特急「とき」上野発は実家・柏崎に帰る時良く利用しました。
 上越新幹線が走る前で40年もの昔の話です。5時間以上の記憶?
731w002.jpg 731w004.jpg
  人並みに?学生時代の遠距離恋愛の別れもこの駅だった。
731w006.jpg 731w007.jpg
 公園シンボル西郷ドンの肖像画についてのオイラブログはクリックを。

 「行きたい。でも、行かないだろう」と思っていた空海展、藤沢のS氏に誘われホイホイと行って来ました。
 上野・国立博物館で開かれている「空海と密教美術」展です。

  uid000067_20110617181352f5d5f606.jpg

 上写真は全部国宝。仏像に限らず国宝・国宝ばっかり並んでました。

   第1章 空海―日本密教の祖
   第2章 入唐求法―密教受法と唐文化の吸収
   第3章 密教胎動―神護寺・高野山・東寺
   第4章 法灯―受け継がれる空海の息吹

 北大路欣也の音声ガイドを聴きながら観賞しました。

 国宝の安売りに圧倒するより疲れました。


 弘法大師の諡号で知られる空海というより、「お大師さん」と道行き二人で親しまれている四国88寺御遍路を歩いたのは10年前であった。

 室戸岬・御厨人窟(みくろど)にこもってナンチャッテ空海を体験しようとも祈りと悟りにはほど遠い。

       img_214244_8402543_0.jpg
          当然、いつもながら他人様の写真です。

 





    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
     第64回 「行田馬車鉄道」


 毎度おなじみの流転の番組、振り回されるはタモリです。
 今日は埼玉県・行田市にやってきました。
 行田馬車鉄道の廃線跡を歩こう。 と、集まりました。

   mapbatetu01.jpg

N:吹上 - 行田下町間5.3km にて営業。
  定員は18人(貨車もあった)で日12往復程度 。

 1899年(明治32年)4月26日 忍馬車鉄道が馬車鉄道の営業免許を取得
 1900年(明治33年)12月27日 鎌形 - 佐間間を開業
 1900年(明治33年)12月30日 鎌塚 - 行田間を開業
 1901年(明治34年)
  6月2日 吹上 - 鎌形間及び佐間 - 行田間を開業
  6月2日 作間 - 行田及び吹上村地内間を開業
  6月  鎌形 - 行田間5.3kmを開業
 1904年(明治37年)8月15日 吹上村 - 吹上駅間を開業
 1905年(明治38年)5月 忍馬車鉄道の事業を引き継ぎ、
            行田馬車鉄道が設立
 1923年(大正12年)4月29日 吹上 - 行田間全線を廃止


 「行田馬車鉄道を歩く」にて写真付きで詳しく紹介されてます。


 毎月末は鉄道ネタでお送りしております。過去ライブラリー
   2011.06.25  タモクラ 『雄勝線の妖怪』
   2011.05.28  タモクラ 『蒲原鉄道』
   2011.04.30  タモクラ 『三鉄を見直そう』


   
 オイラは「空飛ぶ紙風船」を造りたい夢がある。
 フワリフアリ浮かび舞うカミフウセンである。

 25日のたけし所の「まる見え」で「球形飛行体」が飛んでいた。 
 防衛技官・佐藤文幸氏が「球形飛行体」をコントロールしていた。
 ネットで検索したところ、テレ東WBS「トレたま」で6月7日に放映してました。

    toretama002.jpg
              2分の動画はここをクリック

 プロペラを8枚の羽でコントロールするそうで、部品はほとんど秋葉原で買い集めている。

 やっぱり、知恵と技術を持っている人って居るんですね。
 まぁ、開発が防衛省技官というのが気になるが一般おもちゃとして売り出しても売れるのでは? でも、特許やナンタラで国防秘密なのであろうか・・・

 しかし、テレビ取材で公開しているところを見ると軍事機密というより無人観察探索偵察にも利用できる側面を持っているのであり、あくまでも真面目に技官が面白がっているように感じました。




