いくつになっても初めての出会いって新鮮なものです。
 嬉し恥ずかの「初体験」は生きてる限り訪れます。

 7月5日、オイラブログへ飛び込んできた「閑古鳥」なる迷い鳥。
 誤字変換ミスで送られてきたコメントから、やりとりが始まった。
 「アンタ何者?」にも応えてもらえず、一方的書き込みがオイラの好奇心をくすぐり、楽しみにしていた。 コメ返しは書くには書いたが、「閑古鳥」への連絡方法がないまま、10回以上か?

 ある日、 
 『嘘は付けないし。オイラさんが突然訪ねて来るなんて想像するのも困難。(笑) 偶然迷い込んだものの、長居してしまいました。 またね~。』

 と、忽然と消えてしまった。
 まるで、真夏の白昼夢のような1ヶ月であった。

 どこかへ飛んで行って、また羽を広げていることでしょう。
 安息の地が見つかることを願うが「青い鳥」になって戻って来い。

 テナことがありましたが、明日から長月9月です。
 もう3年前の今日、映画「9月になれば」を見ていました。
 のこいのこさんの「9月になれば」を聴きたいと毎年検索するが今年も見つかりませんでした。 ので、今年は榊原郁恵「9月になれば」を聞きながら去り往く「八月の濡れた砂」を握りしめています。


 




 ここはどこでしょう。 オレンジ○の名を言えますか?

  godaiko01.jpg

 正解はアメリカ五大湖です。 オレンジ○はセントクレア湖です。
 セントクレア湖は小さすぎて仲間はずれです。 ですか、その面積は1114k㎡ですが琵琶湖(670k㎡)の2倍弱あります。
 左上がスペリオル湖で82200k㎡で北海道(83456k㎡/北方4島含む)とほぼ同じ広さが湖なのです。

 そのスペリオル湖から大西洋を横断して、イギリス・ロンドンまで泳いで渡れることを今日知りました。
 正確にはセントクレア湖の下のエリー湖(デトロイトが隣接)からの1825年(明治43年前)に建設されたエリー運河を経てハドソン川のニューヨークから約5500kmを泳いで渡った人って居るんでしょうか?


  さて、一息のBGM 
 

 男は疲れていた。連日の打ち合わせで言葉の壁を乗り越え、自己主張していた。 帰国の前日、西日の射すホテルの部屋からハドソン川を眺めていた。
 そして、突然。デスクのメモ紙に日本語を書き連ねた。

 そう、「川の流れのように」はここで生まれたのであった。
 作詞:秋元康・作曲:見岳章によるこの曲は昭和の女王:美空ひばりの名曲として、昭和65年1月11日に発売されました。


 そして、もう一人。 ハドソン川の花火大会で哲学した男が居た。

 つまり、誰もが見やすいように座っていたと思っていたところ、誰よりも見やすいように立ち上がってしまうのが「自由」。
 そこで「座れ!」とたしなめるのではなく、「アイツが立ったからオレも立つ」「アイツだけ立ちあがって見やすいのはオカシイ。オレもより良く見たい!」というのが「平等」。
 ひとりひとりが“独立国”というアメリカ合衆国を、その時に深く理解したのでした。




   広いと云うことは時として、「無知」を教えてくれます。
   なので、この広い野原いっぱいをア・ナ・タに捧げます。




 akisame001.jpg
 
 先週の月曜日、秋雨をもたらした低い雨雲に包まれた新宿高層ビル群


 今夜の月はどんな高性能一眼デジカメでも写せません。
 正確には12:09が新月だからです。
 アレ? 昼の12時? 太陽からの反写光は撮れなくとも形を捉えるカメラはありますよね。

 てなことに関係なく、中島みゆきの3曲をアップです。

    「月夜同舟」

 彼女の舟と云えば、「二隻の舟」は2001年5月23日 発売でした。

   「EAST ASIA」収録

  「夜会/VOL.17」2011年11月19日(土)~12月19日(月)
  チケット20000円で売り出し中 (もう売り切れか?)

