朝日新聞土曜の朝刊には「be no Saturday」なる別誌があります。 先週は懐かしきフォークの「サルビアの花」のことが載ってました。
  (ちなみに昨日は「宗右衛門町ブルース」でした)

 72年4月「もとまろ」 
 録音時高校3年生だった3人組の彼女たちはプロになることなく、普通の大学生になった。 今では孫に囲まれていることでしょう。中には×1も?

 元歌は69年、ロックグループ・ジャックスを解散して出したソロアルバムの1曲で、作詞:相沢靖子・作曲:早川義夫です。
  

 あの70年代の篤い時代はなせかマイナー調の曲が流行っていました。
 「悲しくてやりきれない」「神田川」「時には母のない子のように」「ひとりねの子守唄」「さよならぼくのともだち」
 盲目歌手の長谷川きよしに黒メガネの森田童子やバイオリン片手のさだまさし。山崎ハコも居たナー  演歌では「圭子の夢は夜開く」や北原ミレイ「懺悔の値打ちもない」  etc etc 

 みんなジーサンバーサンになってしまいました。
 駆け抜けた青春・遣り残した青春に向かって第2の青春を謳歌すべき時期に差し掛かっております。 オイラもガンバろっと。


     omake 眠れない夜  




    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
       第31回「小海線の風」



 毎度おなじみの流転の番組、タモリです。
 月末恒例の鉄道企画の時間がやってきました。


 なにゆえ、山奥にも関わらず、「小海線」なのか?

 JR小海線は長野県の小諸と、山梨県の小淵沢を結び、JRのなかでは日本一高い場所を走る線路。なぜか不思議と目につくのが「海」のつく駅名。特に長野県南佐久郡の小海町から南牧村にかけて「小海」、「海尻」、「佐久海ノ口」と、海の付く駅名がかたまっています。
 これらの駅名はいずれも、地元に昔からある地名がもとになっている。 

 事の起こりは、1100年ほど昔にさかのぼる。
 時は、仁和三年(西暦887年)、というから平安時代、遣唐使が廃止される少し前ぐらいの話。この年の七月三十日、大暴風雨により八ヶ岳が大崩落し、千曲川に沿った六郡が大水害に見舞われたという。 また、翌仁和四年(西暦888年)五月八日付でも(水蒸気爆発が原因とも地震が原因ともいうが)、同様の八ヶ岳崩落による千曲川流域の大災害が伝えられている。
 同じ災害が別の日付で伝わったのか、同様の災害が二年連続したのかは定かではないが、八ヶ岳の天狗岳と硫黄岳の東側斜面が大きく崩れた跡は現代でも見て取れる。
 とにかく、崩れた八ヶ岳の土砂は大泥流となって大月川に沿って流れ下った。この大泥流は、千曲川まで達すると、さらに下流の千曲川と相木川の合流点まで進んだらしい。

 ただでさえ、大雨で水量が増しているところへ大量の土砂が一気に流れ込んだのだから、たまったものではない。千曲川はこれより下の流域で大氾濫を起こし、被害は甚大だったという。遠く新潟県境の辺りまでもが水害を受けたと伝わっている。新潟県境に近い千曲川下流域にまで、大水害をもたらした八ヶ岳の崩落は、上流域では千曲川とその支流を塞いでしまった。
 この崩れた八ヶ岳の泥流によって塞がれた千曲川と、その支流の相木川は、それぞれ、塞がれた地点より上流に、巨大な天然のダム湖(せき止め湖)を形成することとなった。

 本流である千曲川をせき止めてできた大きな湖と、支流の相木川をせき止めてできた小さな湖。この二つの湖が、共に「海」と呼ばれて地名の元となったと考えられる。

 支流の相木川にできた小さな湖は「小海」と呼ばれ、それが(現代の町名としても残る)地名となった。一方、千曲川にできた大きな湖は、なんと呼ばれたかは、地名として残っていないため定かではない。

 だが、湖に千曲川が流れ込む部分が「海ノ口」、反対の湖の流出部が「海尻」と呼ばれ、それが現在の南牧村内の地名として残った。

 この湖のある状態は120年余りも続いたようだ。地名が定着するには充分な長さだろう。
 次の大きな変化が起きたのは、平安時代後期の寛弘八年(西暦1011年)八月三日。大きい方の湖が大決壊し、千曲川の下流を大水害が襲ったのだ。水害とともに誕生した湖は、120年を経た後、再び大水害を呼びつつ消えていった。

 小海のほうの小ダム湖が、いつ決壊したのかは定かではないが、「小海」が地名として残っているくらいだから、この時一緒か、それ以降ではなかろうか?

