2016.11.30  考和墓
 新宿・牛込弁天町の日蓮宗・常榮山浄輪寺です。
PB233642.jpg PB233633.jpg
 江戸時代の和算家で「算聖」と称される関考和の墓巡りです。
PB233632.jpg PB233636.jpg
 東京都の史跡に指定されたり、日本数学会・日本数学史学会などが中心となって関孝和三百年祭記念法要(平成19年)が行われたりと偉人の功績を後世に伝える人々によって支えられております。
PB233643.jpg PB233646.jpg

 「働かず者、喰うべからず」とは云いますが無為無駄に毎日ブラブラしているオイラはモノ好きの奇人変人でしょうか? (ねぇ、名古屋の吉田さんへ)


2016.11.29  和算記
 鳴海風著「江戸の天才数学者」 新潮選書を読み終わりました。
 鎖国の江戸時代に日本独自に発展した数学の世界に貢献した天才?達の一代記です。

 吉田光由 (よしだみつよし 1598年-1673年1月8日)
 渋川春海 (しぶかわはるみ 1639年12月27日-1715年11月1日)
 関孝和 (せきたかかず 1642年3月?-1708年 12月5日)
 建部賢弘 (たけべかたひろ 1664年6月?-1739年 8月24))
 有馬頼徸 (ありまよりゆき 1714年12月31日-1783年12月16日)
 会田安明 (あいだやすあき 1747年 3月20日-1817年 12月4日)
 山口和 (未詳 - 1850ころ)  遊歴算家として全国を徘徊
 小野友五郎 (おのともごろう 1817年 12月1日-1898年10月29日)

 およそマニアでなければ知らない人物ばかりです。
 ですが、和算に魅せられ数学に憑りつかれた天才・偉人・異人・奇人・変人の生涯が書かれていました。

 浮世絵が日本独自に開花したように算数の世界でも特異に発展してきたことを知ることができてとても楽しかったです。


2016.11.28  風邪?
 さむーい。 鼻水が一筋、スーとタラリ。 イカン風邪か?

 駅前の商業施設駐車場管理に駆り出されました。
 先週は暖かかった。今週は寒かった。
 取りあえず、立っているだけの単純な業務ですがG3にはキツイ?
 予兆はあった。 昼時のウタタ寝が気のゆるみであった。
 午後4時の就業後、いつものように銭湯にてユックリし、ファミレスで本を読みながらコックリ。 7時のフクニワの施錠を済ませ帰宅。

 疲れていたので早々と就寝。 そして、3時間後。「寒ーい」
 こんな時の対処法はとなりのスーパーで2ℓポカリを買ってきて、厚着して汗をかくが一番。
 着替えを用意して、「おやすみなさい」です。
 久しぶりの灼熱の夢にうなされ続けましょう。

 明日の朝はスッキリ目覚めていることでしょう。


2016.11.27  富士チョコ
 芙蓉姫から富士山ミニチュアクランチチョコをもらいました。
 バレンタインには早すぎないかい?

       PB253674.jpg

 世界遺産登録後、やたらに便乗商品が増えてます。
 それはそれで喜ばしいことではあるが多すぎて集める気が起こりません。 ですが、富士山オンリーのグッツショップがあれば行って見たいですが・・・

   ネットで見つけた富士写真 fujisann0001.jpg


 今日のオイラは、朝早ようから駅前の立哨に駆り出されてます。




2016.11.26  メール
 「昨日、主治医に自宅安静を指示された。心臓が悲鳴を上げている。来週月曜から入院だ。準備支度は済んだ。腹もすわった。」 
 RE:アレ?またかい?去年の暮も夫婦で入院してしてなかったかい。まぁ、若い白衣のネーちゃん相手に連日忘年会を楽しんでくだされー
 RE:RE:道楽みたいなものさ。お前の健康いくらで売る?
 RE:RE:RE:医者病院に払うなら、旅・温泉・グルメに使いたい。
 RE:RE:RE:RE:うらやましいのんきさ。さっきも発作を服薬で押さえた。
 RE:RE:RE:RE:RE:旅空で野垂れ死が理想。なれど、そうも往かないのが世の中。世知がないねー
 RE:RE:RE:RE:RE:RE:ままならないねー

 テナ、70を前にした洟垂れG3のメールでした。
 みなさんも健康に気を使い、師走を迎えようではないか。



2016.11.25  晩秋
PB243666.jpg

 朝からの秋の淡雪は夕方には溶け始めておりました。
PB243670.jpg PB243672.jpg
PB243669.jpg PB243671.jpg


 数日前のことでした。 いつもの強制散歩に出かけました。
 いつものフクニワがイルミネージョンで輝いてました。

PB233647.jpg PB233651.jpg


 月は出ているかいな? と空を見上げたらー
 何やら2個の物体がひとつの光となって浮かんでました。

  PB173612.jpg
 急いでカメラを取り出し写してみたものの中心から左上空に消えてしまいました。

 まぁ、未確認飛行物体UFOとは思いませんが確かに何かの光が映り込んでいました。

PB173618.jpg PB173620.jpg

 街路樹の葉も緑が抜け始め、冬が近い季節になりました。



2016.11.24  風雪 
 11月都心に雪が降る積もるのは54年ぶりだそうです。
PB243662.jpg PB243658.jpg
 雪は眺めるもの、楽しむもの、ですが庶民はそうも云ってられない。 足元に注意して移動する人やこの雪空の下で働く人などには迷惑なことです。
PB243654.jpg PB243663.jpg
 不慣れな雪道を恐れ他人様のマイカーも一休み。
PB243659.jpg PB243656.jpg

