いつもの屋上の夕方です。 1月20日です。
P1200212.jpg P1200219.jpg

 23日の夜、7時前の富士山方向です。
P1230224.jpg P1230227.jpg

 24日、全国的に寒波が押し寄せてきました。
P1240276.jpg P1240277.jpg

 27日、東京地方は比較的暖かかったです。
P1270315.jpg P1270326.jpg

 29日、全天薄く雲がかかって太陽も見えませんでしたが、富士山は目視出来ました。 (右写真は稜線を強調するために画像加工してみました)
P1290340.jpg P1290336.jpg

 そして、30日はダイヤモンド富士が見れるはずでしたが・・・・・
P1300346.jpg P1300353.jpg
 東京地方は積雪5㎝の大雪に見舞われました。
P1300350.jpg P1300347.jpg
 東の新宿高層ビル群も西の富士山方向もごらんのサマです。
P1300358.jpg P1300360.jpg
 10月のダイヤモンド富士に期待を寄せて早々と寝ます。 オヤスミです。


 DVD『明日に向って撃て!』(原題: Butch Cassidy and the Sundance Kid/1970年)を借りてきました。

   主題歌「雨にぬれても」  

 1890年代の西部。西部開拓も一段落して新時代の波が現れ始めた頃、名を馳せた荒くれ者ブッチ・キャシディ (ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド (ロバート・レッドフォード)は列車強盗や銀行強盗を繰り返す二人組であった。
 カルフォニアを追われた二人は南米ボリビアを目指した。しかしボリビアはブッチが考えたほど裕福な国ではなく貧しい国であった。二人は不慣れなスペイン語で銀行強盗を重ねていくうちに、すっかりボリビアでも有名になってしまった。
 ある日、お尋ね者である二人は街で駆けつけた警察隊の射撃にブッチとサンダンスは追い詰められてしまう。
 「オーストラリアに行こう。英語が通じて白人が多いソ。長い鉄道もあるし・・・」と自らの力(銃)で明日を切り開こうと飛び出すのであったがストップモーションに一斉射撃の銃声が響く。

 実存人物の伝説を基に脚色された映画です。
 当初、スティーブ・マックイーンが出る予定であったが新人のロバート・レッドフォードが起用された。
 スティーブ・マックイーンと云えば、1956年『傷だらけの栄光』でポール・ニューマン扮するロッキーの悪友役(出演時間は合計して5分程)で映画デビュー。 『華麗なる賭け』『ゲッタウェイ』のダークヒーローが思い出される。
 事実、本作品もこの二人が折半して製作予定であった。

 二人組の銀行強盗で有名な作品に『Bonnie and Clyde』があるが、邦題『俺たちに明日はない』(1968年)のラストの通称「死のバレエ」とは真逆ではあるが共通するアメリカン・ニューシネマも50年近く前の昔の映画でした。


2015.01.29  無題
 タイトルは要らない。思いつかない。
 色もいらない。色彩の無い写真の羅列です。
 でも、アナタの生活につながっている。
 無くても生きてゆけるがライフラインとも呼ばれている。


P1240240.jpg P1240271.jpg
P1240242.jpg P1240269.jpg
P1240241.jpg P1240275.jpg

P1240244.jpg P1240257.jpg

   P1240253.jpg


   P1270304.jpg


2015.01.28  春華
 久々に練り和菓子を買ってきました。 春華シリーズだそうだ。
 花びら餅/咲きわけ、と名づけられておりました。
P1240232.jpg 0128etigohime.jpg
 スーパーには越後姫(新潟ブランド苺)を使ったヨーグルトが売ってました。

P1240261.jpg P1240264.jpg
 冬花のサザンカも寒さに耐え、どこか淋しそう。

P1200209.jpg P1200207.jpg
 虫食いの葉枝や枯れかかったマンサクには新しい芽吹きがほころびだしてました。  春はもう少しですね。


 オイラブログも8年目に突入し、来訪者カウンターを取り始めて5年以上経ちました。 昨夜、19:55に九万九千九百九十九を示してました。 
 99999001.jpg 100001001.jpg
 そして、20:05には100001と6桁へ突入しました。
 日々50人と読んでくれている人は少ないですが、「仙人になるべく日々研鑚の修行を送る流転の旅」は続きます。  感謝とともに今後ともヨロシクです。


