2016.02.29  閏日
 今日は4年に1度のウルウ年の2月29日です。
 この1日で得する人損をする人がいるのではないでしょうか?

 得をする人 → 売上(利益)が落ちる2月に3%ほど上がり喜ぶグループ。
 損をする人 → 月給摂りのサラリーマンは1日分労働が増えますので大変。

 損得を感じないオイラはこの1日を「有意義に過ごす or 無為に過ごす」が問題になります。 
 社会奉仕等ボランティアするわけでもなく、仕事をして賃金を稼ぎ貰うわけでもないので時間を浪費しているだけと云えます。 すなわち、無為に刻を過ごしているのですが有意義に過ごしたいとウロウロしているのである。

 『鬨/時間』って何なのでしょうね。
 西洋には時の神「クロノス(Χρόνος, Khronos)」が居ますが、本邦の時の神と言えば、『古事記』に登場する、大年神(おおとしのかみ)・聖神(ひじりのかみ)・御年神(みとしのかみ)・若年神(わかとしのかみ)・時量師神(ときはかしのかみ) 等が登場しますが仏教では時を司る仏様は存在しません。
 すなわち、 時間空間事象を「色」と表し、最終的には「色即是空 空即是色」と教えており、「色=現象世界」は主体も客体もない「空」である。 と説いてます。それを司る存在も否定します。

 そんな西洋感と東洋仏教観の混在に今日も死ぬまで生きています。



 オイラの生きる原動力は食と好奇心です。
 今年の冬はお手軽鍋と継ぎ足し汁で煮る魚が多かったように思う。

 この日は九条ネギたっぷりの湯豆腐と烏賊の煮付け。
P2137380.jpg P2137381.jpg
 ある日はカレイの煮付けと菜の花のカラシショウユでした。
P2167491.jpg P2167493.jpg

 「一魚一汁一菜」 決して豪華でなければ美味でもない。
 魚が肉に替わる日もあれば、刻み野菜のおひとりパックの日も有ります。 一汁もインスタントであったり、紗湯や緑茶で喉に流し込んだりしてます。 当然、家族の笑顔や会話があるわけでも黙々とカッ込みます。
 オイラは酒が飲めない体質なもので、晩酌という習慣は無いのだが、酒が飲めていたらどんな人生を送っていたことでしょう。

 ある日のナベは、シロサバフグを煮こんで芹と葱を余熱で蒸らす。
          P2227538.jpg
 品種改良のセリは癖もなく爽やかです。 当然のように根っこも食べる。

 春告げ魚とも呼ばれる「鰆(さわら)」の蒸し焼き麺汁味つけです。
          P2187517.jpg


   P2217537.jpg
     満月に叢雲 (まんげつにむらくも)  吠えてみましょうか・・・



2016.02.27  遺品
 昨日の続きです。 実は焼酎学生さんから、預かり物・戴き物が有るのです。

 古い煙草入れ置き皿? 灰皿?  製造は70年以上前のモノです。
P2137374.jpg P2137377.jpg
 実は彼の戦死したお兄さんの遺品なのです。
P2137375.jpg P2137378.jpg
 表模様は擦れてよく判りません。 裏には日本帝国陸軍の☆マークが!
P2137372.jpg P2137369.jpg

 家族や煙草の話から譲り受けることになった品物なのです。
 今となっては、彼の遺品として手元に残ってしまいました。

 でも、オイラは悩んでおります。 困っています。
 このままオイラの手元に有ってもオイラの死後のことです。
 多分、息子たちはゴミとして処分するに違いない。 単なる記念品ならともかくこんな灰皿でも戦争記憶の昭和遺産のひとつなのだから、何とか後世に残したい、と考えるのです。

 どうしたら良いのでしょうか・・・
 靖国神社の遊就館に寄贈したら受け取ってもらえるのでしょうか? それとも、九段南・昭和館はどうだ?  アレコレ考えてますが・・・・・



