012年農林水産省と近畿農政局からの補助金で同大学が実施した農村活性化事業に不正支出があったと発表した。補助金2200万円を返還、責任者の松尾眞を懲戒解雇した。 現在は長野県栄村の村会議員をやってます。
 星野文昭は無期懲役で徳島刑務所で服役中。「星野文昭さんを取り戻そう!全国再審連絡会議」の弁護士として応援しているのは海渡雄一、妻は事実婚の福島瑞穂である。 
 荒川碩哉は公安の二重スパイと疑われ組織と縁切れに。
 奥深山幸男は2017年2月7日逝去しております。

 さて、獄中の大阪は完全黙秘のまま、被疑者〇○号として塀の中で死亡するのだろうか? それとも、逃亡手記を出すのであろうか・・・


 てな、半日以上もネットウェーブでアレコレ調べてみました。 かなり、疲れましたが有意義な時間を過ごしました。



2017.06.18  王仁
          


 王仁(わに、生没年不詳)は、百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えたとされる記紀等に記述される伝承上の人物である。
 しかし、 王仁が伝えたとされる千字文が、王仁の時代には成立していないことなど史料解釈上実在を疑問視する説も多数存在する。

P6142352.jpg P6142349.jpg

 時は皇紀2599年秋。 (昭和14年、ゼロ戦誕生1年前)
 内鮮一体と「半島人ヲシテ忠良ナル皇国臣民タラシメル」ことを目的とした同化政策(皇民化政策)の一つとして、建立されました。
 近衛文麿、徳川家達、平沼騏一郎、鈴木貫太郎、頭山満…などなど、当時の日本における官・軍・民の中心人物名が勢揃いなのです。

   P6142345.jpg  P6142346.jpg

 上野恩賜公園にはたくさんの銅像や記念碑が建っております。
 大阪・枚方には伝王仁の墓もあり、日韓の架け橋たる伝説上の人物なのですが昨今の日韓関係においては常に政治と民意の交差に揺れ動く世情はいかなるものであろうか・・・



2017.06.17  上野にて。
 炎天下の中、3時間並んで観た「若冲展」が去年の5月だった。
 その上野・東京都美術館の「バベル展」に行って来ました。

  入口には・・・  P6142358.jpg

 展示館内は撮影禁止ということでカメラをカバンにいれておとなしく見てきました。
 やっぱり、本物は迫力がありました。
 ブリューゲルの狂気と執念が爆発しておりました。

 114㎝ × 155㎝ のキャンパスに千数百人が蠢いておりました。
 若冲の洛中洛外図屏風の千数百人は表情豊かに描かれていたが、ブリューゲルは労働の過酷さがにじみ出ておりました。
 単に洋と和の違いだけでなく、作家に共通する“視熱”が片や噴火する溶岩と一方は流れる溶岩とでも表現してみましょうか・・・


 同じ公園内には西洋美術館もあり、ロダンの「地獄の門」
   P6142365.jpg  P6142369.jpg

   我を過ぐれば憂ひの都あり、
   我を過ぐれば永遠の苦患あり、
   我を過ぐれば滅亡の民あり
   義は尊きわが造り主を動かし、
   聖なる威力、比類なき智慧、
   第一の愛、我を造れり
   永遠の物のほか物として我よりさきに
   造られしはなし、しかしてわれ永遠に立つ、
   汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ


 数にモノを云わせ、深夜の強行採決でこの門より出てきた政治家集団がおりました。 果たして、希望をもたらしてくれるのかい?



2017.06.13  1911
 中華人民共和国にはチベットと台湾の国土領土問題を抱えてます。
 特に中華民国を国と認めず、海峡両岸関係と云い張ってます。
 しかし、孫文(中国では孫中山/1866年11月12日 - 1925年3月12日)は「中国革命の父」と呼ばれ、両国とも「建国の父」すなわち国父と尊敬賞賛されています。


 映画『1911』(原題: 辛亥革命)は、2011年の中国・香港合作映画を借りて観ました。 総監督:ジャッキー・チェンの100本目の出演映画でもありました。

 俺(黄興:ジャッキー・チェン)は国内で武力蜂起を起こす。 お前(孫文:ウィンストン・チャオ)は海を渡り、各地の同朋華僑から金を集め、各国の政治家と渡り合ってくれ。

 中国、清代末期から辛亥革命の時代を孫文、黄興が率いる中国同盟会の視点からとらえたストーリー。1911年の武昌蜂起から、1912年に孫文が中華民国臨時大総統を辞任するまでの時期、腐敗した清王朝が崩壊し共和制を樹立する歴史を描く。
 辛亥革命から100周年を記念する歴史映画でした。

 123分、歴史のおさらい、濃密な時間を過ごしました。

 『北京の55日』(1963年、チャールトン・ヘストンや伊丹十三らが出演)や『砲艦サンパブロ』(1966年、ロバート・ワイズ監督スティーブ・マックイーン主演)がこの時代であったのだろうか・・・


 数年前、明石海峡大橋の舞子リゾートホテルに誘われた時、見慣れぬ洋館があり、孫文記念館だったのを思い出しました。
   2015.04.22  孫文 
pP4113740 Pp4113742.jpg

   2015.06.19  OMAKE


 そして、しかし。  1932年3月1日。
 清朝の聖地である満州族の祖国満州に皇帝・愛新覚羅溥儀を担ぎ出し、強引に国を創った政治集団と後押しをした国があった。
 と、日華事変から第二次世界大戦・太平洋戦争へと歴史が動いてゆきました。