2015.01.27  東京ローズ
    平原綾香  


 毎週水曜夜10時からNHK「歴史秘話ヒストリア」をよく見ます。
 先週は「“裏切り”の声は甘く悲しく ~太平洋戦争のラジオアイドル 東京ローズ~」でした。

 開戦直後から、日米両国は「心理戦」-敵兵の士気を失わせる作戦を展開。そのカギとなったのがラジオ放送でした。日本が放送するプロパガンダ番組『ゼロ・アワー』は複数の女性アナウンサーがマイクの前で連合軍アメリカ兵に語りかけました。番組の看板女性DJ“東京ローズ”と名付けられた。
   B-29_bomber_TOKYO_ROSE_nose_art_Tinian_1945.jpg  B-29のペイント画

 エピソード1 誕生!謎のラジオアイドル
 エピソード2 悲劇のアイドルの素顔
 エピソード3 東京ローズ 反逆者とよばれて

 終戦直後のマスコミ・ジャーナリストの関心は裕仁天皇・東条英機・東京ローズへのインタビューだった。そのひとりが“みなしごアン”なるアメリカの日系二世のアイバ・トグリさんであった。
 戦犯として巣鴨に収監され、本国裁判で国家反逆罪の有罪を受ける。
 晩年の2006年1月には、「困難な時も米国籍を捨てようとしなかった“愛国的市民”」として退役軍人会に表彰されたが、同年9月26日、脳卒中のため、90歳で死去。

 そんな数奇な女性を取り上げた再放送が水曜(火曜深夜)02:00~02:43にながされます。 ビデオ等お持ちの人は録画して見てはいかがでしょうか?


   OMAKE  もうひとりの東京ローズ  
 兵士が証言した「東京ローズ」は、放送期間と放送された内容や声質、およびその声紋などから、日本初の女性英語アナウンサーであるジェーン・須山こと須山芳江(1920年 - 1949年、バンクーバー育ち。「南京の鶯」と呼ばれた)である可能性が高い。須山はアイバ・戸栗・ダキノの裁判の最中、1949年(昭和24年)7月18日横浜で映画を観た帰路、アメリカ軍兵士の飲酒運転により事故死したが、日本の警察にも在日米軍にも記録が無い。   そうだ。

   DASOKU  「ROSU」日本語和訳歌
 ベット・ミドラーが27歳で夭死したジャニス・ジョプリンに捧げた鎮魂歌「THE ROSU」が映画「おもひでぽろぽろ」の主題歌として使われました。 高畑勲が日本語に訳し、都はるみが歌った「愛は花、君はその種子」なのだがYouTubeにはアップされてませんでした。



 昨年5月なにげなく映画『天使の分け前』を見た。
 パブで立ち飲みウイスキーをひっかける軽さのようなおもしろさに光るエスプリのひねりがgoooo。  チョットだけヤンチャな孫たちを温かい目で見つめる姿勢がGOO。

 ケン・ローチ (1936年6月17日 - ) は、イギリスの映画監督・脚本家。一貫して労働者階級に焦点を当てた作品を製作し続け、政治活動に熱心なことでも知られています。

 作風として。 左翼を任じ、一貫して労働者階級や第三世界からの移民たちの日常生活をリアリズムに沿って描いている。
 そして、1本の気になる映画『ブラック・アジェンダ/隠された真相』(1990年)
北アイルランドの郊外を走行中の車が何者かに襲撃され、乗員が射殺されるという事件が発生する。死亡したのは国際人権団体で働く優秀なアメリカ人弁護士。彼はハリスという謎の男に託されたテープを聞き、彼に合うため面会場所へと向かっている途上だった。イギリス政府はこの事件の捜査に優秀なケリガン刑事を派遣、彼は死んだ弁護士の元同僚イングリッドの協力も得てさっそく調査を開始する。謎の男ハリスを追ううち、やがてテープに録音された内容が、ある政治汚職に関わる重要証拠であることが明らかになるが、その一方で次第に捜査には目に見えぬ圧力がかかり始める…。  ★ビデオ未発売

