2014.10.31  晩秋の櫻図
 富士の高嶺に雪舞う晩秋。 「芸術の秋」ということで・・・・・

 ヴァイオリン協奏曲集Op.8「和声と創意への試み」 第4番ヘ長調「四季 秋第3楽章」 を聴きながら読んでいただきたいです。
    Vivaldi 「Autumn Final」  


 八条宮邸の襖絵であった「檜(ヒノキ)図屏風」は狩野永徳最晩年の作。
201101042300264cb.jpg

 智積院「楓(カエデ)図屏風」は長谷川等伯作です。
799px-Érable_entouré_dherbes_dautomne_(détail)_par_Hasegawa_Tōhaku

 長谷川等伯は天文8年(1539年)、能登国七尾の武士の子として生まれる。幼年期に染物業を営む長谷川宗清の養子になった。養家は染物業を営みながも養祖父養父は仏画も描き、手ほどきを受けた。
 30歳過ぎた元亀2年(1571年)頃、養父母の死を契機に上洛。
 50を過ぎたころ「等伯」の号を使い始め、千利休らの庇護をうける。
 仙洞御所の注文を得るが狩野永徳の妨害工作で取り消されてしまった。

 室町からの伝統独占してきた狩野派へ息子の久蔵らと共に長谷川派は巨像に手向かう鼠のごとくな挑戦が始まるのである。

 久蔵が若干24歳という若さで描き上げた「櫻(サクラ)図屏風」。
tisyaku-sakura01.jpg

 しかし、皮肉なことにその後等伯を待っていたのは絵を依頼した秀吉と同じ「息子の死」でした。 父に勝るとも劣らない、将来を嘱望された息子の死。どれだけ等伯を落胆させたことか、想像に難くありません。

 そして、等伯は「雪舟五代」を名乗り、息子の死の七回忌の年、 その思いを昇華するかのように、弟子たち一門をあげて、一枚の大涅槃図を描き上げ ました。

   b0148967_8285326.jpg
    横幅6m・高さ10mのドデかい涅槃図です。 左下に僧侶がいます。

 1610年(慶長15年)徳川家康の要請により江戸に下向するが病死。享年72歳。 戒名は厳浄院等伯日妙大居士。遺骨は京都に移され本法寺に葬られたがその後墓所が行方不明。


   OMAKE  久蔵『桜図』の夜桜
 一見派手な背景の金泊ですが行燈の元で見ると暗がりをより明るく見せる効果があり、白い桜の花がうすぼんやりと浮かび上がって見えてきます。
 24のガキと言うなかれ。 彼はそこまで知っていたのだろうか・・・
 幻想的夜桜がみられるそうだ。 見て観たいものですねー




 
   「ガンバラナイけどいいでしょう」 


 「武蔵境駅南口5分・杵築(きつき)神社」を頭にインプット。
 さぁ、電車に乗ってアナログ散歩へお出かけです。

PA240907.jpg PA240912.jpg
 家康の孫の松平直政(松江藩29万石藩祖)が、当所十二町四方を御用屋敷と定め鷹狩りをして遊ばれたところと伝えられております。
 承応年間、玉川上水を築き新田開発を行うにあたり、当大社は御上地となり、境村の氏神社として大社様と呼ばれ、崇敬されるようになった。
PA240908.jpg PA240951.jpg

 オイラの目的は明治14年5月近隣在郷の丸嘉講の協力により作られた富士塚・富士山への登山がやりたかったのである。
PA240913.jpg PA240916.jpg
PA240933.jpg PA240931.jpg
PA240917.jpg PA240920.jpg
 二股に分かれた吉田口?からの登山道はー
PA240927.jpg PA240925.jpg
PA240921.jpg PA240924.jpg
 頂上には冨士浅間神社が祀られており、遥か下界に登り口の鳥居が見えます。 小さく「バンザイ」と叫んで下山です。

 現存する富士塚としては三多摩地区で2番目の規模だそうだ。 
 その規模ナンバー1の「清瀬中里富士山」には、4年前に行っていた。
91z032ss.jpg 91z060ss.jpg
               オイラブログ「2010.09.02  中里富士・火の花祭り」

 関東近県には7・80の富士塚が現存してます。 半数近くは行っているつもりだがまだまだ全総破にはほど遠く道半ばと云った処でしょうか?
 七福神に凝った年もありましたが、この杵築神社にも戦後に勧進した「恵比寿・大黒」二福神を祀る大社ですがお参りを忘れておりました。