2016.02.26  四十九日
 仏教の場合、亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。四十九日までの法要を「追善法要」と言い、その後一年ごとの法要を「年忌法要」と呼びます。
 なかでも、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。 この間七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目です。四十九日めは別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます 。遺族は、この間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない故人が成仏できるように祈ります。

 オイラの兄・伯父・師とも云うべき焼酎学生さんが亡くなって四十九日です。
hima001.jpg hakuba01.jpg
 左は2012.12.20のヒマラヤ桜に誘った時のワンショット。
 右は2014.03.22の早春の白馬を歩こうと出掛けた時です。 寒さに弱いオイラは途中リタイヤで目的駅でお出迎いでした。 (フンドシのようなタオルの中にニコンの眼デジが有るのだ)

 そして、彼が亡くなってから気になることがあります。
 「わが家の家族ハナちゃん(雄・16歳)。」と書くインコは元気かい?
6566680b9277c8269370ce875d097537.jpg 8637a28c0259a6253e95a67ad9414b28.jpg
 「ボクは愛車クロさんで」と書いた自転車はサビついてしまっているのでは?

 フォステクスのフルレンジ10センチを嵌めこんだ自作のバックロードホーン式スピーカーはもはや護美なのであろうか?
   20数年使用の愛器  a13f201cc29ccd8b37bcb1f5fb8d8f72.jpg

 残された者として個人の遺品整理って難しいですよね。
 でも、モノよりたくさんの思い出を共有できてありがとうございました。


   OMAKE  80年前の今日は・・・
 1936年(昭和11年)2月26日未明に陸軍皇道派の青年将校らが決起した。
  2010.02.26渋谷散歩  226z098ss.jpg
 もし、クーデターが成功していたら? もし、クーデターが無かったら?  と考えるには知識が無さ過ぎです。それほど昔の出来事です。



2016.02.25  一円玉
 昨日の買い物でアルミの1円玉のお釣りをもらいました。
 何気なく受け取ったのだが、「この1円で何が買えるか?」がフラッシュ。

 100均ショップでは税金すら払えません。 デパート百貨店やコンビニでは“1円商品”は無いであろう。は予想できる。
 米屋や味噌屋など昔からの量り売り商売屋さんなら「これ1円分売ってもらえますか?」と頼んだら、モノ好きの店主なら笑って売ってもらえそうな気がします。

 そもそも、アルミの1円玉は昭和29年にデザインが一般公募され、翌年発行されたのである。 当時原材料アルミニウムは高価であり製造コストが馬鹿高いにも関わらずアルミを使用した背景には、戦争に負けた理由のひとつであるシュラルミン等の原料確保が目的であるなる真こと淑やかなる噂がありました。
 政府による貨幣発行益は平成15年当時で1枚当り13円の赤字とされる。 2015年現在、1円玉の製造コストは約3円かかってます。
 
  同じように円形をべースにして他の硬貨を見てみると、08年秋に仕入れた5円玉用の黄銅(銅と亜鉛の合金)は1枚2円60銭だったが、現在ならば3円50銭というところ。同じ時期に仕入れた10円玉用の青銅(銅と亜鉛とすずの合金)は1枚約2円だが、今では2円80銭前後になる。50円玉もしくは100円玉に使う白銅(銅とニッケルの合金)の07年2月の仕入れ値は8円82銭だったのに対し、現在は13円程度に「値上がり」している。 そうだ。
 しかし、原価意識を無視して対価価値を落とすと十万円金貨偽造事件のようなことも起こります。

  『真夜中のタクシー』 

 さて、1円で思い浮かぶは「円タク」です。 オイラが乗った訳ではない。
 1912年(明治45年)、東京市に有楽町本社前でT型フォードを6台使用して旅客営業を開始した。これが日本における、自動車を使用したタクシーの最初の営業であった。このタクシーは料金メーターを搭載して「辻待ち自動車」と呼ばれました。
 その後タクシーは全国に普及するが、当初は料金体系がバラバラで苦情が多かったことから、1924年(大正13年)大阪市内を1円均一で走るタクシーが登場した。これを円タクという。円タクは、2年後、東京市にも登場した。

