FC2ブログ
2018.04.30  IF&IF
 北と南の親分が手打ちの手始めとして会合を持ちました。
 握手やハグしたりの融和ムードの行方は・・・

 前段階の実務者協議において、北が「昨年の脱走兵士の引き渡し」を強行に主張して来たら?いたら?どうなっていただろうか・・・
 「亡命者は国をあげて守る」と言い切ったなら決裂していただろう。

 北や南とか志願や徴兵に関係なく、国に忠誠を誓い入隊するしたならば、武器をもって国防・愛国に体を張ると云うことです。
 ですので、前線離脱・脱走は重大な軍規違反のなのです。 万国共通の万死に値するのである。

 大事の前の小事と「引き渡しましょう」と苦渋の選択といえ単純にYESと云ってはなりません。ただしと注文を付けるべく裏取引を持ちかけるべきです。
 「貴国の法に則り、判決を出していただきたい。ただし、秘密裏に恩赦を与えるべく国外追放処分を要求します」

 そう、外交に限らず交渉事とは根回しと落としどころの探り合いなのであります。 アナタの対人関係や接し方はいかが?


 「丁寧に・・・」と言いつつノラリクラリ。「辞めろ」コールの審議拒否。
 表面ヅラのさざ波も水面下の潮流によって発生した小さな渦が爆弾台風に! 「吹けよ風 呼べよ嵐」過ぎ去ればアッパラパー

 好いではないか。 一見好意的に取り上げられている「拉致問題」も気付いてみれば孤立無援が予想されるが、我が国の立場は明確に主張しようではないか!


2018.04.30  独読
        DSCN4585.jpg


 4月は積ん読されていた本を片っ端から読みまくりました。

 火坂雅志氏の家康に仕え支えた武将の短編集です。
 「ワタリ」 関ヶ原合戦の前哨戦伏見城にて玉砕した鳥居元忠。
 「井伊の虎」 おんな城主で有名になったの遠江井伊谷の領主・井伊直虎。 墓がある龍潭寺に行ったことがあったのだが知らなかった。
 「毒まんじゅう」 河内源氏の八幡太郎義家の血を継ぐ石川数正。人質の家康と共に育って信頼篤かったが突如出奔。秀吉から松本城主へ。
 「梅、一輪」 家康を支える譜代において、大久保家の家訓・子は宝と多くの人材が輩出した。そのひとりに大久保忠隣が居た。
 「馬上の局」 側室・阿茶局は聡明快活にて世情も知り、秘書官のような存在であった。徳川和子入内の際に守役を務めた功により、従一位を賜り、一位局・一位尼と称されるようになった。
 「川天狗」 武将部下ではないが秀吉家康から朱印をもらった政商の角倉了以。私財を投入した保津川の舟路開拓から運河高瀬川の開削。
 「常在戦場」 秀忠に随従した牧野忠成は、真田方の巧みな計略であったために大敗してしまった。その責を問われた大久保忠隣は現場指揮官を切腹させて許されたが、牧野忠成は所属の指揮官の贄掃部を逃して本人も出奔してしまった。父の牧野康成も部下の抜け駆けは戦国の倣いと弁護したため、徳川秀忠の怒りを買い上州吾妻城に蟄居させられた。しかし、戦後は大御所家康の意向もあってか処分は数月にして寛恕され、康成・忠成父子は大胡に復帰した。その後、越後長岡藩の藩祖。
 長岡出身の山本五十六の座右の銘「常在戦場」はチト有名?