PA240898.jpg PA240946.jpg
PA240966.jpg PA240960 (2)

 「歩」って「少し止まる」と書きますが、大きく深呼吸して、明日に向かって歩き出しましょうか・・・・・



 「ガラケー片手に方々歩きまわるオヌシに敬服」なるコメントをもらった。
 だが、しかし。 それ以前の問題なのである。 ネットで調べ地図をコピーして、うろつき回っておるのだ。なんともアナログチックな散歩なのである。
 今日は「西立川駅、ヤマダ電気裏。駅より5分」のメモのみです。
 立川市富士見町の浅間神社です。 小さな神社です。
sPA240987.jpg sPA240980.jpg
sPA240979.jpg sPA240976.jpg
 富士浅間神社の神を祭り、江戸時代に盛んに行われた「冨士講」の人々により築かれた塚であるとされていて、「富士塚」と呼ばれています。
 しかし、立川に冨士講の話が残されていないそうだ。
sPA240974.jpg sPA240972.jpg
 裏参道も整備されておりました。
sPA240991.jpg sPA241003.jpg
 この「富士塚」の説話として「でえだらぼっち」伝説があります。
 この伝説とは、頭が雲の中に隠れて見えないくらいの大男である「でえだらぼっち」が下駄を履いてのっしのっしと歩いてきたそうで、現在の立川市富士見町あたりまで歩いてきたところで下駄の歯の間に土が詰まってしまったので、大きな足をふるって下駄の土をぼとりと落とした、というお話です。
 この、落ちた土によって出来た塚が「富士塚」であり、下駄に土を持っていかれて出来た穴に水がたまったのが富士見町3丁目にある弁天池であるといわれています。
sPA240995.jpg sPA240998.jpg
 こんなホラ話を知って眺めてみると、ほほえましくなりませんか?

sPA240999.jpg sPA240988.jpg

 近所の交番で「富士見町3丁目にある弁天池はどこですか?」と聞いた所、「・・・知らないなー」
 「富士山の見える場所はありませんか?」「マンションからなら見えるかも知れないが・・・」

 やっぱり、スマホに替えて検索散歩が便利なのであろうか・・・・・


   OMAKE  裸足の「でえだらぼっち」が歩いたら・・・ 迷惑だろうなー
   asiato01.jpg
 台湾政府内「國道新建工程局」職員として、20年以上航空写真を撮り続けてきたチー・ポーリン氏が、全編空撮で撮ったドキュメンタリーのワンカットです。
 『天空からの招待状』(原題:看見台湾)が、12月20日から公開されます。
 忘れなかったら、ぜひ見に行きたいですね。



 9月27日に発生した御嶽山の噴火から1ヶ月がたちました。
 季節は秋から冬に代わり、氷点下の日と雪が積もりだしてます。
 そんな中、いまだ行方不明者の捜索が続いてましたが、17日に年内捜索活動の中止を決めたそうです。

 テナことに関係なく、今日もタバコがうまい。 と怪奇煙。

 先月、北海道で1131 mの蝦夷駒ケ岳を眺めてきました。
P9143203ss.jpg P9143208ss.jpg
 平成10年10月25日に小規模な爆発。平成12年9月4日では小噴火が11月8日まで複数回起きてます。 今日現在でも噴火警戒レベル1で入山規制があり、山頂部の剣ヶ峯部分の登山は禁止されています。

 1640年(寛永17年) - 噴火にさきがけて大規模な山体崩壊が発生。大量の土砂は直下の噴火湾に流れ込み、大津波を発生させた。 津波は対岸の有珠湾岸へ押し寄せ、住民約700名が溺死。降灰による凶作は、寛永の大飢饉にも影響。
 かつては富士山型の山容で標高も1,700 mあったが、この大噴火により山頂部が磐梯山のように崩壊し、現在のような2つの峰になった。
 なお、崩れ落ちた土砂が折戸川を塞き止め、大沼、小沼などの湖沼が形成された。