 みゆき節には嘆きとは反する攻撃的な唄も多い。

    静止画ですが。


    まぁ、お暇なら1曲くらい聴いてくだされー
    オイラは今夜もひとり静かに深夜の勤務です。



 民主党の代表選は本命の前原・海江田を軸に淵・鹿野・田が立候補して、みなさん党員資格停止の小沢一詣でをしていたそうです。
 誰が新首相になっても同じなら菅氏を替える事はなかったのでは?(まぁ「俺が」のお山の大将争いなのだが)と思われない前進を期待しているのだが・・・

 上記の赤文字を並べてみると・・・ どうなるのでしょうか?


 テナことに関係なく、オイラはブログ仲間と座間のひまわり畑へ行ってきました。 見渡す限りのひまわりとは程遠い大地の一画に咲いてました。

828w028.jpg 828w036.jpg
828w032.jpg 828w030.jpg

 神奈川県座間市の市花が「向日葵」ということで、ひまわり公園やひまわり祭りなど、市民の憩いの花として親しまれてます。

828w012.jpg 828w038.jpg

 当然、ひと夏を謳歌して旬が過ぎれば枯れるのですが、
828w037.jpg 828w020.jpg
 まだまだ、これからと小さなツボミたちも出番を待ってました。
828w016.jpg 828w041.jpg

  なにやら、怪しい雨雲が湧いてきました。

828w044.jpg 828w046.jpg

 数時間後、優しい夕立ならぬすざましく激しいゲリラ豪雨に襲われ関東の交通網は(チョッピリ)ズタズタでした。


828ww057.jpg 828ww058.jpg
 濡れることの無い車内から安直にシャッターを押しても、その素座間市(すざまし)さはお伝えできませんよね。 体を張った渾身の1ショットには程遠い、真夏のお気楽散歩でした。




    森田一義氏に捧ぐオマージュ妄想企画 
    こんなテレビ番組があったらイイナー
     『カミダノミ☆タモリ倶楽部』
     第68回 「名鉄谷汲線の四季」


 残念です。 本来なら、8月21日発売のDVDを見るために集まったメンバーに悲しいお知らせです。
 福岡県久留米市の映像ソフト制作会社「ビコム」が、2001年10月に廃線になった旧名鉄谷汲(たにぐみ)線(岐阜県揖斐川町―大野町間)を特集した「廃線から10年 名鉄谷汲線 めぐる四季」を東海テレビと共同制作した鉄道DVDの発売を延期したのである。
 
  ナゼ? ・・・例のセシウムさん問題で・・・
  玉突き事故・貰い事故? ・・・事故はよくないでしょう・・・
  俺たちもトバッチリを受けないよう自粛したら?

テナささやきの中で「無料放出・永久保存・全線完全収録」へ歩くゾ。


tanigumi-map.jpg


 その前に、1973年頃の現役写真集はクリックを。
 そして、2001・6月と廃止日10・1をまたいだ11月上旬はクリックを。


 ゲストの名古屋市出身の交通ジャーナリストである徳田耕一氏と歩き出すタモリ御一行様。




 1929年(昭和4年)6月19日 - 富士山麓電気鉄道により富士吉田駅として開業した「富士吉田」駅が消滅して無くなりました。

 大月駅からの富士急大月線赤字のため廃線とも聞いてなかったが…



    800px-Mt_Fuji_station_Opening_Ceremony.jpg

 そう。 2011年(平成23年)7月1日に「富士吉田」から「富士山」と駅名が変更されていたのだ。 

 今更・・・ ナニユエ?  と思うのはオイラだけだろうか?