 山本兼一  「雷神の筒」 「ジパング島発見記」 「銀の島」

若き日の信長に鉄炮を指南し、最強の鉄炮衆を創り上げた男の存在抜きには語れない。橋元一巴。初めは民を守るために鉄炮の改良と応用に打ち込んだ。塩硝のルートを求めて種子島に飛び、好敵手・雑賀孫市と出会う。主君が覇道を邁進する一方、悩みを深めた。疎まれつつも仕え続けた一巴の生涯を通じ、信長の天下布武への道を鮮やかに描いた斬新な長篇戦国絵巻。

種子島に鉄炮を伝えた男ゼイモト、冒険商人ピント、イエズス会宣教師ザビエル、『日本史』を著したフロイス…。16世紀、日本にやってきた7人の西洋人の目を通して、「日本という国」を浮き彫りにする連作短篇集。

ポルトガル国王の密命「石見銀山占領計画」を帯びた司令官バラッタは、宣教師ザビエルに帯同し日本に潜入するのだが…。迫りくるポルトガル大艦隊、迎え撃つは薩摩の安次郎と倭寇の大海賊・王直船団!戦国史を根底から覆す驚天動地の時代活劇巨篇。


 オイラの好きな両氏を中心に読み漁ってました。

  火坂 雅志  (1956年5月4日 - 2015年2月26日)
  山本 兼一  (1956年7月23日 - 2014年2月13日)
 
 若くして、志を閉ざされた両氏の冥福を祈りながらの乱読でした。



2018.04.29  GW
 今日は日本の国民の祝日のひとつですね。
 さて、何の日でしょうか?

 「天皇誕生日」 「みどりの日」 「昭和の日」

 2007年1月1日施行の改正祝日法で新設された「昭和の日」です。

 ゴールデンウイークでワクワクしている人も多いでしょうが、ご近所桜散歩と読書に疲れたオイラは昭和歌謡の1曲で一休み。

    

 何もすることが無い。予定も無い。  限られた時間だけが有る。



2018.04.28  突入
  DSCN4537.jpg

 右見て左を見てまた右。 横断禁止でない道路をノタノタと渡る。
 突然、遠くからクラクションがけたたましく鳴る。
 ウルサイ! 手を動かす前に足のアクセルを緩めろ!

 確かに信号のある横断歩道もあるのだがオイラの勝手でしょう。
 なんなら勝負するかい? オイラはケガをするかも知れないがアンタは・・・  「イタイ」のはどっちだいな?


 テナことがありながらいつもの強制散歩でフクニワです。
 エゴノキ‘ピンクチャイム’の木を見上げればー
DSCN4652.jpg DSCN4650.jpg
 鈴なりのツボミとフライングフラワーが・・・

DSCN4633.jpg DSCN4635.jpg
 ハナミズキも盛りを過ぎて、ゴールデンウイーク突入ですね。

DSCN4708.jpg DSCN4663.jpg
DSCN4689.jpg DSCN4696.jpg




2018.04.27  オオタカ②
 桜が散った善福寺川です。
DSCN4548.jpg DSCN4550.jpg

 ヒマラヤスギの一隅にオオタカのペアが子育てをしております。
DSCN4551.jpg DSCN4569.jpg

 4月上旬には盛んにペアリングしていたそうな。
DSCN4556.jpg DSCN4558.jpg
 メスが抱卵しながら、カラスからの攻撃に警戒しております。
DSCN4563.jpg DSCN4564.jpg
 尻をこちらに向けて、突然の飛翔。  撮れるかいな―

 2時間近くネバリましたが鋭いショットは今回も撮れませんでした。

 知人からのショットを貼り付けてみましたがオイラも撮ってみたい。
m_DSCN3115-f2ec6.jpg m_DSCN2983-ad9cf.jpg
 カラスとの空中戦や飛翔は無理としてもせめて全身を撮りたいナー



2018.04.26  逞夢
DSCN4527.jpg DSCN4529.jpg

 どこからか飛んできた種子と土と雨水があれば逞しく育つ君達に出会うと、G3オイラは元気をもらえそうで嬉しいかぎりです。

DSCN4532.jpg DSCN4536.jpg
DSCN4580.jpg DSCN4581.jpg


 こんな逞しいツツジを見に行ったのは、6年前の5月の町田だった。
 tt100_1078ss.jpg
 このツツジの大変さを体感するために、写真をクリックして首を横にして読んでみてくださいナ!  今年も咲いているかナー




