2018.06.13  吠える
 オイラの高校時代の知人の話をしよう。
 彼は、トウフ屋になりたいと云っていた。 大豆を絞り口当たりの良い加工品を人々に提供できるように、国民から金を巻き上げ1兆2兆と動かす役に立つ人になるんだ。
 現役で東大合格して、エリート官僚になったのであろうか? それとも、ただの役に立たない人でおわったか? はたまた、同郷の先人・田中角栄に近づき財を残したか?

 卒業後、一度も同窓会等に出てないが彼は元気であろうか?

 「50歳を過ぎたら同窓会に出席してはいけない」 論説:江口克彦氏

 一見もっともらしいことを言っているが、“群れの習性”を理解できない上から目線の論調が気になりました。

 江口克彦WHO? と検索したら、それなりの経歴を積み、参院議員を1期務めたお偉いさんだった。
 でもね、松下幸之助の側近だったと言っている老人が「これからの話をしようではないか」と東洋経済に書いても説得力ゼロではないか? アンタこそが敗戦後の昭和から続く典型的な老害そのものです。
  と、市井のG3が吠えてみた。



2018.06.12  RIP
 森田 童子(もりた どうじ、1952年1月15日 - 本名は非公開)が今年の4月24日逝去していたことがJASRACの会報に掲載されていたことが判明した。死因は非公表。音楽活動休止後は主婦として暮らしていたという。 なる小さなニュースが流れていた。

 オイラブログでも過去9回も書いていた伝説の歌姫です。
        
 活動期間は1975年 - 1983年。カリーヘアーにサングラスの素顔私生活がナゾのまま、結婚という形で引退してしまった。

 彼女が有名?ブレイクしたのは、野島伸司(1963年3月4日 - )脚本の『高校教師』(1993年TBS系)の主題歌に使われた「ぼくたちの失敗」です。
 男性教師と女子高生の純愛、レイプや近親相姦というショッキングで重いテーマを取り上げ、賛否両論を呼んだテレビドラマだった。

 その野島は柏崎出身と云うことも有り、ラストは日本海の海岸寄りを走る信越線車内で撮影され、青海川駅は平成19年7月16日 - 新潟県中越沖地震により、崩壊・新施設へ・・・
oumi001.jpg oumi002.jpg

 と、脱線話はつづくが・・・   哀・嗚呼RIP・・・・・






2018.06.07  野性の胎動
 浜松に行きたい行こうと思いつつ1ヶ月が経ちました。
 何故か?腰が重くグダグダと月日だけが過ぎてゆきました。

 kimura01.jpg
 日本画家・木村圭吾(1944~ )の「千年滝桜」です。

 kimura002.jpg
 横幅9メーターの「世紀への激情(ナイアガラ)」

 kimura03.jpg
 さらに、「龍の起源」や「天と地(赤富士)」など、多彩です。
    kimura05.jpg

 浜松・平野美術館で今月17日まで開催されてます。

 kimura04.jpg



2018.06.02  さくら子
 散り去った櫻を優雅に眺める河童らしき石像が横たわってました。
sP4130861.jpg sP4130833.jpg
 名をさくら子と云い、埼玉県志木市柏町3丁目の長勝院跡にある桜の古木近くにお行儀悪くつくろいております。
sP4130839.jpg sP4130827.jpg
 その桜は長勝院旗桜と名付けられており、2年前に行ってました。

 志木市には古くから河童伝説が残っており、24体のカッパ像が点在してます。
 巡ってみたいなー 1日で廻るなら車が必要です。 どなたか一緒に行きませんか? 昼飯くらいならオゴリますよー



2018.05.24  マトリ
 許斐氏大(このみうじひろ・44歳 職業・ミュージシャン)

 許斐? かなり珍しい苗字ではないかい? で、調べて見た。
 宗像大宮司を世襲した武家・宗像氏で、その分家・許斐一族。

 氏大の祖父・氏利は北一輝の書生となるが、大陸に渡り関東軍直属の特務機関員(身分は軍属)として働き始める。戦後は銀座松坂屋裏にマッサージ嬢を配した一大ヘルスセンターの東京温泉を開業。 etc
 かなりヤバイ人物・人脈の持ち主だったらしい。

 そして、氏大は慶応幼稚舎からエスカレータ式に大学を卒業するお坊ちゃんだった。 さらに、通称UZIを名乗り、ラッパーとして活躍しておりました。

 厚生労働省麻薬取締部によると、1月15日。
 東京・目黒区の自宅マンションから乾燥大麻約600グラム(末端価格300万円相当/約千回の吸引可)とパイプなどが押収され、許斐氏大を逮捕。


 久々に霞が関の裁判所に行って来ました。
 関係者?ファン?30人以上が集まっていました。 20有る傍聴席が満員、立ち見禁止で諦める人も・・・ スーツ姿の本人と弁護士も。
 13:15から816号で判決が言い渡されました。
 主文。 「懲役3年執行猶予5年」

 「自分で使うために持っていた」と供述していたが、入手先や吸引パーティ仲間などをゲロり?この判決に至ったのであろうか? まぁ、再犯の可能性も大ながら他人さんの事ですので御自由に・・・


   OMAKE  オイラの裁判傍聴記録

 2007.08.10に、安倍首相秘書(実名を公表してないらしい)が朝日新聞と社員の山田厚史氏を名誉棄損で訴えた民事裁判を数回。

 2009.10からのアダルトビデオ裁判には毎回行ってました。
   2011.09.22  判決後、控訴の行方は?



