FC2ブログ
DSCN1687.jpg DSCN1691.jpg
DSCN1696.jpg 
DSCN1699.jpg 
DSCN1703.jpg 
DSCN1712.jpg 
 今日の夕方から夜は雨らしいです。
 来月初旬のダイヤモンド富士の行方は?


 昨日もネギ、その前の朝もネギ・・・ 葱料理が毎日続きます。

   焼きネギを添えて  DSCN1668.jpg

 ネギをガスレンジで焼くだけなのだが、単純なのですが難しい。
 焼きが少ないと甘みが出る前に硬さと辛みが残り、焼き過ぎると丸焦げになりますわ。

 クっちゃネ・喰っちゃ寝しているうちの1月も晦日ですね。
 残り少ない人生にタップリ弄ぶ時間の多さに閉口しております。


 第2週にはマカオから友人家族が来日。 本人は温泉にノンビリ入りたいらしいが、澳門人の奥さんは同性とはいえ見知らぬ女性との入浴は避けたいと客室露天部屋を希望。6才のガキは石神井の模型店に行きたいらしい・・・  スカイプでアレコレ会話を楽しみました。

 さてー  と、ブログネタ仕込みに禿げみましょうか・・・



2019.01.30  ?
 昨日は南風で暖かかったです。 今日は西?北風?
DSCN1670.jpg 
DSCN1673.jpg 
DSCN1680.jpg 
 東京地方の雨無し日が続く中、下り坂らしいが数日後のダイヤモンド富士は見れるのかいな?


 オリガミ会館で気になる作品があったので、オイラも真似してみた。
DSCN1659.jpg DSCN1658.jpg

 展示されていた作品です。金と赤の表裏色紙を使い「月と鶴」?
      DSCN1601.jpg
          金冠色紙にさりげなく貼り付けてありました。

 脳トレ?手先運動?  テナことに関心は無く、単純に好きなのだ。
 ヌクヌクした室内で手モズラをかいておりますわ。


2019.01.29  オリガミ
 御茶ノ水駅からトコトコ10分。 湯島のオリガミ会館です。
DSCN1621.jpg DSCN1585.jpg
 変わり折り鶴のヒントが得られるのでは? と出掛けてきました。
DSCN1597.jpg DSCN1598.jpg

DSCN1587.jpg DSCN1591.jpg DSCN1602.jpg
DSCN1604.jpg DSCN1607.jpg DSCN1606.jpg

 講師の方が軽い喋りと手先を動かし・・・
DSCN1613.jpg DSCN1611.jpg
DSCN1615.jpg DSCN1617.jpg

DSCN1618.jpg DSCN1619.jpg

 1枚の紙から立体を折り上げるORIGAMIってステキですね。



2019.01.28  立ち寄り
 御茶ノ水駅から目的地までの通りすがりの立ち寄り散歩です。
DSCN1639.jpg DSCN1645.jpg
 まずは、湯島聖堂です。 「孔子の諸説、儒学を教える学校」へは数年ぶりに立ち寄ってみました。
DSCN1648.jpg DSCN1651.jpg
 聖獣・霊獣たちが見守る学問所。 特に鴟尾(しび)の頭から水を噴き上げている鬼犾頭(きぎんとう)は圧巻でした。

 神田明神さんです。 富士塚モドキの滝がありますよ。
DSCN1636.jpg DSCN1634.jpg
 いつも思うのだが、自ら新皇を称した朝敵逆臣の平将門を神と祀るこの神社はナニユエ崇拝されるのであろうか・・・

DSCN1629.jpg DSCN1626.jpg


2019.01.27  ネギ鍋
 寒いですねー  今季一番の寒波?が関東を襲ってます。

 泥付きネギの束が安く手に入りました。 早速、ネギ鍋です。
     DSCN1572 (2)
 鴨ネギにしたかったが鴨が高かったのでアンコウ鍋です。

 次日の朝は溶き卵を加え、雑炊にして美味しくいただきました。
     DSCN1578 (2)