 原田芳雄氏主演の映画「大鹿村騒動記」を見てきました。
 お気軽な喜劇です。
 「愛すべき"オトナの喜劇"の誕生だ。」と公式HPには書かれているが、それほどか? とツッコミを入れたくなるがシニア千円は良しとしようか。

 なにせ、この手の人情劇は苦手なのである。
 トラさんしかり、浜チャンしかりなのである。


 和モノに目が向くオイラだが、映画はなぜか? 洋物ファン。 多分、理解できない言葉を音と捕らへ(必死に字幕を追っているが)見知らぬ世界を描いてくれているからであろう。

 オイラの映画ナンバーワンは1967年の「Les Aventuriers」である。
                (と書くのは何度目であろうか)

   

 ラストの要塞島はフランス・シャラント地方のラ・ロシェルという港町の沖合にある「フォール・ボワヤール」で現在はテレビ製作会社が所有しており一般の観光向きに開放していない。そうです。


 映画のロケ地巡りのブログも多数あるであろうが、オイラは中途半端な一徹モノなのでトコトンよりホドホドがお似合いです。





        


 直訴に行って参りました。
 「可能性は否定せず」なるポストマンさんを誘惑するために、勤務明けの電車に乗って着いた先は古河市です。

 まぁ、メインは古河の蓮池を見たかっただけなのですが・・・

727w032.jpg 727w016.jpg
727w013.jpg 727w017.jpg

 会えば、お互い職場のグチばかり。
 でも、普通のサラリーマンを送ってこなかった二人の会話はいつしか「オイラの職場では・・・」とグチがこんなにも『業界の常識と慣行シキタリ』の『変』を自慢仕合うことに・・・
 つくづく世間を確認するふたりであった。

727w025.jpg 727w018.jpg
727w027.jpg 727w020.jpg
727w012.jpg 727w015.jpg

 一輪20cm以上の大輪の大賀ハスが広がる公園はジーサンバーサンがのんびり散歩しておりました。当然、高価な望遠を付けた一団もおりました。


            727w033.jpg
    渡良瀬遊水地を渡れば、埼玉の田園風景が広がります。





  オイラの好きなタクロー 


 オイラは悪性リンパ腫だった。と過去形にしたかった。だが・・・

 5年前顎に膨らんできたコブが腫瘍の塊であり、切開除去手術を行い抗ガン剤の点滴投与により、生き延びたのであった。その後は順調回復して3ヶ月検診でも何も変化が見られなかった。
 リンパ腫(血液ガン)特異性から完治はないのだが「寛解」カンカイなる医学分類により、ほぼ完治といえるでしょう。と医師にも言われ、安心していたのであった。

 だが、今年に入り何やら妖しき動きが音もなく忍び寄ってきたのであった。
 5月の定検で「小豆大の塊が気になるんですけど」と相談したとところ、造影CT検査を受けてくれ、との指示。先延ばししたいオイラは7月15日を指定(特に意味があったわけではない)

 水溶性ヨード造影剤使用についての説明書および検査同意書
 今回実施するCT検査は・・より性格に明らかにし今後の治療に役たてること・・・まれに副作用が・・・
 1 軽い副作用:ナンタラ
 2 重い副作用:ナンタラ
 3 非常にまれですが、病状・体質によっては死亡する場合もあります。その確率は、約40万人に1人、つまり000025%です。

 なる、脅し? 病院側の防衛処置的一文に署名挿せられました。いえ、しました。

 まぁ、今時の文章ですがオイラが驚いたのは死亡確率です。
 統計推定なのであろうが1億2000万の日本人全員が受けると300人の死亡者を出す検査っ、怖くねぇ?  の印象を受けました。

 そして、先日の結果画像です。(医師に無理してコピーをもらいました。黄色○が問題のコブです)
 
    CCF20110725_001.jpg

 ・・・顎嘩下線・・・腫瘤・・・2cm・・・
 のCT検査医からの連絡コメントメモはもらえませんでした。

 オイオイ、触ってわかるコブが画像となっただけで1万円かい? 「ほかのナンタラ検査を行ってください」って、どういうこと?