 その富士吉田市で、毎年8月26・27日に行われる「鎮火大祭」は、「吉田の火祭り」と呼ばれ、北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社の秋祭りです。

 今年は土日と重なり、多くの人でにぎわうことでしょう。
 都内の駒込・富士神社でも今夜鎮火祭が行なわれます。
  (去年、オイラは行ってきましたがその模様はクリックで)

 今年の夏祭りや秋祭りは「東北復興」が掲げられ盛大でしょう。
 ポスト菅は誰がなってもやっても同じでしょう。 と云った諦めが先行するのはナゼでしょう。ロンドン暴動のような「火種」から燃え上がらない日本人は不満はあれど変革を求めぬ平和な国なのでしょう。



1974年、19才の若者がシベリア鉄道に乗って、スペインを目指し、旅立った。マドリッドのアカデミア・ペーニャや王立美術学校に留学したのであった。

isoeiwasi00000.jpg

 マドリード・リアリズムの俊英画家グスタボ・イソエとして認められ20年以上も滞在していたのである。

       o0320024711119735832.jpg

 髪の毛の写実はもとより、セーターの毛糸の質感が伝わってくる描写です。

   20110813200233bb9.jpg
   
 写真じゃあるまいし、裸婦を描くに新聞の上でポーズを採らせることは無いじゃないかい? その新聞に活字や写真までも写実に徹する執念にはただただ圧倒されシロウトの浅はかなツブヤキしかの観想感想が浮かびました。


 オイラブログ 2011.07.10超緻密・写実の絵画 から現代画の写実が印象深く、練馬美術館へ行ってきたのでした。

 1954年、大阪生まれの磯江毅 氏の個展です。
 リンゴやザクロに混じり、スペインでは普通に売られている毛のむしられた1匹丸ごとのウサギやニワトリなども描いてました。 グロテスクではあるがナゼかスペインの日常的当たり前の姿が伝わってくるのは礒江氏の観察力と表現力であり、写真では写しきれない「美しき嘘」なのでしょう。

 そして、鳥の巣も何点かを描き残してました。

       isoe939400001.jpg

 90年代に入り、日本の神戸を拠点として活動を始めるが、

    isoe0607003.png

   2007年 呼吸不全のため53歳で死去。 あぁ、合掌。





 昨朝のことです。41415.jpg

 4日前の8・20にFC2カウンターが41234でした。
 毎日の来訪者が3・40人のオイラブログが日曜77・月曜66と跳ね上がってました。 特に目を引くネタをアップしたわけではないがナゼか?倍増。
 そして、昨日は55。偶然のゾロ目が続きました。 今日は44ナンテの奇跡は起きないでしょう。

 でも、どんな検索でどこから来たのであろうか?
 他人様の動向が気になるのではなく、ネットの持つ「バーチャルとリアル」の狭間が気になるのです。
 「どうして?」 とつぶやきたくなるんです。


 夏の音色にセミの鳴き声があります。
     semi005.jpg

 セミは、卵→幼虫→成虫という不完全変態をする昆虫です。
 幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し、羽化をおこなうべく地上に出てきて周囲の樹などで脱皮します。

  semi008.jpg 近所の公園にて。 
  semi001.jpg 座間のF氏ブログより。
  semo002.jpg 名古屋のO氏ブログより。

 鳴くのはオスでメスを引き寄せ交尾します。
 デカいセミとしてクマゼミの2倍のテイオウゼミ、小さいのでは一円玉の半分のウラブナナゼミがいます。

 古来、中国では「生き返り・復活」の象徴とされているが、日本では蝉の抜け殻を空蝉(うつせみ)と呼んで「もののあはれ」のたとえとして捉えられてます。


 そして、オイラが疑問に思うことは、セミの死に方です。 羽側を下にして、いわゆる大往生で地表に骸を晒しています。
 「どうして?」 と聞きたくたくなるんです。


 朝晩の涼しさは鈴虫の鳴き声が主役になる、聴こえてきそうな季節の変わり目でした。





   「山辺に向かいて」


 『 敵はあらたに残虐な爆弾を使用して、罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害ははかりしれません。このまま戦争を続ければ最後にはわが民族が滅亡するだけでなく、人類の文明も破壊するでしょう。』