 チョッピリのコラーゲンたっぷりでお肌がスベスベてなこと無いか。



2019.01.26  鬼王
 新宿・歌舞伎町の端っこに稲荷鬼王神社がありました。
 名の通り、宇迦之御魂神を主祭神として祀る稲荷神社と、鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)を祀る鬼王神社の合体神社です。
DSCN1402.jpg DSCN1411.jpg
 さらに、境内の三島神社に祀られている恵比寿神は新宿山ノ手七福神の一つであり御利益いっぱいなのである。
DSCN1412.jpg DSCN1414.jpg
 さらにさらに。 境内には二ヶ所の水琴窟がありました。
 手水鉢の残り水が奏でる音色と本殿屋根に降った雨水を集めた音色。 自然廃棄までも集め活用する知恵には感心させられました。
DSCN1406.jpg DSCN1409.jpg

 更にさらにサーラに。 ナンジャ?このユーモラスな鬼の形相はー
DSCN1398.jpg DSCN1396.jpg
 元々とある旗本の屋敷に置かれていたこの水鉢には不思議なエピソードがあります。
 それは毎晩井戸で水を浴びるような音がするというのです。 水音を聞いたとある人物が夜中にこの水鉢を支えている鬼を刀で切ったというのです。
 その後、家中の人が病に侵されるという祟りが起きたのでこの神社へと納められたということです。

 全国から拾い集められて造られた富士塚・浅間神社を含めこの神社には不思議がいっぱいなのです。
 そして、大和朝廷から明治期・新元号へ続く現天皇へ反旗を掲げ、新皇を名乗った平将門の幼名が鬼王丸だったのもなにか関係しているのだろうか?

 そんな怪しげな集客こそ、現在の歌舞伎町の集蜜の原点なのかも知れませんね。



 大きな神社では主祭神を祀る本殿のほかにもいろんな神様を祀る伝統?があります。
 しかし、日本一の歓楽街である新宿・歌舞伎町には区画整理のためか? 狭い一隅一か所に集められた神社があります。

 その一つに祭神・木花開夜昆賣命の浅間神社があります。

DSCN1386.jpg DSCN1384.jpg
 西大久保富士と呼ばれる富士塚です。 その造りは珍しく、参道をはさんで右側に1~4合目・左側に5合目から頂上の奥宮が整然と並んでおります。
  CCF2010072.jpg
 富士信仰・富士講は江戸時代だけでなく、戦前の昭和期まで残っておりました。
 特にこの新宿・大久保界隈は富士講発祥の地らしく、あっちが建てたならこっちもうちも、見栄を張り合っておりました。いかにも江戸っ子の田舎ものらしいほほえましい残存遺跡です。
DSCN1389.jpg DSCN1390.jpg

  ちなみに、この西大久保富士のほか。
  元祖・富士塚発祥の高田富士
  西向天神社の東大久保富士
  花園神社の新宿富士
  西新宿には成子天神社の成子富士
  高田馬場には月見岡八幡神社の上落合富士
  千駄ヶ谷には鳩森八幡神社の千駄ヶ谷富士
                       などがあります。

 富士塚を知ってから十数年、いろんな富士塚を見て廻りました。



2019.01.24  オトータン
 チト、シュールで笑うに笑えない小話です。


 とあるご夫婦のお話です。
 この夫婦、10年以上子供を授かれず、悩んでいました。
 いろんな病院にかかりましたが、なかなかいい結果が出ない・・・
 苦しい時の神頼み、ちょっと怪しげな祈祷も受けたそうな・・・

 それが原因かどうかは別として、この夫婦に子供が出来たのです。
 ご当人はもちろんの事、おじいちゃんも おばぁちゃん達もそれはそれはもう手放しで大喜び。
 だが出産の時、この赤ん坊産声をあげない・・・
 そしてその後も一向に 泣かない・・・
 病院は特に他は異常ないとのこと・・・

