kimorebi.jpg


 世の中、納得のいかない事ばかり。
 書き出せばキリないが書けば愚痴になる。


2008.02.28  絵師・東學
  azumagaku.jpg 
 
 ぶらり、紀伊國屋書店・新宿南店に行きました。7Fにひっそりパネル展 に墨絵が飾ってありました。 東學・墨画集『天妖』 しばし足を止め見入る。 「乾いた疼き」のフレーズがオイラを支配した。

 
 交通事故に遭った友人の話です。事故そのものは貰い事故で過失割合9:1で相手の保険扱いになりました。相手は保険会社まかせと何食わぬ顔。保険会社は月から金曜の9から5時しか対応しない。「チョット待った。保険は補填だろう。事故を起こしたアンタ出ておいで」と言ったら弁護士が委任状と共にやって来た。
 この弁護士が優秀と云うのか? 依頼者の不利にならないように都合のよい判例と法律を楯に友人を捲くしたれる。

   その一例を。
 持っていたデジカメが事故で写らなくなった。修理見積もりを出したら、「3万」との事。高いとは思いながらも「お気に入りの絶品で代替無」と修理に出しました。(見積もりを提出して出しますよ/どうぞ) そして、修理費を請求した所、下記の計算式で全額出せませんとの事。
  46800×(1-0.479)×0.9=21945
   46800は購入時の領収書。もし、これが無かったら? なにを根
   拠にするのであろうか・・
    0.479は5年耐用の17ヵ月使用の法定償却率。
    0.9は事故の過失割合。

 何か?どこか、おかしいと思いませんか?
 「全額負担するとは言ってません。当方はこれしか出しません。」
 まぁ0.9は譲るとしても納得いきません。不条理です。 

 たとえば、ガラスを割ったと仮定しよう。修理弁償するのが当たり前。なのに、「ガラス代金しか払わない。それも長年使っているから○○です。その上、割れたガラスは全体の○割です。」と言い掛かりを付けられているとしか思えぬ理屈です。 そう、思いませんか?

 どなたか友人に良きアドバイスを。ボランテアしてくれる弁護士いませんか・・・


  オイラの好きな歌手シェールから招待状が届いた。

   Cher Believe  


 世界的に知られる伝説的なスーパースター、シェールがシーザーズ・パレスのコロセウムのステージに登場します。
 「シェール・アット・ザ・コロセウム」と題したショーが今後3年間に約200回にわたって上演される予定となっています。
 60年代から活動を続ける女性歌手、シェールはなんと、1946年5月20日生まれの現在62歳!

 いつの時代もその時に合った音楽性を取り入れ、常にシーンの最先端にいることでも有名(流行に目ざとい、とも言う)。 80年代にはハード・ロックも演ったし、90年代後半にはダンス・ポップも。そんな貪欲さが若さを保つ秘訣なのかも。

 ショーの上演開始は5月6日で、世界で1億枚を超えるレコードを売り上げるとともに、オスカーやエミー賞にも輝くビッグアーティストのステージがラスベガスで楽しめるようになります。

 ショーの上演時間は90分間で、火・水・土・日曜の週4回、19時30分からの上演となります。  チケットの料金は95、140、175、250ドルです。
   詳細は http://www.cher.com/  cher.jpg


 え? 招待状と言わない? 単なる迷惑メール?
 そう云えば問い合わせがネバタナントカサービスであったワ。

 東京駅弁「深川めし」を買い、N700系新幹線に飛び込みました。 
 途中で愛知発祥のいなり。それも「八丁味噌いなり」を求め空港へ。今はやりの空弁ゲット。・・・コリャァ、オイラの口に合わない。何でも間でも味噌仕立てにする名古屋人へ「あんた変」と怒鳴りたい。いなりはおいしい。味噌焼きおにぎりもおいしい。だが、この空弁はアカンイカン。オカンに言いつけてやる! 味噌おでんも「?味」だった記憶が・・・  名古屋在住のuwanosora443氏に聞いてみたい。どうょこの八丁味噌いなりの味は・・・