 タクシーにまつわる思い出としてー
 オイラが30代半ばバブル到来前のこと。 大阪にある大企業の本社研究所に招かれた時でした。往復とも飛行機、折箱の昼弁当から夕方の豪華食事で最終便にて帰京。着いた羽田で渡されたタクシーチケット「どうぞこれをお使いください」 羽田から多摩の我が家まで約60㎞1時間以上で1万ナニガシ也が無料で乗れました。 驚いたなービックリだねー エリート社用族気分を味わったのはこの一度だけです。
 ですが、これが当たり前のような生活を送る人には世間の庶民感覚はなくなりますね。 現に仲間3名で始めた会社ゴッコのバブルでは給料50万経費50万の生活が当たり前になり、1杯1万円のコーラを飲みに出かけたこともシバシバ。当然1年と持ちませんでしたョ。
 そんなジェットコースター人生も楽しんだこともありました。 今は金銭的貧乏貧困のタイトロープ人生を楽しんでます。

 さて、ロバート・デ・ニーロとジョディ・フォスターの共演作の映画『タクシードライバー』が公開されたのは1976年(昭和51年)です。 (ちなみに 『ロッキー』がアカデミー作品賞受賞)  日本にモヒカンにサングラス姿のトラヴィスは現れるであろうか・・・


2016.02.24  紫電改
 商品を持ってレジへ行く。 千円札を出し、1円のおつりを受け取る。

 買いました。買ってしまいました。 “日本海軍局地戦闘機 川西・紫電改”1/72スケールモデルです。
P2177494.jpg P2177496.jpg
 金属ダイキャストですので重量感があり、マニアにはタマらんでしょう。
P2177498.jpg P2177501.jpg
 大空を飛行するイメージでさっそくナンチャッテ写真を撮りました。

 同シリーズは80機種が揃うそうですが、震電や赤トンボはあるのかいな? 屠龍・月光や富嶽はないだろうなー

 世界に現存する紫電改は4機です。 3機はアメリカで展示され、国内では愛媛県愛南町に記念館があります。 (オイラブログでは、ライト・パターソン空軍博物館愛南での初遭遇

 こんなプラモデル紫電改を作り、黒く塗ったこともありました。
 sidennkai011.jpg
 ちばてつや氏のマンガ「紫電改のタカ」に登場する黒い機体の再現です。

 モノを収集する癖はないつもりですがつい買ってしまいました。
 飾る棚も場所もない6畳間に埃をかぶり埋もれることでしょう。
 ・・・どうしましょうか・・・ このまま護美化するならば、いっそ記念館に送り保存してもらいましょうか? ウン、オイラと同じように買ってみたはいいが廃棄捨てられるなら保存館で100機200機と揃うなら大パノラマのジオラマが創れるのではないかい?
 勝手におくられても愛南町・紫電改展示館は迷惑するだろうなー



2016.02.23  富士山の日
 昨日はニャンニャンニャと“猫の日”だとワイドショーが騒いでました。
 “猫の日”より“竹島の日”が大切だろうと思うのだが、マスコミはどこも竹島を取り上げ話題にしてませんでした。 まぁ、平和であるが故の『ボケ』なのだろうがこれでいいのかいな?

