作曲:ベートーヴェン
  作詞:玄奘三蔵
  編曲と歌:つのだ☆ひろ

     ゴスペル風
    「般若心経」


   今年はお付き合いありがとうございました。
   来年もお付き合いよろしくお願申し上げます。




   今年もあと2日  

 オイラには反省が無い。昨日を返り見るコトが無い。
 なれど、この1年を振り返ってみたい。

    ♪ジャンジャカジジャーnnnnnnN 三大ニュース
   まずは第3位 「後輩の結婚」
 20代前半の若者達と六本木で知り合って10年以上。なんとなくの連絡が取れ交流が続く彼らのふたりが結婚した。
 ひとりは東京での夢破れ、名古屋で結婚式を挙げた。 5年前の父親の死を機会に郷里に帰り、ガーデニングプランナーとしてドカチンが板についた彼は取引先の事務員をうまく口説き落としたらしい。知り合って2年弱。母親との同居生活は上手くいってるのであろうか? 来年には子の顔が見てみたい。
 もうひとりはマカオに流れた男。籍も入れ一緒に住んでいるらしいが12/19に盛大な式を予定していたらしくオイラにもぜひ出席してほしいと言っていた。しかし、仕事が忙しく来春に延期するメールが10月にもらっていた。 相手は澳門在住のポルトガル人とのこと。ヨーロッパから流れ着いた2世3世の現地人を嫁さんにする彼の選択は彼らしく微笑ましい。 そんなたくましき男に乾杯。
 どちらのカップルにも月並みながら「おめでとう、幸多かれ」

   続いて第2位 「先輩の死」
 7/16先輩である石井信平氏が亡くなった。67だった。 
 何度かオイラのブログにもUPさせていただきました。ご冥福を祈り哀悼の意を捧げます。
 同時に忌野清志郎氏・大原麗子氏やマイケルジャクソン・森繁久弥氏など多くの有名人も亡くなり、来年は誰?
 そして、死と云えばブログ知人の自選死。安否情報を求め、警察へも出かけましたが真ともな対応は受けられませんでした。
 また、時々でも覗きに立ち寄るブログの停止・休止が多かった。特に名古屋U氏の休止は惜しまれる。 「お福池『睡蓮』復活・再生プロジェクト」なんてのブログ再開を待つが・・・・・

   さて、第1位 「やっぱり、オイラの私的事情」
 遊助ことyuusuke320は今年の6/12で60歳の還暦を迎えたのである。
 書くことでも隠すことでも無いがあえて改めて書いてみた。
 昭和24年の1949年産まれの同輩はみんなG3BA3ばかり。 でも、みんな元気です。あと何年・何食食べ続けられるだろうか?
 この先20年としてみよう。
 40から60までいろんなことがあった。
 会社ゴッコ解散・六本木で珈琲屋をオープン・閉鎖。1年ごとの転職・流転。 四国88寺の遍路道を30日間歩いたナー 悪性リンパ腫手術が3年前。
 20から40までは遠い記憶と短い追憶。
 都会に憧れ上京・都心から90分の田舎暮らし(蛙と落花生と学園紛争) 映像会社で全国各地のロケ転撮 結婚・年子の息子2人・離婚 グロリア大破の交通事故も起こしたナー
 二十歳までは新潟・柏崎で戦後の農地解放で強制取り上げされた没落地主の三男として生まれ、ボンボン生活。田圃数枚が学費に消え、楽しき大学生活を送った。
  と、60年を振り返るとこの先の20年も長いなー
  『Aaaa-a』 ため息しか出ないなー
  自然死を待つ前に自選死でもの誘惑に駆られます。
  なれど・・・されど・・・『たかが60年の過去』

 さて、1年1000食の今夜はどんな命をいただこうか。「命ありがとう」の感謝を捧げつつ台所に立とう。



2009.12.29  青の洞門
 年の瀬も迫った今日は「トンネル記念日」です。
 1929年(昭和4)、7年の歳月とのべ240万人の工事動員し、上越線の土樽~土合の清水トンネルが貫通した。全長9704mの当時日本最長のトンネルでした。 その後、新清水トンネル(1963年着工、1967年9月28日開通 全長13,490m ) 大清水トンネル(1979年完成、1982年11月15日開通 全長22,221m )と東京ー新潟を結ぶ鉄道をオイラは多いに利用しています。

 でも、トンネルで思い出すは中学に読んだ本で大分・青の洞門のフレーズが忘れられません。 で、今回調べてみた。
 本は菊池寛の小説「恩讐の彼方に」であった。と推察できた。
 内容・あらすじは
 越後国柏崎生まれの主人公、市九郎は、主人である浅草田原町の旗本、中川三郎兵衛の愛妾であるお弓と密通し、それが三郎兵衛の知るところとなり、手討ちされそうになる。とっさに反撃に出た市九郎は、逆に三郎兵衛を斬ってしまう。市九郎は、茶屋の女中上がりのお弓にそそのかされて出奔、中川家は家事不取締に付き、お家断絶と沙汰される。
 東山道の鳥居峠で茶屋を開いた市九郎とお弓は、表の顔は茶屋の夫婦であるが、その裏で人斬り強盗を生業として暮らしていた。
 江戸出奔から3年目の春、自らの罪業に恐れをなした市九郎は、お弓の許を離れ、美濃国大垣在の真言宗美濃僧録の寺である浄願寺で、明遍大徳の慈悲によって出家を果たし、法名を了海と名乗り、滅罪のために全国行脚の旅に出た。
 享保9年(1724年)秋8月、赤間ヶ関、小倉を経て、豊前国に入った市九郎は、宇佐八幡宮に参拝し、山国川沿いにある耆闍崛山羅漢寺を目指した。樋田郷に入った市九郎は、難所である鎖渡しで事故によって亡くなった馬子に遭遇した。そこで、その難所の岩場を掘削して、事故で命を落とす者を救おうという誓願を立てる。
 近在の人々は、そんな市九郎を狂癡の僧として扱い、見向きもしなかった。しかし、それが多年に渡ると、何度か石工を雇って力を合わせようとするが、難工事のゆえに、長続きすることはなく、また、市九郎一人に戻る始末であった。
 月日が経って、18年目の終りになり、中津藩の郡奉行に計らいにより、ようやく石工を雇って、掘削作業を進めることができるようになった。