 今回、オイラの旅は「明石の鯛」を食することであったが「イロハのイよりこっちがいいぞ」と囁く声に従い、たイからたコへ変更して、明治36年創業の淡路屋「ひっぱりだこ飯」を食べた。うまかった。  
   ㊟ 養殖鯛の朱色は化学合成のアスタキサンチンを餌に混ぜて
     いると朝日新聞の鍛冶氏が紙面に書いていた。

つもりで「食べる」が貧者の知恵 ekibenn.jpg


 yozakura1.jpg
JRの廻し者ではないが廻し者になって「そうだ、京都に行こう」と京都パノラマ観光を楽しみました。 観たつもりの仮想からやっぱり現地に足を運ぼう。 いつかね、なんて言ってたらいつまでも行けないゾー
 nobotoke1.jpg


 さてさて、夕食はどうしましょう。京野菜会席or湯葉懐石。いえいえ、庶民はおにぎりと箸小皿を持って錦市場へ。試食食材でお腹を満たしましょう。 食後は三色団子を持って、イノダコーヒー店or小川珈琲店に行きましょう。(持込み可かなぁ?)  これからの春ならば「豆政の桜団子」がお推めですヮ

 ちなみに三色団子のユワレは目出度い紅白と邪気を祓う緑色を口にし、福をいただくそうな。 でも、四季を食べる説も。紅は梅桜のピンクで春、白は雪のホワイトで冬、緑は太陽注ぐグリーンの夏。秋がないではないかって思うでしょうがこの団子に「飽き」がこないようにって。だってさー  ・・・御後がよろしいようで・・・



 あなたには人生の目標や生きる目的がありますか?  オイラには無い。有りのまま有るがままに「生きる」だけです。
 賢者の選択・貧困の幸福はまず捨てることから始まります。物的金銭欲の諦めから実践しましょう。裸で生まれ、知恵と共に道具が増え、物に縛られ、いつしかゴミに囲まれて生きていませんか?
 人によって「捨て切れない物」は様々なれど果たしてあなたの明日を支える物ですか? 過去を引きづる遺物ではありませんか?

 物欲のほかに三大慾があります。「睡眠欲・食欲・性欲」どれも捨てがたい欲望です。いや、生きるに必要な欲望です。
 睡眠。どんなに忙しくとも意識する意志に関わらずどこかで睡魔に襲われ意思が飛びます。時間の長さではなく、眠りの深さが明日の活力を生みます。
 食欲。世界には食物を口に入れられず餓死する不幸な人々が居ます。幸いオイラは一日二食、腹八分目、望む八割の欲望を満たせる環境に満足しております。余りものをモツタイナイと胃袋に捨てることもせず、ひらめくままに「いただきます」と「ごちそうさま」を繰り返しております。
 性欲。やっかいな問題ですね。消えぬ煩悩・求める修羅。
 その昔、偉い坊サン曰く。まず、沐浴し裸のまま天を仰ぎ横になる。目を閉じ、呼吸を整える。あらゆる肉欲煩悩を一物に集中させ漲る生命を爆発させる。すなわち、自慰的射精なり。
 と言われても、マンコとチンコの触れ合い擦り合いが性交でっせー 快楽の追及こそ生きている証か? 快楽の伴なわない行為とは・・・ ひとりHは排泄なれど、「排泄もまた快楽なり」ならば・・・
 ウゥーン、凡人のオイラには奥が深くワカラナイ。

 いずれにしても、心の赴くままに「明日を迎える」
 大きく深呼吸して吸った息を吐き出す。そして、止めてごらん。10秒20秒30秒・・・ 血液中の酸素がヘモクロビンに変わり、顔全身が赤くなる。苦しさから意識が遠のき、光射す白空間に影が像を映し出す。朧なる像の実体が形なす瞬間、呼吸が復活する。
 そう、この繰り返しが活きている証です。 「死」すなわち、「息を引き取る」と言うではないか。