 5年も付き合っている医師なので「今すぐ、近近に検査」とは言いませんでした。 たぶん、コブの一部を切るかして細胞組織の分析検査が必要であり、5年前の繰り返しの再現・再発の可能性が大の予感が言葉には出さないが両者の共通認識のようでした。
 そして、 「まぁ様子を見ますか・・・」

 本日の問診210円なり。
 保険制度とそのカラクリがあるのであろうが、医師との対面問診15分で210円って安くないかい? に比べ、億?の装置のCTの輪切り映像1万は高い。 の感想を受けた日であった。

 3ヶ月後の10月定期検査が楽しみです。いつもは2時間前の血液検査をより精密分析するために次回問診の10日前に予約を入れました。

 もし、最悪の悪性リンパ腫の再発であろうとオイラは楽観達観しております。

   『すべてを受けいれる』

 諦めるのではない。諦めたわけでもない。
 「立ち向かう」とか「負けない」とか「ガンバル」はもういいでしょう。やめました。
 でも、「あがく・もがく・しがみつく」がオイラのイキザマです。


  20080110022128b.jpg
          『仙義梵(せんがいぎぼん)』の書

 「死にとうない」とつぶやいて88の天寿を全うした仙義梵和尚より食行身禄さんのようにイキたいものである。


   チト、重い話の長文を読んでいただき感謝です。
   繰り返しますが、オイラは楽観達観しております。






  明日に架ける橋 


 日本橋の三井記念美術館で『日本美術に見る「橋」ものがたり』なる企画展が行なわれてます。行きたい。と想いつつ、オイラは行かない。

 そこで、オイラブログの過去記事から「オイラの橋ものがたり」を企画した。


 まずは、2010.06.01UPのタウシュベツ鉄道用コンクリート橋梁です。
72503zz162s.jpg 72503zz154s.jpg

 2011.06.30にUPした旧信越本線の碓氷峠のめがね橋です。
630w098.jpg 630w145.jpg

 なにもデカイだけがオイラを引きつけるわけではない。
03zz212.jpg 71w073.jpg


 チョイ鉄のオイラは他人様から無断借用で餘部陸橋もUPしている。

 好奇心旺盛なオイラは「夢の浮橋」なる瞑石も取り上げている。
untitled11.jpg
 中国江蘇省江寧山の霊石で、後醍醐天皇が笠置・吉野に遷幸(せんこう)した折にも常に懐中していたと伝えられている国宝級の銘石です。

 オイラの記憶違いか? 雪舟の「天橋立」は見当たらなかった。 

 豊後高田市にある「天念寺・無明橋」や北海道の山岳霊場「太田神社」や四国の「石鎚神社」にもまだ行ってない。(2010.10.06UPより)


   53_htm4.jpg
 歌川広重の「東海道53次/三条大橋」ですが、「実は広重は東海道を歩いてない」なる謎説があります。

 その起点の日本橋へふたたび、戻りました。
 『?』オイラの記憶違いか、日本橋散歩が見当たりません。
 でも、京橋散歩はごらんのように・・・
29w010.jpg 29w012.jpg
 今年の春先の「2011.02.10奇人と鬼才の出会い 」でUPしてます。

 身近な橋で歩道橋がありますが、日本最古をご存知だろうか?
歩道橋1 歩道橋2
 しかし、この名古屋の日本最古の歩道橋が・・・
 の顛末記は右をクリックしてみてください。『?』


 オイラの故郷・柏崎にも国道8号線に「米山大橋」が存在します。

 001yoneyama.jpg

 「米山の麓より」ブログより無断使用です。
 越後富士とも呼ばれる993mの米山への登山記も載っていました。
 オイラも半世紀ぶりに登りに行きたいものである。





 起きろ、起きろ。 朝だぞー
 と、目を覚ましました。 そして、ネット。

 他人様からネタゲットです。

  

 パソコンを見ながらオイラも体操を始めたが・・・

 オイオイ、ついてイケねーぜ。 笑っちゃいました。

 明日の筋肉痛? どこへ請求書を送ろうか?


