2017.03.31  スポンジ


 引っ越しのどさくさ紛れにガラケーからスマホに替えました。

 最新カメラ機種をと意気込んだが月々4000×24の約10万もするということで断念。 80×24の旧タイプの安いプランで契約。

 しかし、問題が・・・
 長年使った古い携帯機種にはSDカードや赤外線などデータ移行が一括で行なえないため、約100件の電話番号メルアドをブルートース?で送信です。  面倒クセー  なれど、整理には丁度いい機会か?
 さらに、こちらのメールアドレスの変更? どうする・・・

 軟弱なやわらか豆腐頭が実はスカスカなスポンジ頭であったことが判明。 理解力に欠けるオイラが居た。
 まぁ、ボッチラと・・・ 使いこなせる日は来るのであろうか?

 なれど、地図が持ち歩ける便利さを実感する日も来るだろう。


  
2017.03.30  桜猫

    
  耳が桜の花びらのようにカジられた?猫を知ってますか? 

  main_image_1.jpg

 「捕まえて殺処分でもしてもらいたいもんだ」とノラネコで困っていたり迷惑憤慨している人が居ます。
 「可哀想ではないか?」と手を差し伸べる人も居ます。

 増えるノラネコに対し、不妊去勢を施したネコが“サクラネコ”です。


 てなことに関係なく、引っ越し準備は順調です。
  差し入れが届きました。 P3260669.jpg
 明石の駅弁、“金色のひっぱりだこ”他が手イエおなかに入りました。



2017.03.29  シコウ
 断捨離と云いながら引っ越し準備はキキとして進まずいつもの強制散歩で立ち寄った本屋では・・・

画像-0284 画像-0281

 2冊お買い上げはいづれは“美しく護”になるであろうとついつい手が伸びてしまいます。
 ページをめくり、文字と写真で空想を広げる至高のひとときがたまらないのである。


2017.03.28  立ち直り
 成田空港に雪が降ったりの寒い日が続いてます。
 開花のソメイヨシノも一休みの中、久々の富士山です。

P3270671.jpg



 本来?神社には願掛けと御礼報告のために行く処です。
 ですが、オイラは「都営住宅抽選に外れました」と結果発表だけを届けに堀之内・妙法寺へ落ちた足で寄ってきました。

P3230645.jpg P3230651.jpg

 やっぱり物見遊山では後利益は得られないのであろうか?
 この日も実は月1回の堀之内落語会が開かれていたのである。
 若手二つ目たちの熱演を盗撮することなく神妙に聴いてきました。

 折り込み済とはいえ、抽選に漏れたショックを立て直しに立ち寄ってきたのであった。


2017.03.27  溝
 黒の舟唄/長谷川きよし 


 「ネェねぇ、 聞いて・・・」
 一方的にしゃべりだす女、聴きながらも男は答えや解決策を探る。助言しようと言葉を発そうとする。 しかし、女はそんなことを求めてはいないのである。
 目の前にアナタが居て、向き合う相手がいればイイのである。

 「ネェねぇ、 どっちが似合う?」 アレコレと迷うオンナ。
 ・・・どっちでもいいではないか。
 もし、迷っていたなら買うな。 必ず後悔するだろう。
 もし、冒険したいなら応援するし着こなせばいいのだから。
 
 誰かが言っていた。 ファッションは相手に対する礼儀だから、気を使うべきだ。 でもね、自己主張であるべきだ。

 男と女の不可解領域の溝は深まるばかりである。


1890年(明治23年)3月27日。 斎藤きちが・・・
 物乞いを続ける女は肌にまとわりつくような春雨の中、テクテク数時間トボトボ数キロ、歩き続けた。稲生沢川門栗ヶ淵に辿り着いた時、水面に浮かんだ菩薩に引き寄せられ身を投げた。 満48歳没(享年50)。

 毎年のように、下田芸者さんたちのよる供養祭が開かれます。
 人は哀れな人生と云う。可哀想とも言う。
 しかし、入水することで人生を昇華させた生き様にオイラは憧れる。



2017.03.26  お吉物語
 2006年11月、文芸社発行の竹岡範男(宝福寺住職)著作「唐人お吉物語」を興味深く読み終わりました。
 恋人?鶴松やハリスとの交流もさることながら、オイラはふたりの男に注目です。

 伊佐新次郎。 下田奉行配下の武士。
 芸奴・お吉を説得させた小役人であり、ハリス江戸への下向に付き添いお吉の相談後見人です。 明治になり、中央役人として出世するがお吉のその後が気がかりで消息を探し、当時を謝罪。 されど、お吉は過去のことと切り捨てる。
 本作は小説ではないため、二人の思いや関係性は明確ではないため、ちとネットで調べましたが納得できる事項持柄が見つからず気になります。