 撮影時間や日付を写しこむ機能が無い(専用ソフトにて可なれど)デジカメでチョチョチョと撮ってきました。


2016.11.24  岩倉米
 09年に結婚して7年経ちましたかー
 名古屋に帰って、庭師を目指していた彼が知り合いと農家ごっこのにわか百姓となって米作りに汗を流していると聞いていたが、その成果の“普通の米”が芙蓉姫に届いたとの連絡をもらい早速おすそ分けを貰いに行って来ました。

15179077.jpg PB233653.jpg

 愛知の銘柄米だそうだ。 名古屋近郊の岩倉米です。
 何かと苦労の連続であっただろうに・・・おいしくいただきます。

 1反(300坪/約10アール)から何俵(1俵/60kg)の収穫で、農協(政府買い上げ価格)出荷なのか?自主流通米?はたまた自己消費?
 たぶん、収支で見たら人件費も出ない赤字であろうと想像するが、安心安全の自前にこだわったお米は家族の笑顔にかえられないおいしさに違いない。

 来年もガンバリやー とエールを送りたい。
 ただ、悪徳JA農協に縛られないことを願う。



 今日は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」祝日です。
 でもね、日本国籍は持たないが休日にも関わらず、日本で一番働く高貴高齢者のおじぃさんおばぁさん夫婦をオイラは知っている。
 今日もセッセと働く百姓の大親分は千代田の森に住んでます。
 五穀豊穣を祝い、新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に進め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する儀式が粛々と行われます。
 (天神地祇とは。 日本神話に登場する神の分類であり、大国主など、天孫降臨以前からこの国土を治めていたとされる土着の神(地神)を「国津神」、天照大神などがいる高天原の神を「天津神」という。)

 その昔は官位を持たない民は現人神に拝謁できませんでした。
 (従四位(城持ち大名に匹敵する官位)を与えられた象がいた)
 しかし、四十数日後、元気なお姿に御逢いすることができます。
 傍らに、百歳を超えた叔父様がおられないのは寂しいことです。
 「お務めについてのおことば」が速やかになされ、公務から離れ、民の安泰だけを願う日々が早く来るとイイですね。


   OMAKE  2007.08.27からの再記

 席を譲られたと仮定しょう。多くの人は「すみません」と言うだろう。
 しかし、感謝の言葉は「ありがとう」だろう。あやまる場合でないはず。素直に「ありがとう」を言おう。「ありがとう」を伝えるべきである。
 そもそも、あやまるを漢字に変換すると謝るで感謝の謝を使うっておかしいのではないか。 「謝る」って「非に気づき非を認めさせてくれてありがとう」なのであろうか?  誰か教えてくれー
 言葉は時代と共にに生きている。とは云え「ありがとう」の響きが消えてゆくのは寂しい事と思いませんか。我はありがとうを使い続けていきたい。あなたも明日から「ありがとう」と言ってみて下さい。きっと世界が変わります。変わる事でしょう。
 優しさや潤いは思考する言葉や文字で体現しているのですから・・・



2016.11.22  マスデス
 おはよう・こんにちわ・こんばんわ
 会う時間帯によって挨拶を変える習慣っていいもんですね。

 でも、素朴な疑問。 アナタに質問です。
 “おはよう”には「おはようございます」なる丁寧語があるのに、“こんにちわ”や“こんばんわ”の丁寧語って無いように思われますがナゼでしょうか? あるいは「こんにちわでございます」?

 一部の業界では、24時間いつでも“おはよう”が使われますが、今日初めて会った挨拶なので“おはよう”だそうです。 まぁ、それも有りなのでしょう。 そして、“お疲れさま”と別れます。


 肉・ジャガイモ・タマネギ・人参のカレーってつい作りすぎてしまいませんか? おひとり様は毎日カレーが続きます。カレーに始まりカレーうどんやパンに挟んだり、鍋スープの出汁にしたりと飽きもせず食べます。
 ですが、今回はカレー粉を入れる前にポトフでいただきました。
   胡椒タップリ  PB163608.jpg

 美味しかったです。  ウン? 「おいしゅうございました」


   OMAKE  算数に凝ってます・ハマっています。

 1・2・3・4・5・6・7・8・9 を声にして読んでください。
 イチ・ニイ・サン・ヨン・ゴ・ロク・シチ・ハチ・キュウ と読みませんか?
 ならば、9から1へ読んでみてください。  クー・ハー・ナー・ロー・ゴー・シー・ミー・ニー・イー と云ってしまいませんか? 特にヨンとシーやシチ・ナナ・ナーなど全く違った読み云い方になってませんか?


テナ、どうでもイイ話でした。 ハイ、おやすみなさい。ませ。です。


   OMAKE  おいしそうなウドンですね。

   たこ焼ウドン  1478929610938.jpg
 別府葉子さんブログに載っていた、新大阪駅ホームにある駅のうどん屋さんのメニューにあるそうです。  食べてみたいナー