 ジャニス・イアン (1951年4月7日 - ) は、米国のシンガーソングライター。
 1967年、『ソサエティーズ・チャイルド』でレコードデビュー。人種差別批判を歌った衝撃的な内容とともに、未だ10代の天才少女として騒がれる。しかし、そのプレッシャーから数枚のアルバムを発表後、半ば引退状態となる。
 しかし、1972年にロバータ・フラックにより『ジェシー』が取り上げられたことから再び脚光を浴び、1976年のTBSドラマ『グッドバイ・ママ』や『岸辺のアルバム』の主題歌に使われた。
 さらに、「ジャニス・イアンとシンシアのゆたかなめぐり逢い」なるLP帯コピーで南沙織の『ジャニスへの手紙』6曲を提供。
 2003年、同性愛者であることをカミングアウト。14年間付き合っていた女性と正式に結婚して大きな話題を呼んだ。 同年9月26日、英訳歌詞もジャニス自身による『Headlight Taillight』を発表。

  

 『中島みゆきトリビュート Yourself...Myself』で聞いてのとうり「ヘッドライト・テールライト」を英語歌詞でカバーしたのである。



 ワールドトレードセンター前に、騎馬兵の彫刻「America's Response Monument」があるそうな。9.11同時多発テロ事件の報復として、アフガニスタンのタリバン政権に対して開始された、一連の軍事作戦に従事した特殊部隊の功績を称えて、2011年に設置されたブロンズ像だ。

        IMG_2707-1024x768.jpg


 その英雄達の作戦と勝利を描いた映画『ホース・ソルジャー』を見てきた。 130分、長くはない。おもしろかった。

  

 映画初監督のニコライ・フルシーもさることながら、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー( 1945年9月21日 - )に注目。
 フラッシュダンス(1983) ザ・ロック (1996)  懐かしの名作よ。
 トップガン(1986) ブラックホーク・ダウン(2001) パール・ハーバー(2001)などの戦争ものではアメリカ万歳か? スコット兄弟の監督起用だったことを今回知りました。 彼のDVDを借りてこよう。
 


2018.05.11  櫻谷の桜
 今年は全国的に暖かく桜の開花・散華が早かったですね。
DSCN4872.jpg DSCN4895.jpg
 五月の都内某所、櫻谷の桜を見てきました。


 木島 櫻谷 (このしま おうこく、明治10年(1877年)3月6日 - 昭和13年(1938年)11月13日)
 「柳桜図」  絹本著色 六曲一双 179.0x363.2(各)  

20120717ryuuou_no_zu_left.jpg 20120717ryuuou_no_zu_right.jpg

 住友家の依頼で描いた「四季の金屏風」の《雪中梅花》・《柳桜図》・《燕子花図》・《菊花図》が六本木の泉屋(いずみやでなくせんおくと読む)博古館で並んでいました。

 朝日新聞記者だった夏目漱石は、「木島櫻谷氏の「寒月」も不愉快な点に於いては決して昨年の鹿に劣るまいと思う。屏風に月と竹と夫から狐だかなんだかの動物が一匹いる。其月は寒いでしょうと云っている。竹は夜でしょうと云っている。所が動物はいえ昼間ですと答えている。兎に角屏風にするよりも写真屋の背景にした方が適当な絵である。」と酷評している屏風画がー

