630w099.jpg

 高崎-直江津の信越本線・横川駅-軽井沢駅の碓氷峠の第三橋梁です。

   630w092.jpg

1891年(明治24年)着工、レンガを積み上げ、2年後完成。

630w104.jpg 630w098.jpg

 全長 91m、川底からの高さ 31m、約 200万個のレンガを使用。

   630w102.jpg


 明治17年、群馬長野の境の中山道最大の難所碓氷新道が完成した。
 今も残る国道18号旧道の200近いカーブを走ってきました。
  「鉄道と峠の町、群馬県安中市松井田町 横川・坂本」
 megane01.jpg
 峠越えの歴史とアブト式旧線の遺構探索の詳しくはクリックしてね。


 昨年5月オイラは北海道真ん中の糠平(ぬかびら)へ行って来た。
       oo03zz154s.jpg
 わずか16年しか使われなかった昭和のタウシュベツ橋梁はクリック。


 橋梁に敷かれた線路上には234段(数えたわけではなく適当アテズッポです)の階段が整備されてました。
630w115.jpg
 すでに鉄路ははずされており、落下防止の手摺まで完備の遊歩道。
630w120.jpg 630w145.jpg

   630w113.jpg

 鉄路を敷くとは、山があればトンネルを掘り、谷があれば橋を掛ける。 この当たり前のことが目の前に改めて広がりました。

630w134.jpg 630w110.jpg
 トンネルの先には何がひろがるのか、少しだけ歩いてみました。
630w146.jpg 630w138.jpg
     630w139.jpg
630w125.jpg 630w127.jpg
                トンネルの向こうはまたトンネル。


 630w124.jpg

    闇のかなたに希望の光が・・・・・ 神よ我にも光を!




 ハイ、「光を」  H7年に行なわれたライトアップです。

         megane008.jpg




  タクロー「フキの唄」 


 AM7 渋谷の勤務先、マンションフロント前の立哨風景。
 「おはようございます」 いつものアイサツです。
 「これ食べます? あげますわ」 渡されたのは大きなフキです。
 同世代のオバハン、いつもの散歩で明治神宮に生えていたそうです。
 見慣れたフキの極太モノ。すわ、放射能汚染モノか?
 イエ、秋田や北海道に自生する種だそうです。

 ネットで調べ、スジを剥き、5分の下茹でです。
fuki005.jpg fuki006.jpg

fuki008.jpg 甘辛煮プラス揚豆腐と竹輪を加え

 江戸時代、秋田藩主の佐竹義和(義峯公とも)は江戸でこの傘の代わりにもなるフキの自慢をしたところ、他の藩主から信じてもらえなかった。そこで、藩主の名誉のために、領民は山野を捜索して一本の巨大フキを江戸に運び、藩主の名誉を回復したという。

fuki009.jpg fuki010.jpg

 スジが残っているのでは? と、そのまま煮たのが大正解。
 表皮をむくようにかじり食べたらおいしかったです。

 ですが、フキには肝毒性が強いピロリジジンアルカロイドが含まれているため、灰汁抜きをする必要がある。なる記述もあり、チト気になりますが・・・・・


  照り突ける路に草冠で被ってあげると『蕗/フキ』になります。
  幻覚作用を起こす種もあるとのことですが「飛びますトビマス」
                 とトリップしてみたいですネ。



    トリップした先は水の中の天下泰平?
     taiyaki073.jpg

 和菓子の日本橋屋の「天下鯛平」と名づけられたドラ焼きと「金魚すくい」と名づけられた季節水菓子がデザートでした。





  飛んでみたいです 


 いつも空を見上げていた。天を視つめていた。
 いつか、空を跳びたい。アノ大空を舞ってみたい。

 想いは行動に。

 まずは体力を付けること。筋力トレーニングに励んだ。
 知力にも挑んだ。羽の動き・動かし方も学んだ。

 そして、高い木に登った。
 イザ飛び発たん。

 しかし・・・・・・・・







 ニワトリは鶏でしかなかった。
 大空を飛ぶことは出来なかった。


 努力しても報われないことが有る事を知った。のか、チャレンジすることの有意義を悟ったのか?