 
 2006年、六十五歳の春。晴朗で健全で、そして平常心で決行されたひとつの自死。自らの死で証明しょうとした「自死の哲学」  須原一秀氏の「自死という生き方」を枕に眠りに付きましょうか・・・



   高井戸天然温泉「美しの湯」へブラブラ散歩です。
  平日5時間 800円  takaidoyu.jpg
             弱アルカリ性ナトリウム塩化物強塩温泉

 館内全禁煙・控えの休憩室が無い・打たせ湯やジャグジーの室内風呂場が異常にうるさい を差し引いても足を延ばせる広い湯舟は最高!!! やや褐色の濁った湯は塩味があり、ユッタリ・マッタリするには抜群ですね。 露天風呂の狭さの開放感。わかるかなー


↓飛べない鳥・飛ばない鳥
tera.jpg kozou.jpg
                       はき違いかい?

   itixyou.jpg


 春らしいワンショットを探しましたがオイラの視界には残念ながら入ってきませんでした。 8742歩のお散歩日和でした。


 2/22は「ニャンニャンニャン」と云う訳で猫の日だってyo そこで猫の写真にこんな音楽を載せたYouTubeの映像を楽しんでくださいna



      無言坂
    香西かおり

(他。2曲。クリックオン)
  酒と泪と男と女 
     河島英五

      夢想花
      円広志



 2007年12月15日付オイラのブログに「日本一低い山」を書きこみましたが日本一争いは首都・東京にもあった。
 北区が「オラの飛鳥山(25.3m)が港区・愛宕山(25.7m)より40cm低いだ。」と、国土地理院に認めてもらおうと申請を出していた。しかし、関東地方測量部は却下するむねを同区に伝えました。理由は現在の地図上に文字を入れるスペースが無いとの事。
 最低峰に果敢なるアタックを賭けたにも関わらず、登頂点に立脚するスペースが無く無念の下山であった。 と、さ・・・  


    空力用模型モデルtop3.jpg


 東海大学は世界的な自動車耐久レース「ルマン24時間」(6月14~15日、仏ルマン市)への出走が認められたと発表した。 01年以来、元日産自動車のエンジニアで、同社のルマン用レース車両の開発にもかかわった林義正・工学部教授を中心に、山形県内の機械メーカーと共同でルマン挑戦プロジェクトを進めてきた。 ドライバーの一人は過去12回のルマン参戦経験を持つ、プロの鈴木利男(52)が務める。

 がんばれ! 東海大学 しっかり、走れよ!

 76回の歴史を持ち、F-1モナコ・インディ500と並び「世界3大レース」と称されるルマン・レース。一周13キロを何周できるか? 何時間走っていられるか?  たぶん、ニッサンのGT-Rやトヨタ・ハイブリット?も参戦するであろう中、文字通りの「耐久」の爆走が今から楽しみである。


 ちなみにパリダカの篠塚健次郎氏は東海大の自動車部キャプテンだった。
 ちなみに篠塚氏の奥さんは山口百恵の姉さんである。
 ちなみに篠塚氏が優勝した三菱・パジェロはサラエポ冬季オインピックの公式車両であり、PRのひとつとして、10分間のミニカー実写アニメを造り、各小学校に寄贈している。内容は打倒アウディ・クワトロとの亀兎レースでした。(どなたか当時の映像フイルムをお持ちではありませんか? もう一度見てみたい。 ついでにマックィーンのホンダ・エルシノアの5分バージョンのCMも見てみたい)



 ちなみにオイラは「東海大学 工学部 金属材料学科 機械材料専攻」卒業の学士です。ががが、が。 オイラの流転の始まりでした。
     蛇足的に懐かしき友へ下記の写真をUP
     toukaidaigaku.jpg