 松浦武四郎。 北海道命名の役人。
 ハリス離日に伴い、お吉は下田へ帰郷の途に伊佐の部下?として同行していた松浦の紹介斡旋にて京都の芸奴となる。
 唐突に松浦とお吉が結びつくのだがナゼ?がフツフツと湧き上がる。
 その松浦は1868年(明治元年)「函館府判官事」に任官。「蝦夷」を『北海道』と命名。 アイヌの文化人権保護を訴えるが無視され、2年で退官。  以後、「馬角斎」(←なんと読まん)として趣味道楽に生きる。


 さて、お吉だけがクローズアップされるが、実はハリスの通訳のオランダ人ヘンリー・ヒュースケンにも待妾が居たのである。 名をお福と云い、芸奴とも町娘だったとの記述が残ってます。
 20代の青年ヒューケンスは好色であり、数人の馴染み妾を持ち、子(男の子か?)もいました。
 彼は1861年1月14日(万延元年12月4日)にプロイセン王国使節宿舎であった芝赤羽接遇所(港区三田)から善福寺への帰途、芝薪河岸の中の橋付近で攘夷派『浪士組』所属の薩摩藩士、伊牟田尚平・樋渡八兵衛らに襲われ、翌日死去した。
  彼の墓参りは2013.07.11だった。


2017.03.25  櫻旅
 今年の春は引っ越しのため、遠出を諦めていたが、やっぱり桜が見たいといつもの友人にメールを送りました。

 「4月下旬。新幹線にて盛岡石割桜他見て仙台移動泊。 塩竃桜見て会津若松移動でライトアップの城桜。23時発高速バスにて帰京。 てな桜旅はいかが?」

 返ってきた返信メールがー
 「逆境にあって逆境を感じさせない超ポジティブ野郎だな。その頃元気なら付き合おうじゃないか。
 今は風邪に打ちのめされている。今週と来週の通院も覚束ない。昨日は妹の旦那が心臓病の手術をした。そんなのばっかりだ。羨ましいよ」

 そうかー 超ポジティブ野郎かー  
 ウンその通り。  妙に納得するオイラがそこに居た。

 明日の子供たちへの米百俵より、目の前の一膳。
 今年の春・桜は今年しか見れないのだから・・・・・


2017.03.24  都庁へ。
 丹下健三氏の設計になる都庁と桜(プリンセスミヤビ)です。
P3230636.jpg P3230630.jpg
 あいにくの霞空で富士山は見れませんでした。

 職員1万人と受付・売店・警備員・清掃員百人以上が働くマンモス組織です。 食堂に行くにも入館票記入が必要であり、展望エレベーター前ではカバン等の手荷物検査を受けます。

 ロビーに張り出されている都営住宅抽選結果を見るためにやってきました。 1/155の倍率では外れて当然ですがヤッパリ漏れておりました。
 まぁ外れるであろうとキープしていたアパートへの契約を済ませ、4・10までには引っ越ししたいです。


   OMAKE  2年前の都庁からのダイヤモンド富士です。  
tP2020520.jpg tP2020550.jpg

 桜散歩や櫻旅を諦め、汚部屋整理の断捨離を行いたいと思います。



2017.03.23  抽選日
 深夜の書き込みです。
 寝て起きて、11時に都庁に行って来ます。 都営住宅抽選の結果発表を知るためです。
 果たして咲く前に散るか? 見事に咲くか?
 丁半バクチならば半々の確立なのだが107番の受付番号は表示されるであろうか?

 107番? 001から通しの107番なのか? 整理上の百番台の7番目か?

 4年ぶりに東大合格者が構内に掲示され一喜一憂する受験生がテレビに映し出されたが、都営住宅抽選は時の運のみで決まります。

 さて、オイラの運命は・・・ 
 結果に関わらず、都庁展望台から富士山を見て、職員食堂で日替わりランチを食べてこよう。


2017.03.22  開花
 靖国神社の標準木桜が5・6輪咲いたので東京地方は開花宣言です。
 近所のソメイヨシノを見に行ってきた。 見頃は来週かい?
P3210571.jpg P3210582.jpg

 4・5日前は蕾だった陽光桜は満開?でした。
P3210589.jpg P3210598.jpg
P3210585.jpg P3210600.jpg
P3210617.jpg P3210614.jpg
P3210605.jpg P3210608.jpg

 高い枝に鳥(君の名は?)が。 トリミング等で加工してみたがー
P3210621.jpg P3210627.jpg P3210625.jpg
 こんな時は眼デジ望遠がほしいが。 まぁ、記録ブログですからー

 帰り道の住宅庭に・・・  桜でしょうか? 桃?梅?
P3210562.jpg P3210560.jpg
P3210563.jpg P3210567.jpg
 ハナオンチのオイラには判別不能ですが小雨の花散歩でした。