 いずれにしても、現在は小海と呼ばれた湖も姿が無い。
 こうして、1100年ほど前に出現した大・小二つのウミ(湖)は、姿こそ消えたものの、名前だけは「海」として、小海町と南牧村の地名に残っている。


 
 流れる車窓風景に朗々と語られる言葉は理解を越え、意味をなさない処がカミタモ風祝詞である。
 旅の足跡は「高原の風に吹かれながら」をクリックしてほしい。



 ワァーイY! 地デジ設置完了。

  だが、トラブル発生
  寝ぼけてテレビを倒してしまった。

   1029z002.jpg

    液晶が割れてごらんのように。
    やっぱり、変え買えなのか?

    写真もピンボケだしー

    どうしてオイラは不幸なのでしょう。



 
 古来より花と云えば、春の梅と秋の菊を差していた。
 どちらにも共通するは「ほのかな香り」と「食べれる」ではないでしょうか。
 しかし、明治政府は西洋化を進めるにあたり、ハンナリのほのかを捨ててしまった。代わりに滅私奉公・散り際の美学を国是とし、『櫻』を推奨してきた。「サイタサイタ、サクラガサイタ」と国定教科書を使い、「靖国の櫻の木の下で会いましょう」と突撃していった。
 戦後は各地の桜守の人々や名古屋金沢を桜でつなごうと植え続けた佐藤良二氏などのボランティアに支えられ、国民花になってます。 また、伊豆高原の「さくらの里」では夏を除く9ヶ月間桜の花見ができます。
 目茶苦茶な開国論者井伊大老が暗殺されたのが江戸城サクラ田門であったのは歴史の皮肉か? 東京市長の尾崎行雄がワシントンに桜を送り、返礼にハナミズキが日本に入ってきたことを知っているのは何人いるでしょうか?

 てな戯言に関係なく、明日は「香りの日」です。
 マカオの友人が取り扱うお香「五味香」にニューバージョン登場です。螺旋状の長時間タイプです。広い部屋や人の出入りの多い場所に抜群です。
   20100927_493470.jpg

 オイラの6畳間には香りが篭り過ぎるのでは? と、いままでの円錐型を使用してますがどなたか興味のある方はコメントください。(シークレットをポチッ押せば他人には読まれません)

 さて、明日の「香りの日」に花を贈ろうなんて考えている人は居るのであろうか?  オイラ? 残念ながら居ません。サミシー




 『ラトラーター』? なんぞや?
 ライオン+トラ+チーター らしい。
 仮面ライダーオーズ 「ラトラーター」 コンボ  だそうだ。
   強そうではあるが  tato.jpg

 オイラにはふたりの息子がいる。(嫁には逃げられたが)
 ふたりとも30過ぎて未だにプー&独身なのである。
 オイラに孫が居たら仮面ライダーで遊んでいるのだろうか?

 子育てど真ん中のパパママ、「がんばってやー」


 omake 「ネズミキツネサル」なる動物は実存しています。



   もう、冬? 


 オイラのアパートは地デジアンテナがありません。大家をせっ付くが返事がなかった。そんな大家の代理のJ:COMが乗り込んできた。
 69チャンネル・2チューナーで録画もタップリ・光ネットetc 月々9500円ですべてが快適に。なんて、ホザク。 ジョーダンではないゾ。本来TVは無料のはず。アンテナ設置は大家負担であるはず。
 てな、悶着があり平行線が続いていたがやっと決着。
 で、あすJ:COMの専用チューナー導入工事となりました。
 地デジのみ無料なり。ただし、ネットの変更が条件でした。

 と云う訳でADSL12Mから光40Mへかなり早くなりそうです。
 ですが、今までの@nexyzbbアドレスが使えなくなります。
 不安が募るがさて、どうなることでしょう?
 メールの変更や返信は? ブログは出来るのかいな? etc

 テナわけで明日からの混乱が予想されます。
 該当するみなさん、無知でゴメンなさい。

 明日からのブログネタを今から仕込みます。


 新規テレビ購入予定が不要になったことでどこか旅に出たいナー 大糸線で紅葉を楽しみ、日本海の夕陽が眺めたいナー ついでに、実家柏崎のお袋の顔でも見てきましょうか・・・



2010.10.27  天狗推参!
 東横・みなとみらい線で横浜・馬車道駅を降りました。
1927z011.jpg 1027z021.jpg
 神奈川県立歴史博物館「天狗推参」展の見参です。 建物は
   旧横浜正銀行本店 1027z023.jpg

 9時半、到着ながらかなりの人出でした。
 その上、学芸員・ボランティア・警備員まで。
 でも、オイラは相変わらずの盗撮。

    1027z013.jpg
  国宝の金銅毘沙門天像懸仏と金銅毘沙門天像(鞍馬寺)
1027z019.jpg 1027z020.jpg

  第1章 天狗推参! -中国から天狗がやってきた!?-
  第2章 魔界転生 -外法と習合する天狗たち-
  第3章 天狗のかたち -鼻高天狗の登場-
  第4章 江戸時代の天狗 -天狗への眼差し-
  第5章 天狗信仰の広がり -天狗の民俗的世界-
 からなるさまざまの畏敬異型の200点以上の展示でした。