 そして、今日2月23日は「ふ・に・さん」で“富士山の日”です。
 2月上旬が永福町駅ビル屋上からダイヤモンド富士が撮影できると連日押し掛けましたが生憎の曇り空が続き今回は撮ることができなく残念でした。

   sss0001.jpg

 さて、上の写真イラストは富士山上空を飛行する日本国政府専用機です。
 でも、1993年運用開始のボーイング747-400ではありません。2019年からの新機種ボーイング777-300ERの外装デザインなのです。赤の横ラインが直線から曲線に替わるようです。マニアでなければ判らないどうでもいいことでしょう。また、機体整備も日本航空から全日本空輸に委託されることが決定しているとの発表がなされてます。

 そこで気になっていることがあります。
 現行機の機内壁画に飾られている富岡惣一郎氏の4点の絵画の行方です。
P5260430.jpg P5260422.jpg
 富岡惣一郎WHO?(機内で記念撮影する富岡氏/彼の文庫本の装丁絵)

 そのままゴミとして廃棄処分は無いだろうがどこへいくのであろうか・・・  もうその後の行先は決まっているのだろうか?
 倉庫に保存されるままなら、「トミオカホワイト美術館」(新潟県南魚沼市)にて展示保存されても良いのではなかろうか。
 そんな保存運動を起こしたいが市井の庶民であるオイラには方法が思いつきません。 どなたか知恵を貸していただけませんでしょうか・・・

 美術館館長から政府への申し込みや陳情がもうなされているだろうか?
 地元の新潟日報新聞社やテレビ局が取材して、チト話題にでもなれば、保存運動も大きく動くのではなかろうか・・・


 相変わらず、猫の日から富士の日へ。政府専用機内の絵画へと話が飛んでしまいましたが読んでいただき感謝です。



 2月7日は「北方領土を返せー」と叫ぶ日でした。
 だが、しかし。 こんなバカ阿呆がいた。 呆れた話があった。
 島尻安伊子・沖縄北方領土担当相が2月9日の記者会見で、北方領土の一つである「歯舞(はぼまい)群島」を読めない場面があった。共同通信が報じた。
 会見で島尻氏は、元島民でつくる「千島歯舞諸島居住者連盟」が1日〜7日、「北方領土ネット検定2016」を実施したことを紹介した。このとき島尻氏は団体名が読めず、「元島民の皆さまでつくる、千島ハボ…えー、何だっけ…」などと、言葉を詰まらせ、大臣の側にいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。
 なお、このネット検定はこれまでも実施されており、島尻氏は大臣になる前に検定を受けたという。このときの点数について島尻氏は「恥ずかしくていえないので、また勉強したいと思う」などと答えた。

 「歯舞」が読めないとはなんたる職務怠慢 それとも、痴呆症の前兆か?
 一般人が読めないならまだ解るが担当大臣なのだから・・・ 勉強したい?ふざけるな! 知識や常識を学ぶなら大臣辞めろ議員返上しろ。 お国の為に働く特別国家公務員だから税金で生活できている自覚がたりないのではないか。

 不倫で議員を辞めるバカ野郎が居たが、「不倫は文化だ」と開き直る悪しき日本怪男児の元気は何処へ行った。
 業者から不適切献金を受け取ったり、歯舞が読めない担当大臣が議員に居座るほうが国益を損なっているのは明らかではないか?

 靖国神社爆破未遂事件において、2kgのダイナマイトを海外から日本に持ち込んだとの警察発表がありましたが「本当かいな?どんな手段方法で?」 まぁ、韓国大使館で受け取ったとしても海外からの持ち込みには違いないか? なんて思いましたが・・・
 真相は発表されることもなく日韓の闇に沈められるのであろうが独島の武装警官詰め所に放火に行きたいもんだ。 当然逮捕されるであろうが日本国の法律によって裁きを受けたいもんだ。