 多分、先生が地元柏崎生まれの市九郎が主人公ということで皆に読ませたのでは?と思うが改めて読んでみたいと思った。
 同時にネットで調べた大分・耶馬溪青の洞門に行って見たいと思った。
     aodombig05.jpg
 小説を持って、山国川に沿ってノンビリ歩いてみたいものである。
 時間が有れば国東半島の臼杵石仏・両子寺・富貴寺等の国東霊場廻り。どうせなら九州36不動尊巡りもいいですね。 時間はあるが金がない。来月の宝クジの結果を待ちましょうか・・・





 「斧で木を立つ」こと、すなわち『新』なり。
 と、今年の漢字がきまりました。
 破壊こそ創造の第一歩。 小沢ガンバレ。

 一文字書くイベントで清水寺には100万円の寄進が入るらしい。 霞ならぬカスリで生きながらえる遺物喰いも大変ですね。

 そして、創作四文字熟語で気になった文字は
 「薬禍騒乱(やっかそうらん)」・・・百花繚乱
 薬物使用にタミフルと。来年も大輪を咲かせる事でしょう。
 「顔面総白」になった「五輪夢終」で番外の「案外誤読」
 オイラは「始終婚活」なれど「阿美共感」の日々。
   あぁ、この心。なんと名づけん。


 日本海側の降雪も一休みです。
 越後・柏崎は雪も溶け、新年の準備に忙しい。 とのメールが届きました。
 柏崎から20kmの内側の長岡・国営越後丘陵公園に設置されているライブカメラ4台も曇り空を映しておりました。
     kouen3.jpg
       リアルタイムはここをクリックを。
    来年、春こそ「雪割草」を見に行きたいものである。


   1226a 001

 海上自衛隊では毎週金曜はカレーの日だそうです。艦船乗りのように大海原を漂っていると曜日を忘れるようです。 
 秋に横須賀に行って来ましたがやたらに目立つノボリは敦賀・舞鶴と「元祖カレー」を争っていました。

 今夜のオイラは鱈・鮭・海老・帆立・ツミレの「海鮮寄せ鍋」です。 火を止める寸前に水菜を放り込みました。シャキシャキ感がたまりません。

          1226a002.jpg




 サンタさんがこの世に居ないことを知ったのはいつのころであろうか・・・  でも、この年になると、「要るのでは?居てほしい。」と思うのはナゼでしょう。

 NEW JAGUAR XJ が発売されております。
 スタイルや性能もさることながら、オーディオがスゴイ。
 1200wのアンプと20個のスピーカー。
 あの狭い車内空間に20個もの〇スピーカーが埋め込まれているんです。それもBowers&Wikinsのスピーカーです。
 およそ車やオーディオに興味のない人にはトンチンカンでしょうが貧乏なれど優雅な生活にあこがれるオイラはせめてその想いだけは持ち続けたいと願っております。

 今年もサンタさんからのプレゼントは届きませんでしたが明日があるさ。


2009.12.24  Silent Night
       

 無神論者であるオイラが年に一度、教会に足を運びたくなる日です。 残念ながら、未だ実現しておりませんが・・・

 エルヴィス・アーロン・プレスリー (1935年1月8日 – 1977年8月16日)が42の若さで世を去ってから、もう30年以上になります。彼の娘リサ・マリー・プレスリー(1968年2月1日 - )の元夫マイケル・ジャクソン(1958年8月29日 - 2009年6月25日)も今年亡くなった。

 と、人の死を悼む前に「すべての人々に平和が訪れますように」と静かなる夜に祈りを捧げよう。

 下の写真は暗くてよくわかりづらいかも知れませんが、いつもの公園です。 多くの人々が集まっていました。ボランティアの炊き出しを待つ人々です。

       1215aaa01.jpg



 やっと、パソコンが直ってきました。
 放熱ファンの内部目詰まりでカットダウンでした。
 ハード修理よりも、問題はソフトです。

 DELLサポートへ電話。 期限切れのウイルスバスターがジャマしているようで「削除で解決?」 と、一行で書きましたが、シッテンバットウの3時間。電話を持つ左手が痙攣しています。

 これからメールや御無沙汰の登録ブログへの散歩です。
 勤務前にウイルスバスター最新版を買いに行きます。


2009.12.23  So Far Away
        

 ヌクヌクとした事務所でうたた寝してました。
 キャロル・キングの歌声が聞こえてきました。

   1223a 001

 寒波に襲われた日本も東京だけは1200万人の憎悪と阿鼻叫喚の熱気で青空が広がっておりました。
 オイラはチト足を延ばして、郊外のスーパー銭湯へ。

 桃栗3年、柿8年。
 柚の大馬鹿18年、銀杏の気違い30年。

 「冬至」になそら得た「湯治」に「ユズ湯」を求めん。

        1223a002.jpg

 「トン汁+カボチャ=ホウトウ」

     1223a 003

 フトコロは寒いがホウトウで温くなったので「オヤスミ」です。