FC2ブログ
2018.09.29  外伝 4
 これからが十月桜の開花が見頃になりますね。
DSCN9394.jpg DSCN9415.jpg
 近所の大宮八幡宮なのですが都内には皇居・上野公園・新宿御苑・赤坂見附などなどで見かけられます。 意外と身近な秋桜ですよ。

 と、他愛のない写真をアップしたには理由があります。
 突然入院を余儀なくされた名古屋のOさんが。
 入院直前に契約してきたWiFiを病室内に開設し、暇つぶしに、きのう 「休刊」 告知したばかりの拙ブログを 舌の根も乾かないうちに、いきなり “臨時開店” してしまいました。 と、ガンバっている姿勢に感化感動してオイラも見習ってみました。
 無菌室から一般病棟に移られたようですが早く退院して御嶽山の雄姿を撮ってくだされー

DSCN9425.jpg

 台風24号が直撃するらしいが嵐の前の十九夜の月が・・・
DSCN9434.jpg

 特なる内容有るネタではありませんがのアップしてみました。



2018.09.26  外伝 3
 東京地方の昨夜の十六夜(いざよい)は分厚い雨雲におおわれ見ることが出来ませんでした。 今年の中秋の名月はチト残念でした。
 オイラは鮭フレークにギンナンを入れた炊き込みご飯でした。

 ブログ休止中ながら不定期アップですが、ボチボチ元気です。


nokibasira.png

リレー小説  運命の剣  「のきばしら」


      一振りの剣が時空を超える

     PHP研究社 1997年6月発行


鎌倉末期、備前長船で生まれた剛刀「のきばしら」。足利将軍斬殺という嘉吉の乱を引き起こし、千利休の手により石灯籠を斬る。やがて江戸時代、転生した娘とともに質屋夫婦の命を救い、幕末には“人斬り”岡田以蔵の手に渡る。維新動乱のなかで女剣士の仇を討って、ついに終戦前夜の皇居に現れる…


 一振りの剣をめぐり、7人の作家が挑むリレー小説です。
 企画編集者の努力が結集した珠玉の小説にアッパレです。
 読後の感想? 当然、おもしろかったです。愛おしく読了・再読。


   第一話   敢えて銘を刻まず  中村隆資
   第二話   犬死将軍      鳴海丈
   第三話   利休灯籠斬り    火坂雅志  
   第四話   あかね転生     宮部みゆき
   第五話   斬奸刀       安部龍太郎         
   第六話   明治烈婦剣     宮本昌孝   
   最終話   残欠        東郷隆 


 一日一話数時間行間をさぐりながら愉しく読み終われました。


 NHK 番組告知  東京ロストワールド 第2集 孀婦(そうふ)岩
         2018年9月29日(土)  午後9時00分~9時49分
          nhk-thum_01.jpg

 オイラが40代だった時に眺めに行った孀婦岩の全貌が明かされるらしい番組が放送されます。 アナタも興味深くご覧ください。




2018.09.21  外伝2
 お元気ですか? ブログ休止中の遊助320も元気ですわ。
 休止中とは云え、長年の収監?習慣でついパソコンのキーボードを打ってしまいます。 ですので、起承転々天外伝として・・・

 マカオからイギリス・ブライトンへ移住した後輩から“国際電話”が入りました。 スゴイ時代になったもんだ。改めて文明の利器道具の進歩を当たり前のように感じたヒトトキを過ごしました。

 内容? 他愛のない会話を1時間42分も愉しみました。 
 事故の事から彼の日常、モロモロ・・・
 電話料金? LINE通話ですので無料?


  英国からのエアーメール  DSCN9362.jpg

 130年前の人々が現在の水着やファッションをみたらどんな感想感嘆を挙げるであろうか・・・


 事故時に携帯とデジカメの両方が壊れました。
 貴重な写真が撮れなく非常に残念でした。

 帰宅後ソク修理です。
 携帯はSIM?の外れで即復活、写真が残っておりました。
 デジカメはメモリーカードとの接続?に不具合が生じ新カード挿入。


 携帯に残っていた写真。  新潟村上の観音寺ではー

     murakami01.jpg
                即身仏・仏海上人さま

 約100年前、明治36年に76歳で入定した唯一の20世紀即身仏。
 仏海上人は文政11年(1828)越後の国岩船郡村上城下に誕生、俗名近藤庄次郎。文久3年(1863)35歳で木食行を開始、元治元年(1867)仙人沢籠りを開始。 明治6年、神仏分離例により出羽三山が神道の山となり、仏海上人は下山して故郷、村上に戻り観音寺の住職に就任。
 死の二年ほど前に宮大工に石室を建造させ、漆を飲み始めた。即身仏になろうとすることを官憲にばれ、自殺行為はまかりならんと指し止めをくらったが病死として届け入定。信者たちに3年後の発掘を遺言していたというが、明治新政府の各種法令によりその約束は果たされなかった。
 1961年、つまり昭和36年、死から57年後に発掘されました。