 ほかにも気になる映画がありましたので早速レンタル店に行って来ます。



 ケン・ローチ監督のさわやかな映画『ジミー、野を駆ける伝説』を見てきた。

   

 1932年、国を分断した悲劇的な内戦が終結してから10年後のアイルランド。アメリカで暮らしていた元活動家のジミー・グラルトン(バリー・ウォード)が、10年ぶりに祖国の地を踏み、リートリム州の故郷に帰って来た。かつて地域のリーダーとして絶大な信頼を集めたジミーは、気心の知れた仲間たちに歓待され、昔の恋人ウーナ(シモーヌ・カービー)とも再会を果たす。ジミーの望みは、年老いた母親アリス(アイリーン・ヘンリー)の面倒を見ながら穏やかに生活すること。
 しかし、村の若者たちの訴えに衝き動かされ、内にくすぶる情熱を再燃させたジミーはホールの再開を決意し、仲間たちも協力を申し出る。かつてジミー自身が建設したそのホールは、人々が芸術やスポーツを学びながら人生を語らい、歌とダンスに熱中したかけがえのない場所だったのだ。やがてジミーの決断が、図らずもそれを快く思わない勢力との諍いを招いてしまい……。
              映画『ジミー、野を駆ける伝説』公式サイト より転用。

 個人的には不満の残る映画でしたが、すばらしい映画でした。
 アイルランド。それどこにあるの? ・・・ほとんど知らない。
 イギリス(と云う言い方で良いのか)アイルランド独立戦争(1919年 - 1921年)が終わり、内戦も収まった1932年っていつの時代? ・・・背景の説明がほとんど省略されていた。
 名もなき男、元活動家のジミー・グラルトンって誰?  etc

 まぁ、その辺は監督の描こうとする男の諸派であり、監督のあずかり知らぬ問題なのだが、オイラはその片が大いに気になるのである。
 なので、アイルランドやイギリス・イングランド等をグルってみた。
 そして、「1932年」も調べた。 (いつもコメントをもらう焼酎学生さんが生まれたのが1933年で明仁・今上天皇と同年齢)
 昭和7年。満州国が建国されて、五・一五事件で犬養毅首相が殺害される。
 総武線御茶ノ水 - 両国間開通。 日豊本線全線開通。  
 12月16日 - 白木屋(現東急百貨店)で火災(14人死亡) 和服腰巻女性が多く、この火災により日本女性がパンティーを穿くようになった。 そうだ。 etc
 また、ジミー・グラルトン?
 (Wikipedia,英語版を和訳したら) James Gralton(4月17日1886年-1945年) は 1909 年に移住の後で米国市民になったアイルランド共産主義のリーダーと唯一のアイルランド人はこれまでアイルランドから追放されました。

 
 さて、映画の感想だが“さわやか”の一言。
 一滴の自由という雫が波紋を広げるサマを丁寧に描くあたたかい眼差しの演出が光ります。 特にフイルムにこだわる監督が撮ったホールの窓から射し込む月光に照らされ、踊るふたりが美しく切ない。

 そこで、ケン・ローチ監督を知りに出かけます。


 先日、西新宿の高層ビル群上空の発光体をUFOと書いたら、「木星」ではないでしょうか?なるメールをもらいました。
 そして、私はラブジョイ彗星を撮ろうと試していますがなかなか上手くいきません。 なる追伸と写真がありました。 (写真クリックで拡大できます)
  sky-l.jpg P1000487.jpg