 世界初の反核宣言が発せられたのは昭和20年8月15日でした。

 8日後の8月23日に、
 『 きみたち国民よ、私の気持ちを汲んで身をもって行いなさい。』
                      を皇居前で実施した。

 午前11時頃。明朗会関係者12人が、二列縦隊に並んで宮城遥拝後、11人は短刀で割腹したうえ喉を突き、最後に会長の日比和一は拳銃で自らの頭部を撃った。
 
 「一死以て、皇運の無窮を祈念し奉る」という遺書が残されていた。
 いわゆる集団自決であり、全員が死亡し、女性も一名加わっていた。

 明朗会とは1935年(昭和10年)10月に、日本郵船の機関士親睦団体である機関士協会から独立する形で発足した。特に思想的な背景として、日本主義の立場で、皇道精神・国体明徴を訴えた。
 だが単に国粋主義集団ではなく、アメリカの強大な工業力を理由に太平洋戦争の開戦には強く反対したが、開戦後は聖戦完遂のためとして、戦時の船舶運航に協力していたのである。


 歴史の一コマ悲劇を美談と語る気はないが「自決」を選択した人生とはどんな生き様だったのであろうか? もとより、追い詰められての強要された最後の選択である「玉砕」には言葉がないが。

 戦後の初期混乱期にはこの3日前の8月20日には真岡郵便局事件が起きており、自国皇軍に見捨てられた満州国各地で開拓団の自決が相次いだ。



 いつもノホホンと平和ボケを享受しているオイラだが時として、歴史の暗部をあぶりだして、黙祷を捧げたくなる8月某日でした。





2011.08.22  雑記な旅
 新青森から鹿児島まで列島縦断新幹線時刻を調べたら、
 06:14~09:52  はやぶさ404号 東京駅乗換え
 10:10~14:56  のぞみ25号   小倉駅乗換え
 15:22~17:13  さくら557号   鹿児島中央 到着  であった。 
 10時間59分 42,110円(乗車券21,320円 特別料金20,790円)でした。

 もう少し、足を延ばして「稚内から西大山」を4日で鉄道を乗り継ごう。なるツアーが売り出されてます。
 1日目;羽田から飛行機で稚内へ。そのまま市内泊。
 2日目:スーパー宗谷・北斗を乗り継ぎ函館泊。
 3日目:スーパー白鳥で新青森からグリーン席のはやて乗車。
     のぞみグリーンで新大阪からみずほで福岡へ。
 4日目:さくらにて鹿児島中央っへ。特急・普通で西大山駅着。
     鹿児島空港から羽田へ帰京。
 代金165800は高い?安い? (個人旅行を考えるなら安い)


 今のオイラの懐事情では無理なので、130円の初乗り運賃で区間乗車の大回りが新聞に載っていた。

CCF20110815_011.jpg

 6:30原宿発で496.5kmを130円乗り放題で20:55新宿着であった。
 500kmを超えようとすれば、川崎から南武線で尻手に行き浜川崎から鶴見に出て、東海道線に戻れば500kmオーバーが可能なのである。 ちなみに浜川崎駅では道路を挟んで別の駅になっているため、いったん改札口を出なければならないのであるが乗り継ぎは可なのです。
 または、八王子から中央線立川に寄り、青梅線拝島で八高線へと乗り継いでも、500kmオーバーは達成できます。

 と書いたが各駅停車の旅もシンドそうである。

 チャレンジした奇特な方(藤沢の某御仁)のコメントが楽しみです。


   一息コーヒーブレイク 

 120円の缶コーヒーには時々オマケ景品が付くこともあります。
 「スターアライアンス世界一周キャンペーン」なるチョロQ飛行機がオマケです。 オイラが感心したのはスチール缶を利用して磁石を内蔵させることにより、グルグルっと缶を一周させることが出来るのです。

   tai003.jpg オモシロイです。

 そして、メーカーのHPにはエコノミークラス313,600で世界一周できる。とともに、実際にプランを立ててみよう。と世界都市選択ページまで用意されてました。
 PR宣伝といえばそれまでだが、気になる人には親切過ぎないかい?

 こちらがANAグループならJALは格安航空への参入ニュースが発表されてました。 確か?0泊3日で15万を切っていたように記憶するが、格安航空券で各社利益が出ているのであろうか?

 まぁ、日本地図しかオイラの頭の中には無いが海外旅行ファンには朗報なのであろう。