 その1,700 mあった富士山型の山容の絵図・浮世絵が残っています。

   谷元旦 渡島富士

 渡島富士(蝦夷駒ヶ岳)を描いたのは谷元旦 (1778年-1840年/谷文晁の実弟)です。


 その本家本物の富士山をこんな風に描いた作家がいます。

   87f6bf347358735e7db0abf1824c091bb.jpg

   ・・・なんか変。 微妙、でも美しい。 ヤッパリ富士山です。
 描いたのは福田美蘭さん(1963~)で、祖父は童話画家の林義雄氏。
  (オイラブログ「2013.09.30福田親子」はこの行をクリックしてください )

 そして、彼女はこんな涅槃図を描いてました。

   mirann0011.jpg

 御嶽山で亡くなった方やいまだ行方不明多数の東日本地震の犠牲者に対し、あらためて哀悼の意を捧げたたいとおもいます。



2014.10.27  深呼吸の秋
 何度目になるであろうか? 秋恒例の商店街イベントです。
PA261011.jpg PA261010.jpg
 去年はフライだったが今年は生の信州サーモンのハンバーガーを喰らう。
PA261019.jpg PA261013.jpg
 信州サーモンとは遺伝子組み換えの1代種で「食用」の新種魚なのである。

 そして、4時新宿にて芙蓉姫と待ち合わせて映画を見ました。
 「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」 監督・脚本:永田琴
  
 上京したての無邪気な女性とモデル兼ヨガインストラクターの女性という境遇の異なる二人が、ヨガを通して絆をつないでいくハートフルスートリーでした。

 姫に誘われタダだったので見たのだがロートルオイラには「深呼吸してハッピーになろうね」が通り過ぎただけでした。
 つまらなかった訳ではない。 映画的偶然の連続が無理なくさりげなく描かれており、好感はもちました。
 
 最後瞑想の映像が5分間流れます。 その流れる雲を視ながら深呼吸しているオイラがいたのに笑っちゃいました。



 7月下旬に行われた柏崎の花火大会のワンショット。

yoneyamah001.jpg
 8月20日?のダイヤモント“米山”日の入り日の出です。
   20140731221257b98001.jpg
 9月20日のダイヤモント“米山”日の出日の入りです。
   2014k1.jpg

 そして久々、2ヶ月ぶりのオイラ故郷・柏崎のフォト便りです。
2014k002.jpg 20140k001.jpg
2014k003.jpg 2014k004.jpg
   2014k01.jpg
 やっぱり、海はイイよねー  おだやかな日本海って眺めていたいです。

 日本海からチト米山の麓に位置する「谷根」地区で「たんねのあかり」なる地区全体を灯りのアートで飾った催しが開かれたそうです。
   2014k03.jpg
2014k006.jpg 20141k005.jpg
   2014k02.jpg

   「月のあかり」 桑名正博  

 2年前に行った柏崎・赤坂山公園のライトアップはこれからが見頃のはず。
2012k001.jpg 2012k002.jpg

 二十四節気の霜降(そうこう)も過ぎ故郷・柏崎は晩秋でしょうか?


PS  「いつでもいいよ」の言葉に甘えて、いつもながら写真は柏崎在住「越後悠々散歩/masaさん」フォトの無断転用でした。 ありがとさんです。

 

 映画『誰よりも狙われた男』を見た「誰よりも軽い男」が書きます。

 ドイツの港湾都市ハンブルク。諜報機関でテロ対策チームを率いる練達のスパイ、ギュンター・バッハマンは、密入国したひとりの若者に目をつける。彼の名前はイッサといい、イスラム過激派として国際指名手配されていた。
 イッサは人権団体の若手弁護士の女性、アナベル・リヒターを介して、銀行家のトミー・ブルーと接触。彼の経営する銀行に、イッサの目的とする秘密口座が存在しているらしい。一方、CIAの介入も得たドイツの諜報界はイッサを逮捕しようと迫っていた。しかしバッハマンはイッサをあえて泳がせ、彼を利用することでテロリストへの資金支援に関わる“ある大物”を狙おうとしていた―。
 そしてアナベルは、自分の呪われた過去と決別しようとしているイッサを命がけで救おうとする。また彼女に惹かれるブルーも、バッハマンのチームと共に闇の中に巻き込まれていくのだった……。

   

 諜報サスペンスです。 銃撃戦もカーアクションもありません。
 タイトル通りの平凡でベタな展開が繰り広げられます。
 でも、そこがイイ。 雰囲気が最高なのである。
 広義のフィルム・ノワールが色濃く漂ってきました。