 星座に疎いオイラにはチンプンカンプンです。
 で、「ラブジョイ彗星とは?」 と調べてみました。
 Wikipedeaではラヴジョイ彗星 (Comet Lovejoy) とは、オーストラリアのテリー・ラヴジョイが発見した5個の彗星についている固有名である。 と素気ない書き込みがあるだけでした。
 でも、「つるちゃんのプラネタリウム」なるHPで、ラブジョイ彗星が2014年の年末から2015年の2月前半にかけて明るくなり、街中からでも双眼鏡で観測できそうです。この機会に彗星の天体観測はいかがでしょうか。 の書き込みお誘うがありました。
0124turu.png
 軌跡予想図を貼りつけましたがサッパリ判りません。

 でも、今夜7時過ぎ天空を見上げてみます。 方角はどっちやー


   OMAKE  寺山修司氏のステレオラジオドラマ「コメットイケヤ」
   
 長年聴きたいと探していましたがYouTubeに偶然アップされてました。
 盲目の少女と新彗星を探した男と当時の社会現象・蒸発が脈絡もなく交差してゆきます。 音楽・サウンドもミュージックコンクレートされてます。
 60分近い作品ですが、たぶん今しか聞けませんのでゼヒ聴いて下さい。



   「フェンスの向こうのアメリカ」  


 太平洋を望む小高い丘。彼の見つめる先は“アメリカ”です。
 彼とは坂本竜馬で、高知・桂浜の公園に銅像が建ってます。
 しかし、アメリカを見つめる男の銅像が神奈川・大磯にもあることを知っている人は少ないでしょう。

 JR大磯駅となりの二宮駅近くの公園では早くも菜の花が咲いてます。
10b143c4b4df38583158db1036617ffa.jpg c8b8dc4ed80cedc5faad876385d8e201.jpg
 (この公園に3度も行っている焼酎学生さんの写真をお借りしようとしましたが、手違い勘違いでデータを消去したとのことでiinaさんブログ01月17日写真の無断転用です)

 ぜひ行って見たい。 と考えたが「桜」が咲くころと欲張り計画を立てた。

 平塚駅から日3本運行の湘南平行きバス(具合よく滞在小1時間)がある。
 大磯駅からバス移動で城山公園立ち寄りののち、二宮・吾妻山公園へ。
 数駅先の根府川駅にておかめ桜まつりを堪能したい。
 ただし、おかめ桜は早咲きでソメイヨシノとの共艶は無理かな?

 そんなアレコレ極個人的願望を並べていると、竜馬に怒られるであろうか?
 でも、“明日を見つめる”彼なら笑ってくれるだろう・・・・・


   DASOKU  大磯城山公園には吉田茂の銅像があります。
 彼のDNAを引き継ぐ孫が憲法改正を目論んでいます。 アナタの目線はアメリカを見続けているようですがその背中は何を語らん。
 背中越しの太平洋の大海原写真を撮ってみたいです。



2015.01.22  いいかげん
    吉田拓郎 「唇をかみしめて」 


 オイラの好きな言葉のひとつに“いいかげん”があります。
 “いいかげん”と聞いて多くの人は「適当/生半可/ぞんざい/投げ遣り」的に捉え、「でたらめ・ ちゃらんぽらん・ 行きあたりばったり・ 無責任」のような大ざっぱで徹底することなく中途半端なさまを思い浮かべるのではないだろうか。

 でもね、漢字で良い加減や好い加減と書くと一転します。 さらに、良い‘湯’加減や好い‘焼’加減と具体的に状況説明すると「程良い具合」であり、「適当」が当てはまります。
 その「適当」も「的当」と書くと「的(マト)に当たる」で「ズバり当てる/ど真ん中の命中」と解釈すれば“いいかげん”とは正反対にも取れます。

 物事適当にするという事ではなく、「丁度良い」という意味に受け止めれば、我が半端な人生も悪くない。
 元気があれば何でも出来る!  元気がなくてもカラ元気!
 今日も朝からタバコがうまい。  と、怪奇煙を吹かしております。