 そう、2月22日の今日は「竹島の日」です。
 北方領土は「返せー」と叫ぶ日ですが、竹島に関しては「不法占拠している韓国民よ即刻出ていけー」と叫ぶ日であります。


    OMAKE  切手のお話 

 2004年1月の韓国での「独島の自然」切手を発行を受けて、新宿郵便局が取り扱っていた写真持込による製作サービスに対して、日本の市民が数万枚に上る大量の写真付き切手である「竹島切手」を申し込み、郵政事業庁も当初受け付けたが、同年2月17日に日本郵政公社は「外交上相応しくない」と判断、「国際友好を掲げた万国郵便連合憲章の精神にも反する」として拒否し、同サービスも中止された。ただしトラブル以前に通信販売による「竹島切手」が受け付けられていたと見られ、多くの「竹島切手」が写真付き切手で製作されているといわれている。

 しかし、デザイン的?に北方4島が切り捨てられた切手があります。
     121080.jpg   kita001.jpg
 明石の東経135度線を中央に配置したのであろうがいかがなものか?
 詳しくは郵便学者・内藤陽介のブログを読んでほしい。 と願います。



2016.02.21  パイロット
 (株)パイロットコーポレーションのTVCM「誰かを思う時間」です。
pdann001.jpg pdann002.jpg
   (YouTubeにはアップされてませんのでこの行をクリックで見れます)

 男が静かに万年筆を使ってます。 出演は団しん也です。
 流れる曲はコール・ポーターの「TRUE LOVE」で団自身が歌ってます。

 団 しん也(1944年4月16日 - ) 富岡市出身のボードビリアンです。
 高校生の時、素人ものまね番組優勝。 卒業後、古賀政男の内弟子となる。
 古賀の内弟子となったものの、歌手としてすぐにデビューできなかったため、演芸場やキャバレーで漫談やサミー・デイビス・ジュニアがやるようなものまねを披露するようになった。

 元祖ものまね四天王とも呼ばれているそうだが、ダンディーなボードビルダーです。 最近テレビでは見かけませんが選んで仕事をしているようです。
 そんな彼を起用するとは「鋭い」と感心してブログネタにアップしてみました。


   DASOKU  ある特定な人へのメッセージ 「お元気ですか」

 その① 古河のポストマンさんへ。
 「40年以上前に一度だけ書いたなぁ〜」って誰にかなー

 その② 名古屋のOさんへ。
 田光八幡社での思い出話を貼り付けたかったのですが・・・・・


   OMAKE  「パイロット エリートS」    

   
 大橋 巨泉(1934年(昭和9年)3月22日 - )もオーストラリアの自宅を手放し、「終活」に入っているそうです。



 チョイ気になるTomo-Suzukiさんのブログです。 タイトル「迷惑です!」
 o0800053313563061661.jpg  o0801.png o0802.png

 ブログ内で『これで、もし効果が無いなら哲学の木を切り落とす』との弁。

 「やっちゃえ、ヤッチャイ。 切り倒してしまえー」  とエールを送りたい。
 無責任に囃し立てている訳ではない。 切り倒したくないのは所有者の農家さんが一番心を痛めているのだから・・・ 彼の行為を全面的に支持します。
 噂が行政に入ろうと「観光だからー とか 美瑛のためにー」と説得に来るであろうが、予算費用を持って対処してくれる訳ではありません。 もし、切り倒された後ならマスコミは非難したり、農家の暴挙とまで言い出すかもしれません。 そして、一般人は「ザンネンねー」と云いだします。

 チョット待ったー  でもね。
 一部の自己中マナー違反者が繰り返した結果なのではあるが、多くの傍観者が居たからであるとの認識に欠けてませんか?
 貴方には関係ないことかも知れませんが「傍観者とはアナタのことです」


 “無為”なる時間を過ごすことがあります。 “無関心”を装う風潮があります。 “良識”なる潮流に流されることもあります。
 しかし、その流れに棹を刺したい時もあります。そんな時に小さな堤防を築こうとしても緩やかな濁流に押し流されます。 
 いつしか、時流に身を任せ、大海に辿り着くころには丸く丸くなり穏やかな安息地となります。

 でもね。たとえ砕かれようと「尖ったままで居たい」と吠えるのはオイラだけであろうか・・・