 席数100弱の小さな映画館でした。
 観終わって、係員に聞きました。 「スクリーン寸法は?」
 即答出来ない係員。チーフらしき人に聞いたがこれまた知らない。 マニュアルらしき資料を取り出し、パラパラと。
 「エーと今回の映画はシネマ・ワイド・ビスタ・・・? 多分2×4.5では?」
 なんともお粗末な対応。 これが日本映画の衰退現状です。

 テナ、映画の感想も書けずにグチるオイラでした。    さよならさよなら・・・





 2014年10月24日(金)新月です。 06:57から新しい「月」が生まれます。

 先日の10月8日は満月と皆既月食が重なり多くの人が空を見上げました。
 オイラもいつもの場所から撮影して楽しみました。
 その屋上に夕景富士を撮ろうとカメラを構えるオッサンがいました。
 この日は青空にも関わらず富士稜線には雲が架っていました。
 所在なさそうだったのでオイラは声を掛けました。
 「月末月頭にダイヤモンド富士が見れそうですよ」
 てな会話から話がすすみ、先日の月食の話題になり、彼はお台場まで出かけ撮影したとのことでした。
 オイラのブログネタに使わせてもらえませんか? とズウズウしくも頼んだ処、快く承諾をいただき送ってもらいました。

P1410350.jpg P1410431.jpg
      (ブログをやってないと言う)HMさん、ありがとうございました。

 闘う男が月に吠えた自問自答は・・・・・
 「だが、その結果の俺は…どうすればいいんだ? 父も母もない。俺は俺を作った奴の夢など知らない。人より早く老化し、もうそう遠くなく死に至るこの身が、科学の進歩の素晴らしい結果だとも思えない」
   (byレイ・ザ・バレル:機動戦士ガンダムSEED DESTINY より)

 ちなみにオイラのお台場ガンダムとの初遭遇は2013・6・9であった。
201369001.jpg 201369002.jpg

 ダイヤモンド富士の時に再開しましょう。とメルアドを交換しました。



 春清寺近くの「村の鎮守」さんである中嶋神社に立ち寄りです。
sPA180842.jpg PA180844.jpg
  無人なのに境内は枯葉落葉がきれいに掃き清められてました。
PA180851.jpg PA180849.jpg
 厳島神社は溝に水を張り、島に見立てているのでしょうか。
PA180855.jpg sPA180857.jpg
 富士嶽神社はデカい石(コンクリート?)には雪の稜線が・・・
PA180861.jpg PA180859.jpg
PA180864.jpg sPA180858.jpg

sPA180854.jpg sPA180848.jpg

 午後の4時間、テクテク・トボトボ・ブラブラ“三鷹新川”散歩でした。


PA180882.jpg PA180884.jpg

1018fuji.jpg



 勝淵神社から歩いて30分の大原山春清禅寺です。
PA180810.jpg PA180816.jpg
 柴田家ゆかりの「二つ雁金」紋がいたるるところに目立つ寺院です。
PA180834.jpg PA180837.jpg
 スリランカ風の大仏様や三重塔など新しいが寺格を誇示してました。
PA180832.jpg PA180808.jpg

 柴田勝重は柴田勝家の孫で江戸幕府の旗本です。
PA180820.jpg PA180828.jpg
 寛永9年(1632年)に死去。享年52。法名は「揚源院殿雄山浄英居士」
PA180822.jpg PA180824.jpg
 宝筺印塔の墓と柴田家家碑がありました。

 本堂わきの前庭には住職の好みかシャレか?
sPA180805.jpg sPA180806.jpg
 “金の兜”の替わりに“金の玉”ブラブラのタヌキさんがおりました。

 禅宗らしく“達磨太師”像も。 白髭の亡霊がガラスに写っていました。
PA180819.jpg PA180838.jpg

   手を合わせ、祈るボンサンに出会うと思いだす木喰上人さんの言葉。
   7hotoke.jpg
    『丸々と まるめまるめよ わが心 まん丸まるく まるくまん丸』
    『みな人の 心をまるく まん丸に どこもかしこも まるくまん丸』


   OMAKE   お墓で見たことありませんか?
   丸い墓石を。  7maru01.jpg
 それは住職や僧侶の墓で基本的に個人故人の墓なのです。
 でも、婚姻を認める宗派では出家僧侶も家および家族の墓には合祀しないのであろうか・・・ それとも分骨しているのでしょうか?  
 テナ、どうでもいい疑問が湧いてきました。 どなたか教えてくだされー