 6月28日の今日は「ニワトリの日」である。
 ニワトリの日があるならば。と調べてみれば、8月10日は「焼き鳥の日」だそうです。
 オイラブログで焼き鳥日本一の戊辰戦争を書いたのは2009.09.07が最後だが記録は破られているのであろうか?


 2羽の鳥と云えば、オイラが注目している「朱鷺」はどうなった?

 佐渡の7組ペアすべてが抱卵をやめ、巣を離れたと発表していた。
 今年も放鳥朱鷺からの2世誕生の吉報は残念ながら無かった。

 されど、出雲市での分散飼育では2組のペアから11羽が順調に育っているとのうれしい報告もある。


 2羽の鳥と云えば、仲睦ましいしい夫婦のことをオシドリ夫婦と言いますが、自然界の鴛鴦は毎年ペアを替えるらしい。
 セッセとふたりで子育てをする光景からオシドリ夫婦と称されるようになった。となにかに書いてあった。

 独り者のオイラはさしずめ、世間のはぐれ鳥。
 イエイエ、大空へ舞いたいと木から飛び降りた翼の折れたフェニックス。 いつの日か、天女の羽衣に包まれて一緒に天空へ昇天してみたいもんだ。



   






 球体オタクのオイラにはドーム屋根が印象的だった。
627w1202zaq023s.jpg 627w017.jpg

 渋谷にある(あったと云うべきか?)東電の広報施設・電力舘がヒッソリ閉館してました。ここも売却対象なのであろうか?
 でも、こんな時こそ。
 貯蔵できない電力の必要性を訴え、尾瀬沼保全活動にも取り組んでいた企業理念をPRするべきではないでしょうか? 想定外の原発事故に立ち向かう速報をわかりやすく発信する施設があってもいいではないか。
  東電ピーアール株式会社が運営するHPも閉鎖されてますが、こんな時こそ「みんなの広場」的書き込み自由を開放して、市民レベルの声に真摯に受け止める施設であってほしかった。

 電力舘のとなりのビルごと一棟カラオケ屋さんのメッセージが。
627w018.jpg 627w019.jpg

 オイラの住むアパートの近所に東電グランドがあります。東京ドームとほぼ同じ広さが有り、杉並区へ売却するらしいです。
 グルっと歩いてみました。 太い桜の樹が印象的でした。

627w038.jpg 



 ××日目。
 東京直下地震による広域避難所の下高井戸仮設住宅でヒッソリと老人が亡くなっておりました。近所付き合いも無く彼はひたすらネットで膨大な書き込みを続け、時にその惨状を生々UPしておりました。
 ある日の書き込みを最後に途絶えた情況に応援する人々の書き込みだけが残されています。
 電気代も払えず、止められていた模様です。
 死因は栄養失調による餓死とみられます。

 なんていう最悪のシナリオにならないよう祈りたい。






  『再度のでごめんなさい、急に会いたくなった
 なるメールを目黒川クルージングに行った姫からもらいました。
 早速ホイホイと出かけました。
 連れて行かれたCaffèで・・・・・





    後日のサンプル写真  626w021.jpg
    (当日写真は操作ミスにより削除してしまいました)

 1斤の食パンを使ったハニートストをひとりでは食べきれないので誘った、とのこと。  ジャンジャン


  おまけショツトです。
626w025.jpg 626w027.jpg




 
rose002.jpg rose004.jpg
rose006.jpg rose009.jpg

    『The Rose.』 

 曲名「The Rose.」歌うは BETTE MIDLER (1945年12月1日 - )
 1979年製作、マーク・ライデル監督の映画でヒロインのローズはジャニス・ジョプリンがモデルなのである。
 そして、ベット・ミドラーには88年の「フォーエバー・フレンズ」という印象的映画が思い浮かぶ。

rose007.jpg rose011.jpg
rose048.jpg rose045.jpg
rose044.jpg どうしてこの花が「金糸梅」?