 アァ、合掌あるのみ。
 現在では奇習とみなされ、現代人には理解しがたい思想ですが“尊厳死”としてオイラは肯定するが・・・
 「秘すれ語るなかれ」の出羽三山系山岳信仰が静かに息づいておりました。


   OMAKE  クラゲには脳の思考回路が無いそうだ。

turuoka01.jpg turuoka03.jpg
turuoka02.jpg turuoka04.jpg




 09.08のブログ休止宣言後も毎日のように立ち寄ってくれる数名の方がおります。 奇特なお方です。 そんな人への感謝を込めて、近況報告です。


 オイラの生まれ故郷である新潟県柏崎市には♪米山さんから雲がでた♪の三階節で有名?な日本三大薬師の米山(992.5m)があります。
 小学生の時に登って以来の70を前に無謀?にもチャレンジです。

 登山道入り口には、2500m約2時間半で頂上の薬師堂到着との事。
 歩行に自信がないオイラは4倍の10時間で辿り着けるのでは?と、朝8時出発です。 (当然、泊地からタクシーを呼び入口の駐車場からの第一歩でした)

 晴れ上がった青空。整備された登山道ながら、キツイ!
 10歩あるいては立ち止まりのくり返しの連続。
 4時間歩いて1000m? 711米峰と云う標高を名にした前山?到着が午後3時、やっと7合目? 不覚にも小一時間の昼寝をしてしまいました。
 夕方5時、あと500m? 山頂山小屋には辿り着けず野宿か?
 まぁ、水2ℓ・食べ物も有る。 真っ暗になろうと不安は無い。

 リックを担ごうとした瞬間、重さで横に振られ、「ア!」転落です。
 2・3回転どころではありません。 稜線から10m以上?滑落。
 幸いにも打撲・骨折・出血はありません。 だが、どうする?
 登山道へ戻れない登れない。  携帯が壊れている。
 さぁ、どうしょううか? 以外にも冷静、野宿するか・・・

 時刻が判らない暗闇に小雨が降ってきました。
 足場の悪い斜面で60×90シートを被り、天候の回復を待つが益々本振り、衣服はジックリ濡れ始め、最悪!
 体がガタガタ、低温硬直痙攣か? このまま“死”が・・・

 “自然死(しぜんし)” テンテン2が転がって“自選死(じせんし)”
 不安はイッパイあるが、これもまた人生 ナゼカ冷静なのである。
 ウトウトしながら、寒さに耐えて十数時間。
 桎梏の暗闇から薄暮へ。 雨も上がり始めたが衣服はビョビショ。

 「だいじょうぶですかー」 稜線から登山者の声が・・・
 待つこと2時間? 県警の救急防災ヘリが頭上に・・・

 生まれて初めて緊急ヘリコブターに乗りました。
 救急車は40代の車単独横転大破事故以来の2度目。

 濡れて半乾きのまま、緊急病院で診察を受けました。
 でも、オイラの心配はー 「風呂に入れますか? コインランドリーはありますか? 履物は売ってますか・・・」などなど、体の異常や体調よりも別の関心事が・・・

 結局2時間の診察後、特に問題なく入院も必要なし。このまま、帰られて結構ですよ。と約1万の請求と共に追い出されてしまいました。
 タクシーを呼んでユニクロでジャージの上下と靴下・サンダルを買い求め、新幹線で帰京して来ました。

 テナ、禁煙探しの旅も途中で挫折、脱喫煙の目標も達生出来ず。


 大宮八幡宮で十月桜が咲いてます。 彼岸花が咲きだしました。
 ブログ再開には程遠いですが、近況報告を書いてみました。



2018.09.08  無題
    唐突に突然のお知らせです。

 オイラブログ「気ままに起承転々天」を休止します。


 「2007.08.04 ブログはじめました」からほぼ毎日飽きもせず凝りもせずのんべんだらりと怠惰な生活を綴り4400余をアップしてきました。

 来訪者の皆さまに感謝です。  ありがとうございました。


     monn44.jpg


 SEVENSTARHOPEを託しPeaceechoを待つ。

 禁煙探しの旅に出掛けます。脱喫煙の山籠もりに入ります。




2018.09.06  4405
 今年の3月から毎月新宿御苑を訪れております。
 6月は探しきれなかったが7・8月と狂い咲きの櫻に注目して、今月も見に行ってきました。

 オォー 咲いているではないか。(カメラ性能のせいか?相変わらずのピンボケですが)
DSCN8801.jpg DSCN8781.jpg

 管理事務所近くの十月桜です。
 もし、彼に意思意識があるとしたら咲き続ける事が使命と異端であることを自負して咲き続けていたなら、驚異です。

 その奇跡のワンショットです。

   FSCN8892.jpg
 
 お手軽コンデジ内蔵の画面加工ソフトで遊んでみました。
FSCN8886.jpg FSCN8887.jpg
FSCN8889.jpg FSCN8890.jpg

 かれの意志は“矜持”に値するであろう。

 テナコトを考え、眺めるオイラは・・・  粋狂・偏屈者?