 国宝 辟邪絵 (奈良国立博物館)
CCF20101026_00000.jpg
  慌て逃げる天狗UP 1027zzz001.jpg

 モノノフは厭魅・呪詛・調伏から陰陽道へ
 役の行者から飯綱権現・秋葉権現へと発展していった。
 そんな中、荼枳尼天 WHO?
 諸人の現世欲望をかなえる除災招福の本尊として、博徒や遊女・被差別階級等にも広く信仰を集めた。

   その勇ましさは 1027z014.jpg

 舞楽面となり、天狗面・能面となり、庶民信仰へ。
 誰もが知っている有名なのは、歌川広重画・保永堂版東海道五拾三次之内「沼津」黄昏図ではないでしょうか。 (背負う天狗面に注目)
   00180756000301.jpg

 そして、現代では高尾山の天狗がお手軽山歩きとして注目。
 懐かしいところでは嵐勘の鞍馬天狗と松島トモ子の杉作か?

 オイラは富士塚の小御嶽神社の大小天狗石像のルーツとして、興味深く観て来ました。

 2時間タップリでした。昼は中華街へ、と表に出たら目の前の味奈登庵のソバノボリ「富士山モリ」が飛び込んできた。
   早速チャレンジ 1027z027.jpg
 ヤッパリ今回も失敗してしまいました。遭難しなくて良かった。





2010.10.26  攘夷の嵐
 1853年  米国艦隊4隻のペリー提督、浦賀来航
 1860年  井伊大老、桜田門にて暗殺
 1868年  薩長を軸にした明治政府 樹立発足誕生

 「泰平の眠りをさます上喜撰たった4杯で夜も眠れず」
 洒落唄の表舞台ではタッタ15年の間に多くの血が流された。

 テロか正義か?
 武骨な気魄映画「桜田門外ノ変」を観てきました。

 ラストカットの現在の桜田門から横にカメラがパーンして、国会議事堂で静止しフェードアウト は何を意味しているのでしょうか

 やはり、2時間では原作の吉村昭氏の鉄之助700日の逃亡を描ききれませんでした。むしろ、端から見る人への経過説明と襲撃とその後でした。

 特に印象に残ったのは榎木孝明演じる武田耕雲斎です。
 なにゆえか? といえば、
 事件後の政変と徳川家茂死去後の慶喜へ攘夷敢行を訴えた天狗党騒乱への発起と続くのであった。
 オイラブログ 「天狗党、旗揚げ。 武装蜂起!」
        「天狗党、京の都へ西上」
        「天狗党。823名の行方は・・・」
        「「天狗党」を旅したーい 」



 
 井の頭公園の歌姫 

9時前後のJR湘南新宿線にて藤沢発。
 渋谷にて井の頭線で西永福着。約90分なり。
 ちなみに、JRからの通路に岡本氏の「明日の神話」あり。
 歩10分で大宮八幡宮にて秋桜を眺める。
   (満開の春桜を連想するとガッカリですが・・・)
11時、開店の永福町・大勝軒にて魚介スープのラーメンを食す。
  (富士見が丘駅では富士山は見えません)
  (高井戸駅には茶色の東京温泉が湧いてます)
  (吉祥寺のひとつ手前の公園駅で降りましょう)
12時、井の頭公園散歩と北村西望記念館 (併設動物園あり)

  長崎平和の像作家北村氏の『偈』を発する日蓮上人  
510z037.jpg senngai003.jpg
  右は仙禅師の描いた『偈』の掛け軸です。

03時、公園名物いせやにて焼き鳥で一杯チョイトひっかける。
04時、新宿都庁の無料展望台にて富士山とスカイツリーの眺望
  (歩5分、成子天神にて成子富士塚を登れぬが見る)
  (西口のおもいで横丁にて昭和の飲み屋探索)
06時すぎ、予約していた小田急ロマンスカーにて帰宅。

  まぁ、旅は立案・実行・思い出創り、が楽しみでありますがー




 頭ハラワタを除いた秋の秋刀魚を煮魚にしました。
     1024zzzzz009.jpg
 梅干を2個入れて、甘辛く濃い味付けにしました。
 圧力鍋があったら、骨まで喰らうのだが・・・

 御飯は具のない醤油の炊き込みご飯にしてみました。
 (具のない炊き込みご飯を桜飯・茶飯とも云いますが・・・)

 次回は関西風に蛸足輪切りと桜の花弁の塩付けで本物の桜飯にチャレンジしてみたいですね。