 今夜はこれから雲が切れ、天空に月と流星が見れるであろうか。
 
 両曲とも手嶌葵(てしま あおい、1987年6月21日 - )さんが歌っているのですが、ホンワカとしたマッタリ感がオイラは大好きです。




    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
      第59回 「秋田・雄勝線」

 秋田・湯沢市です。 流転の番組、流れ者のタモリです。

奥羽線湯沢駅から雄勝郡羽後町を結んでいた雄勝線廃線跡を歩きます。
  okati01.jpg

 1928年(昭和3年)8月10日 湯沢 - 西馬音内間にて電気鉄道路線開業。
 1935年(昭和10年)2月13日 西馬音内 - 梺間を延伸開業し、全通。

 開通以来、苦しい経営が強いられ電気代が払えず肝心の電気が止められたりした。(1971年7月26日 電化廃止、内燃動力化)

 1967年(昭和42年)12月1日 西馬音内 - 梺間を廃止。
 1973年(昭和48年)4月1日 湯沢 - 西馬音内間を廃止し、全線廃止。

 元々。大正時代に「釜石 - 横手 - 本荘間」を結ぶ“陸羽横断鉄道構想”の一部着工が行なわれたが「壮大な構想」で終わった歴史がありました。

               1963年雄勝線乗車記録
               雄勝線廃線跡を歩く
              それぞれクリックで飛びます。 



   あぐりこ駅舎跡近辺にて、突然。
   「出たな! 妖怪ババァ」
   山形県米沢市出身のあき竹城さん登場。


 昔々、杉宮村って村に、“あぐりこ”っていう娘っこがひょこっと現れだんだけど。
 大した容姿の良え娘っこでな、みがけによらず働き者で、みんなの家を回って、助けて歩っていたんだけど。助けて貰った家では、大した喜ばれだってよ。
 あぐりこに、「あした、もう一日、手伝だってきねか?」
 と頼むと、次の日にはちゃんと現れた。
 じゅんじゅんと回って歩くうち、皆も“ああ、明日は、おらえの番だな。”と、楽しみにして待つようになった。

「あぐりこ、あぐりこ。おまえ何、一番好ぎだけな?」
「おらあ、油揚げ好ぎだ」
 そんなわけで、みんなで油揚げ料理作って、あぐりことこ、持って行ったんだけど。

 けれどもあぐりこが、どこに生まれて、どういうわけで杉宮の村に来たかを知る人は、誰もいなかった。
 それを聞いて仕舞えば、それに触れて仕舞えば、あぐりこはもう二度と現れなくなるのではないか、そんな気がしたからだった。

 でも、聞いてしまった馬鹿が居た。

 「あぐりこは、何じょうしたべ?」
 皆はそんなこと言ったけれども、現れなかった。

 それからまた半年ばかり経ったある晩に、杉宮の肝煎の夢枕にあぐりこが現れて言った。
「だんなさん。おらあぐりこなんしぇ、覚えてなんしか?」
「実はなあ、この度、お上から官位を授かることになってなあ、上納する銭っこ十両足りねで、困っているとこなんし。どうかその十両の銭っこ、村の人達、おらサ貸してきんねべえか」

 不思議な夢をみたな、と思った。
 その上、毎晩立て続けに同じ夢を見るので、肝煎は村の人達を集めて、そのことを相談した。
 そうしたところ、皆は、
 「あぐりこのためにはよ、何だことだって聞いでけねゃばでげねゃ」
 と、言いながらたちまちのうちに十両、集まったのだった。

 しばらくすると、またあぐりこが夢枕に立って、
 「だんなさん、だんなさん。
 お陰様で、めでたく官位、授げて貰ったんし。ンだのも住む家ねゃどて、卑しめられるおで、どうか小っやこくてもええがら、建でて貰われねゃんしべが。」
 「明日の朝まで、杉宮の村外れサ、杉林作っておぐがら、どうかその杉で、お堂っこ一つ作ってたんせ」
 と、三指をついて頼むのであった。

 肝煎が次の日、村外れに行ってみると、何と昨日まで田圃だったところに、何百年も経ったような杉林が青々と茂っていた。
 肝煎は村に戻って、お堂のことを相談した。
 誰一人反対する者はなく、皆で力を合わせて、たちまちの内に立派なお堂を建てた。