   DSCN8867.jpg

   DSCN8871.jpg

DSCN8882.jpg

 台風21号が過ぎ去った東京・新宿への青空散歩の一コマでした。



2018.09.05  たずねよ
 オイラの好きな作家に、火坂雅志氏(1956年5月4日-2015年2月26日)と共に山本兼一氏(1956年7月23日-2014年2月13日)がいます。

 2009年直木賞受賞の『利休にたずねよ』をやっと読み終わりました。

 天正19年〈1591年〉2月28日、茶人・千利休は、聚楽第内の屋敷に設えた一畳半の茶室で切腹の日を迎えた。妻・宗恩は、利休の胸の奥には長年秘めた想い人がいるのではないかと問いかける。利休は否定するが、彼の心に影を落とす女は確かにいた。彼が19の時に殺したその美しい高麗の女の形見である緑釉の香合を、利休は肌身離さず持ち続けていた。
 物語は、利休本人と彼と関わりがあった人々の一人称で語られる短編形式で、利休切腹の当日から時をさかのぼり、利休の美学の根源は何かを探る形で描かれる空想ファンタジーとなっている。

 利休が開いた茶会に長次郎の楽焼椀を並べ個々好みに合う椀を選ばせたそうな。残った最後の赤茶碗を「木守」と名付けました。
 また、ある茶会では茶人を迎えるにあたり、庭木の落ち葉をきれいに掃きトンと木を蹴飛ばしたそうな。
 そんな作為的美の昇華が自死に繋がったのであろうか?


 台風が過ぎ去った空には雨上がりの利休鼠が広がっておりました。
DSCN8734.jpg



   OMAKE  木守

 晩秋の柿の木に、ぽつんと一つだけ残された柿の実をよく見かける。
 これを木守柿、あるいは木守と言う。

  今年もたくさんの実を与えてくれた木を労っているのか。
  それとも、来年の実りを祈念して、神に捧げているのか。
  あるいは、腹を空かせた鳥や旅人のために残してあるのか。

     kimori01.png





2018.09.04  Pearl
 『パール』(Pearl)は、アメリカの女性ロック・ヴォーカリスト、ジャニス・ジョプリンのアルバム。本作が完成する前の1970年10月4日に彼女は多量の薬物摂取で亡くなりました。

  1971年1月11日リリース   jp001.jpg

    Side 1
  ジャニスの祈り (Move Over)
  クライ・ベイビー (Cry Baby )
  寂しく待つ私   (A Woman Left Lonely)
  ハーフ・ムーン   (Half Moon)
  生きながらブルースに葬られ  (Buried Alive In The Blues)
    Side 2
  マイ・ベイビー (My Baby)
  ミー・アンド・ボビー・マギー (Me And Bobby McGee)
  ベンツが欲しい  (Mercedes Benz)
  トラスト・ミー (Trust Me)
  愛は生きているうちに  (Get It While You Can)


 遺体は火葬され、その遺灰は事件9日後の10月13日カリフォルニア州マリン郡スティンソン海岸沖の上空から太平洋へと散骨されました。
 来月の命日である10月4日に、チャーター機で100本の白い薔薇でもバラまきに出掛けましょうか・・・




2018.09.03  誕生日
        
       1962年11月22日に歌われたバースディソングです。


 世の中には不思議な生き物?が存在します。

 西暦2112年9月3日誕生のネコ型ロボットがタイムスリップして21世紀に現れたのである。 よって、今日がマイナス94歳の誕生日なのである。 そう、ドラえもんです。

        DSCN8720.jpg

 ドラえもんの誕生秘話-実はドラえもんって不良品?
 マツシバロボット工場で本来子守用ロボットとして大量生産中、ひょんなことからねじが1本落ちたまま完成したロボットが、のび太の孫の孫のセワシに引き取られます。
 私たちが親しんでるドラえもん、実はねじが1本抜けた個性のあるネコ型ロボットだったのです。

 そんなドラえもんの不思議を読みながら、大好物のどら焼きをかじりました。




2018.09.02  オフ会
 朝9時、新宿からの無料送迎ホテルバスに乗り込み発車です。
 2回の喫煙タイムをはさみ、大仁ホテルへ定刻の12時半に到着。

 3年前に亡くなった焼酎学生さん(彼のブログ「ボクの富士山日記」はタイトルだけで中身は見れないのだ)を中心に富士山好きが集まった仲間たち。
 彼の書き込みが無くなり、70を過ぎたGさんたちも書き込みが減り、一番若いオイラだけが毎日ガンバっておるのだ。

 さて、車で到着のお連れさんは?
 彼らは、寿司を喰らい韮山反射炉見学から3時に合流。

 温泉もほどほどにイザ決戦の麻雀大会です。
 バイキングの夕食を挟み、深夜0時まで・・・

 次日が晴れて富士が見えるなら、県道223号を駿河湾フェリーから三保の松原やさった峠を通り富士宮駅への予定でしたが・・・

   DSCN8722.jpg

 ならば、と云うことでホテルで12時までもう一回囲みました。
 結果? 2連勝中のオイラは2位でトップ獲れず!でした。

 次回は秋、富士山撮影をメインに・・・
 1年半ぶりのブログ仲間との再会を愉しんで来ました。