 外は雨。 でも、オイラは散歩に出掛けました。
DSCN4618.jpg DSCN4620.jpg

 白い花をつけるナンジャモンジャを見に来ました。
DSCN4592.jpg DSCN4594.jpg
DSCN4597.jpg DSCN4601.jpg
DSCN4604.jpg DSCN4605.jpg
DSCN4610.jpg DSCN4612.jpg
 正式名はヒトツバタゴだそうです。 「ヒトツバタゴ」 の学名 「Chionanthus」 (チオナンサス) はギリシャ語の 「chion (雪) + anthos (花) 」 が語源だとか。

DSCN4589.jpg DSCN4590.jpg


2018.04.25  全宗
 施薬院 全宗(やくいん ぜんそう)は秀吉の侍医でありながらも側近で外交僧として仕える。 また、信長による比叡山焼き討ち後の延暦寺再建の祖とも云われてます。

 火坂雅志氏の 『全宗』(1999年3月1日 初版)を興味深く読みました。
甲賀出身で比叡山に学び、師・曲直瀬道三を踏み台に豊臣政権の中枢に食い込み、秀吉の筆頭侍医となった施薬院全宗の生涯を描く。竹中半兵衛、黒田如水、石田三成等の名だたる側近の中でも異彩をはなった男の野心と生涯、群雄割拠の乱世を見事に描ききった傑作長編。
 善人ではありません。医を持って権力に近づき、自らも権力を行使する智慧者の悪人です。  秘薬ツガルとは・・・

 秀吉の九州島津征伐時、全宗は長崎を支配していた大村純忠の領内を見て驚愕したといわれます。その理由はキリスト教信者による寺社の破壊が進み、その上、長崎はポルトガル領になっていたのである。
 権力者にとって非常に都合悪く、キリスト教禁止を考えました。
 全宗草案の『吉利支丹伴天連追放令』原文が現存しております。

 子の出来ない秀吉のために、精力剤を調合したり、淀君に誘淫剤を塗布したりの媚薬創りに励むのであった。
 その結果秀頼が生まれるのであるが受胎日前後にはふたりは遠く離れており、父親は誰?なんてのミステリーが生じたのである。

 
 春・櫻に現を抜かしながら、夜はセッセと読書に勤しんでおります。

 788年最澄の時代からずっと灯され守られている「不滅の法灯」も1571年に一度は消失。 しかし「不滅の法灯」も復活するのであった。

 そのトリックは山形・立石寺に分燈されており、その火種を再び延暦寺へ分灯したのである。
 その立石寺も焼き討ちで消灯すると、延暦寺から分灯されました。
 さらに、延暦寺の分灯は全国数十ヶ所もあるそうだ。

 歴史を伝える行為、紡ぎ綴る人々は偉大ですね。



 
2018.04.24  WHAT
 ナンダ・・・カンダ・・・パンダ・・・ピンチ・・・パンチ

 名古屋・庄内川橋下の河川敷でパンダ発見・遭遇?

   pannda01.png

 名古屋在中の知人Oさんの写真を勝手にトリミングして、かつ無断掲載していることをお許しアレー


2018.04.24  犬櫻
 大宮八幡宮のカヤの木と犬桜の”共生(ともいき)の木”です。
DSCN4433.jpg DSCN4443.jpg
 幹の樹皮の違いが判りますか? ギザギザの葉と桜葉は?
DSCN4438.jpg DSCN4441.jpg
 高さ10m以上の樹木をやっと撮ることができました。

 境内にはヒトツバタゴが咲いてました。
DSCN4458.jpg DSCN4456.jpg
 別名はナンジャモンジャの木とも呼ばれてます。 でもね・・・
DSCN4447.jpg DSCN4448.jpg
 こちらの菩提樹の木もナンジャモンジャの木と言われてます。
 どんな花を咲かせるのでしょうか?  楽しみですね。


   OMAKE  鬼に笑われようと来年も・・・

 こちらの傾いた樹木は・・・
DSCN4500.jpg DSCN4507.jpg
DSCN4517.jpg DSCN4503.jpg
 今年は犬桜を5ヶ所で見ることが出来ました。 ありがとう。