 それが『正一位元稲田稲荷神社』“あぐりこ様”のことだ。


       はぁぁ、チカレター。みんなで混浴、入ろうやー
 


 
 先日、秋田にふたつの「日本一低い富士山」を登ってきました。

 いろんな日本一があります。いたる所やアレコレとどこもかしこも日本一が氾濫しています。
 それでも「日本一」はやっぱりインパクトがあります。

  懐かしき「紫の街」 


 漢字で書いても、ひらがなで書いても一文字の「津」は自治体名称として日本一短いです。

 三重県の県庁所在地・津市は伊勢志摩や四日市鈴鹿に比べ目立つものがない。ならば、世界へ売りだそうと立ち上がったプロジェクトは…

 自動車メーカーのマツダは「MAZDA」や調味料メーカーのミツカンは「MIZUKAN」のように「ツ」を「Z」と表記しているのを参考に「TSU」の三文字を「Z」の一文字として「Z CITY」をギネスブックに申請したのである。
 そして、世界一短い都市名として掲載されました。

 「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ」とばかりにZ旗ならぬ「Z市宣言」を高らかに打ち上げたのだが結果は皆さんの認知度のごとくである。

 地道な広報活動は続けられてはいるが行政との連携のままならず、四苦八苦なのです。


 JRや近鉄の津駅では「TSU」が未だに使われてます。
P8150225s.jpg 008tsu-a.jpg


 元々、博多津・堺津・安濃津の「日本三津」と云われ、博多・堺の津が無くなり逆に津だけがが残ったこの地は明治22年の市制で「津市」が正式採用されており、いまさら「Z市」の国際都市を名のろうとは時代錯誤のはなはだしい。

   と、思うのは我ひとりかな?

 元来、津は入り江です。奥ゆかしく慎ましやかに、嵐から人々をやさしく守り受け入れてきた処です。
 FUKUSIMAのように横文字がひとり歩きを始めるとzzzzzzzzzz 
                       おやすみなさい。





  『新しくなる「総合検測車」の愛称を募集します!』
 なる東急電鉄の告知ポスターを見た人のブログのパクリです。

   dr09.jpg

   7月19日までです。詳しくはこちらをクリックしてネ。


 そういえば、他の鉄道各社でも検測車に愛称がついていることはよくあります。
 小田急電鉄は テクノインスペクター 、京王電鉄は DAX(Dynamic Analytical eXpress) 、近畿日本鉄道の場合は親しみやすく はかるくん ですよ。
 それから、新幹線は ドクターイエロー と呼ばれて、目にすることができると幸せになるなどといわれていたりします。 なる書き込みがありました。

         


 ちなみにオイラも思いつきました。
 「Dr,〇9 ドクターマルキュウ」
 そのマンマやんけー なんてツッコミが入りそうですが案外こんなベタなネーミングが受けたりしたり・・・







 「夏に至る」夏至も過ぎ、真夏日が始まりましたが。

 飲めや歌えやの羅漢さんたち。 ナニに浮かれているのだろう。
jou063.jpg jou039.jpg

 渋谷から小一時間、小田急・柿生の浄慶寺へ行ってきました。
 春の桜と秋の紅葉、この時期は紫陽花がチト有名なお寺です。

jio042.jpg jou049.jpg
jou047.jpg jou028.jpg

 この浄慶寺には50体近くの五百羅漢が増殖中です。
 どちらも表情豊かです。でも、ハイテク僧も居ました。
jou004.jpg jou003.jpg
 デジカメ・パソコン。携帯を打ったり、iPhoneを聞いたりと。

jou009.jpg jou008.jpg
jou014.jpg jou019.jpg

  やっぱり、気になる羅漢さんたち。
jou061.jpg jou062.jpg

jou026.jpg jou053.jpg
  この国はこのままで良いのであろうか?
jou058.jpg jou040.jpg


jou020.jpg jou071.jpg
 七福神のみなさんも集まりだしました。
jou030.jpg jou072.jpg


   花よりダンゴのオイラは jou073.jpg