  konotuki01.jpg

 しかーし、しかし。ネット旅で数時間、彼に魅せられぱなしでした。



2018.04.30  独読
        DSCN4585.jpg


 4月は積ん読されていた本を片っ端から読みまくりました。

 火坂雅志氏の家康に仕え支えた武将の短編集です。
 「ワタリ」 関ヶ原合戦の前哨戦伏見城にて玉砕した鳥居元忠。
 「井伊の虎」 おんな城主で有名になったの遠江井伊谷の領主・井伊直虎。 墓がある龍潭寺に行ったことがあったのだが知らなかった。
 「毒まんじゅう」 河内源氏の八幡太郎義家の血を継ぐ石川数正。人質の家康と共に育って信頼篤かったが突如出奔。秀吉から松本城主へ。
 「梅、一輪」 家康を支える譜代において、大久保家の家訓・子は宝と多くの人材が輩出した。そのひとりに大久保忠隣が居た。
 「馬上の局」 側室・阿茶局は聡明快活にて世情も知り、秘書官のような存在であった。徳川和子入内の際に守役を務めた功により、従一位を賜り、一位局・一位尼と称されるようになった。
 「川天狗」 武将部下ではないが秀吉家康から朱印をもらった政商の角倉了以。私財を投入した保津川の舟路開拓から運河高瀬川の開削。
 「常在戦場」 秀忠に随従した牧野忠成は、真田方の巧みな計略であったために大敗してしまった。その責を問われた大久保忠隣は現場指揮官を切腹させて許されたが、牧野忠成は所属の指揮官の贄掃部を逃して本人も出奔してしまった。父の牧野康成も部下の抜け駆けは戦国の倣いと弁護したため、徳川秀忠の怒りを買い上州吾妻城に蟄居させられた。しかし、戦後は大御所家康の意向もあってか処分は数月にして寛恕され、康成・忠成父子は大胡に復帰した。その後、越後長岡藩の藩祖。
 長岡出身の山本五十六の座右の銘「常在戦場」はチト有名?


 山本兼一  「雷神の筒」 「ジパング島発見記」 「銀の島」

若き日の信長に鉄炮を指南し、最強の鉄炮衆を創り上げた男の存在抜きには語れない。橋元一巴。初めは民を守るために鉄炮の改良と応用に打ち込んだ。塩硝のルートを求めて種子島に飛び、好敵手・雑賀孫市と出会う。主君が覇道を邁進する一方、悩みを深めた。疎まれつつも仕え続けた一巴の生涯を通じ、信長の天下布武への道を鮮やかに描いた斬新な長篇戦国絵巻。

種子島に鉄炮を伝えた男ゼイモト、冒険商人ピント、イエズス会宣教師ザビエル、『日本史』を著したフロイス…。16世紀、日本にやってきた7人の西洋人の目を通して、「日本という国」を浮き彫りにする連作短篇集。

ポルトガル国王の密命「石見銀山占領計画」を帯びた司令官バラッタは、宣教師ザビエルに帯同し日本に潜入するのだが…。迫りくるポルトガル大艦隊、迎え撃つは薩摩の安次郎と倭寇の大海賊・王直船団!戦国史を根底から覆す驚天動地の時代活劇巨篇。


 オイラの好きな両氏を中心に読み漁ってました。

  火坂 雅志  (1956年5月4日 - 2015年2月26日)
  山本 兼一  (1956年7月23日 - 2014年2月13日)
 
 若くして、志を閉ざされた両氏の冥福を祈りながらの乱読でした。



2018.04.25  全宗
 施薬院 全宗(やくいん ぜんそう)は秀吉の侍医でありながらも側近で外交僧として仕える。 また、信長による比叡山焼き討ち後の延暦寺再建の祖とも云われてます。

 火坂雅志氏の 『全宗』(1999年3月1日 初版)を興味深く読みました。
甲賀出身で比叡山に学び、師・曲直瀬道三を踏み台に豊臣政権の中枢に食い込み、秀吉の筆頭侍医となった施薬院全宗の生涯を描く。竹中半兵衛、黒田如水、石田三成等の名だたる側近の中でも異彩をはなった男の野心と生涯、群雄割拠の乱世を見事に描ききった傑作長編。
 善人ではありません。医を持って権力に近づき、自らも権力を行使する智慧者の悪人です。  秘薬ツガルとは・・・

 秀吉の九州島津征伐時、全宗は長崎を支配していた大村純忠の領内を見て驚愕したといわれます。その理由はキリスト教信者による寺社の破壊が進み、その上、長崎はポルトガル領になっていたのである。
 権力者にとって非常に都合悪く、キリスト教禁止を考えました。
 全宗草案の『吉利支丹伴天連追放令』原文が現存しております。

 子の出来ない秀吉のために、精力剤を調合したり、淀君に誘淫剤を塗布したりの媚薬創りに励むのであった。
 その結果秀頼が生まれるのであるが受胎日前後にはふたりは遠く離れており、父親は誰?なんてのミステリーが生じたのである。

 
 春・櫻に現を抜かしながら、夜はセッセと読書に勤しんでおります。

 788年最澄の時代からずっと灯され守られている「不滅の法灯」も1571年に一度は消失。 しかし「不滅の法灯」も復活するのであった。

 そのトリックは山形・立石寺に分燈されており、その火種を再び延暦寺へ分灯したのである。
 その立石寺も焼き討ちで消灯すると、延暦寺から分灯されました。
 さらに、延暦寺の分灯は全国数十ヶ所もあるそうだ。

 歴史を伝える行為、紡ぎ綴る人々は偉大ですね。