 それでもこの夫婦、何はともあれ待望の子供を授かった事がうれしく、一生懸命子育てに励んでいたのである。
 一年も経ったであろうか、とある日、おじいちゃんが この泣かない赤ん坊をあやしていた時である。
 「おじいちゃん・・・」
 この赤ん坊が喋ったのである!
 おじいちゃんは大驚き! そして大喜び! てんやわんやの大騒ぎ!
 その日の晩は家族で祝賀会、うちの子はちょっと他の子とは違うけど、ちゃんとスクスク育っていると一同喜んでいた。
 しかし、そんな喜びも束の間・・・
 喜び過ぎたのか、おじいちゃん、あくる日亡くなられたのである。

 それから半年、赤ん坊は相変わらず泣かない、喋らない・・・
 そんな折、おばあちゃんが掃除をしていた時、何やら声が聞こえたような気がした。
 赤ん坊を覗き込むと、「おばぁちゃん・・・」
 たしかにまたこの子が喋ったのである!
 おばぁちゃんは大喜び! やっぱりこの子はちゃんと成長してるねぇ、と家族一同安堵の表情であった。
 ところがあろう事か、おばぁちゃん。 あくる日亡くなられたのである。

 夫婦はちょっと疑問を感じ始めた・・・
 これはただの偶然の出来事だろうか・・・
 それとも・・・ この子・・・
 おじいちゃんもおばぁちゃんも高齢、
 我が子を疑うなんて 以ての外!と、夫婦は気をとりなおした・・・

 順調に成長して早3歳。
 でも事態は変わらず あれ以来喋らない・・・

 祖父祖母の不思議な出来事の記憶も薄れつつある頃、
 「ママ・・・」   ・・・ 喋った ・・・
 目を丸くした夫婦。
 おかぁさんは頭を抱えた・・・
 そんなわけないやろ、我が子を信じよう!
 と慰めるおとうさんも半信半疑・・・
 そして、そんな思いも通じず、あくる日、おあかぁさんは他界された・・・

 こうなると ただの偶然とは思えない。
 お願いだから喋らないでくれ!
 おとうさんを呼ばないでくれ!
 おとうさんは日々祈る毎日であった。
 だが、容赦なくその日はやってきた。
 「パパ・・・」
 おとうさんはパニック状態・・・
 俺は明日死ぬのか・・・?
 この子はいったい何者なのか?
 その日は眠りにつけず、朝を迎えた。

 あれから三年の日々が過ぎた。
 穏やかに空は晴れ上がっていた。

 今日はあの子の小学校の入学式、
 何の問題もなくスクスクと成長している。
 喋らない事を除いて・・・
 その子の横には、おとうさんの姿がありました。
 そうです、あの日、おとうさんは死ななかったんです。

 ただ、 あまり表情は冴えません・・・
 そりゃそうでしょう・・・

 あの日、となりのオッサンが亡くなったのですから・・・


    詠み人知らずのこの話は フィクション です。
    身障者を故意に誇張して差別して書いたものではありません。



 終わりなき繁栄を支える建築群建設が続いてます。

DSCN1570.jpg DSCN1569.jpg

DSCN1563.jpg

 渋谷駅東口の2012年にオープンした渋谷ヒカリエから富士山が見えましたが今は完全に見えなくなりました。

DSCN1476.jpg DSCN1481.jpg

 47階建て超高層ビル屋上に設けられる予定の高さ230m展望台から富士山が見れる日は来年らしいです。

 ちなみに、2017.07は鉄骨工事の真っ最中でした。
hP7192977.jpg hP7192978.jpg

 日々変わりゆく風景も足を止めて見上げなければ邪魔だけ?



2019.01.22  陽射
 大寒もすぎて、今年が大雪なのか極寒なのかも判らない東京地方は乾燥日が続いてます。

DSCN1485.jpg DSCN1490.jpg
 久しぶりにフクニワからの富士を撮ってみました。
DSCN1497.jpg 
DSCN1505.jpg

 さて、昨夜は満月?  と云うことで・・・
DSCN1518.jpg 
DSCN1519.jpg DSCN1520.jpg
DSCN1525.jpg 

 これで4か月連続で満月が見られました。
m1025.jpg 
m1123.jpg 
m1224.jpg 

 立春も過ぎて、ドンドン陽が長くなってきました。
DSCN1539.jpg

DSCN1549.jpg

 あと10日もすればダイヤモンド富士が拝めそうですが・・・