    おまけ映像です。

     


    ネタ元の田原市・加夢店長に送りつけよう。




    RAY CHARLES 


 ポール・ヴァレリーの詩の一節、「Il faut tenter de vivre.」のフランス語をYahoo翻訳で直訳すると、「生きることを誘うことが必要です。」となった。 
 堀辰雄氏は『風立ちぬ』で「いざ生きめやも」と訳しました。

 「教えて!goo」に「生きめやも」を肯定表現にすると?なる質問で
 『彼のように「いざ生きめやも」と訳すると、「やも」が反語(あるいは疑問)ですので、原詩の意味からは誤訳になる、と知りました。
 では、「さあ、生きよう」「(努力して)生きてゆこう」「生きようと努めよう」という積極的、肯定的な意味の古文にするとしたら、どういう言い方が適しているでしょうか。』
 の投稿に対し、
 『堀辰雄の訳を「誤訳」と断言できるかどうかについては留保しますが、少なくとも堀辰雄は何らかの意図があって「反語」を使ったのでしょう。この点を踏まえると「反語」の要素は残したいものです。
 そこで、
   生きざらめやも
 はいかがでしょうか。「否定+反語→強い肯定」です。』


 ナルホドと感心すると同時に古文や翻訳文学の奥深さにチョッピリ接したオイラに突然。 「山のあな・あな・アナタ」の歌奴師匠の丸顔が浮かんで消えた。



    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
      第63回 「大賀一郎と蓮」


 まいど同じみの流転の番組、呼びかけるはタモリです。
 鉄ちゃん・原田芳雄さんが亡くなりました。
 俳優・歌手だった故人は誰よりも「鉄道」が好きでした。
 皆は芸歴を讃えますが鉄道エピソードもたくさん残してます。
 「安らかに眠れ」と『古代蓮』のお話です。

N:大賀一郎とは誰? 経歴をひも解くと
 1883年(M16年)4月28日岡山県賀陽郡庭瀬村に生まれる。
 1917年に満州の大連へ赴いた。満州では古ハスの実を研究する。
 1951年(昭和26年)、東京大学検見川厚生農場内の落合遺跡で、
  今から2,000年以上前の古代のハスの実を発見。
 1965年(昭和40年)6月15日 死去。

    ooga01.jpg

N:学者としての逸話
 「ハスの花は日の出前に開きます。古来、花が開くときには音がするということが言われてきました。日本放送協会の職員にお願いして、マイクで録音し、分析してもらったところ、はすの花の音はなく、池にいる鯉などの魚や波の音などしか録音されていませんでした」
 言い伝えというものをそのまま信じるのではなく、根拠を探求するのが科学でなくてはいけないという実践の現れである。

N:落合遺跡の発掘品の中にハスの果托があることを知った博士は。
 昭和26年3月3日からボランティアの協力を得てこの遺跡の発掘調査を行った。調査は困難をきわめめぼしい成果はなかなか挙げられなかったが、翌日で打ち切りという30日の夕刻になって花園中学校の女子生徒により地下約6mの泥炭層からハスの実1粒が発掘され、予定を延長し4月6日に2粒、計3粒のハスの実が発掘された。
 翌年、7月18日にピンク色の大輪の花を咲かせた。

 実は、昭和7年、千葉県香取郡滑川町(現・成田市)の長沼川の工事中に出土した須恵器の中に入っていた実一粒を譲り受けていた。
 昭和25年6月1日、ハスの実を発芽させることに成功したが、栽培管理の失敗により50日目にして枯らしてしまったという経緯があった。


N:おまけの実証です。
 蓮には一重と八重があり、「千弁蓮」なる種もあります。

   花占いしてみました。20090726205306c75.jpg


N:JRW大糸線平岩駅よりバスで約小一時間に「蓮華温泉」あり。

 2007081317080600.jpg
                         (秘密暴露を公開)