FC2ブログ
2019.08.31  末日
 平成元年8月も今日でおわりですね。

          

 1971年オイラの夏はー  遊びほけていました。

 邦楽TOP20は、 「わたしの城下町」「知床旅情」「また逢う日まで」「傷だらけの人生」「ナオミの夢」「よこはま・たそがれ」「花嫁」「雨のバラード」「望郷「さらば恋人」「17才」「小さな恋のメロディ」「二人の世界」「さよならをもう一度」「京都慕情」「霧の中の二人」「ポーリュシカ・ポーレ」「雨の御堂筋」「砂漠のような東京で」「走れコウタロー」・・・
 洋楽では、ローリング・ストーンズにピンク・フロイトやシカゴ、ジャニス・ジョプリンやキャロル・キングをクーラーの無い6j畳間で大音響で近所迷惑も顧みず流しておりました。

 平山三紀(1949年8月22日 - )は、1977年にばんばひろふみと結婚したが、2005年にばんばの女性問題(不倫)が原因で離婚。
 昨今。  私が1年の中で一番大好きで大切なクリスマス。2011年の東日本大震災を受け、NPO法人ジングルウィークを設立。「こんな時だからこそ被災地の子ども達にクリスマスを届けたい」と支援の気持ちを込め、「ジングル★ウィーク」と名付けたクリスマスマーケットをこれまで8年間開催しています。 クラウドファンディングで目標金額1,000,000円を9月13日まで募集しております。

 出逢いもなく、何も起こらなかったこの夏が過ぎようとしております。
 来たる秋に期待しようではないか・・・・・


 そして、トボトボテクテク。目に入ってきた寺町ギャラリーです。

DSCN5628.jpg DSCN5626.jpg

 写真をパソコンに取り込み加工するデジタルアートが並んでました。 作者は増田郷樹さんです。

  masuda003.jpg masuda002.jpg masuda03.jpg

 画像ソフトがあればだれにでも創れそうですが、感性がー

 masuda1.jpg masuda2.jpg

 そして、ピピッと響いた画が・・・

   DSCN5624.jpg

                  ポツリ、旅に出たいナー



2019.08.29  応挙
 谷中・全生庵の三遊亭圓朝コレクション幽霊画展です。

 真筆?贋作? 丸山応挙の軸画が飾ってありました。

     DSCN5617.jpg

                夢枕に現れた妻の遺影です。

 幽霊に足が無い理由をご存知ですか?

 そう。この画こそ元祖幽霊画なのであります。

 応挙が描いた足の無い美人画が歴史を変えた問題作なのであります。



2019.08.28  全生庵
 スマートホンのグーグル地図アプリでチョンチョン、便利ですね。
 根津神社から山岡鉄舟ゆかりの全生庵へテクテク歩き30分。

DSCN5620.jpg DSCN5610.jpg

 江戸・東京の落語・三遊派の大名跡と称される初代三遊亭圓朝(天保10年4月1日 - 明治33年8月11日)の墓があります。
 圓朝による新作落語には名作佳作とされる作品も多く、怪談では、『牡丹燈籠』『真景累ヶ淵』『怪談乳房榎』などを創作しました。
 毎年夏には、彼の集めた幽霊画が公開されます。

DSCN5613.jpg DSCN5618.jpg

 圓朝自らが描いた骸骨画には「見し夢の睡にかゝるは世のつねそうつつのゆめになるそかなしき」という賛が添えられてます。
DSCN5614.jpg
 ウン? 左は暁斎!  「我に描けぬものなし」と豪語する河鍋暁斎らしからぬタッチの幽霊画が並んでました。

 普通やんけー  待てよ、普通ゆえがこそがこの世の恐さかー



2019.08.27  根津神社
 暑い夏はクーラーの元でのんびりがサイコー
 ですが、引きこもりでは遺憾と灼熱散歩に出掛けて来ました。

 第6代将軍・徳川家宣の生まれ育った屋敷を家宣の産土神とされていた寺院をこの地に遷座して建てられた根津神社です。
DSCN5585.jpg DSCN5586.jpg
 社殿は東京大空襲にも遭わずに宝永3年(1706年)の創建です。
DSCN5591.jpg DSCN5594.jpg
 宗家らしい権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)です。

 京都 伏見稲荷大社の千本鳥居を模してか?
DSCN5587.jpg DSCN5590.jpg
DSCN5601.jpg DSCN5596.jpg
 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る乙女稲荷神社。

DSCN5602.jpg

 三遊亭圓朝師匠いわくのー
 「ちょうど根津権現へ参詣して、惣門内を抜けて参りましたが、只今でも全盛でございますが、昔から彼の廓は度々たびたび潰れましては又再願をして又立ったと申しますが、其の頃贅沢な女郎がございまして」
 東京大学の移転にともない、門前に形成されていた根津遊郭は廃され、江東区の州崎遊郭へと移転させられました。 tosa-

 コンパクトながらも格式高き寺院でありました。

   OMAKE & DASOKU
  8月1日より御朱印の初穂料を300円から500円へ改定させていただきます    こんな処にも値上げの荒波皺寄せが・・・



2019.08.26  色イロ
   昭和62年、島倉千代子が発表したシングル曲です。
         


 ポストチラシにこんなモノが入ってました。
 「500色のある、暮らし。 色えんぴつ   フェリシモ」
 月1セット(20色)¥2,600+税  500色で65,000円也
aa20190503082819.jpg aa20190503082818.jpg
  25ヶ月間、毎月カラフルな色鉛筆が送られてきます。
 優雅ですネー  物欲・所有欲が満たされますネー
 潤い? 癒し?  イエイエ、絵が描きたいんです。

 残念ながら、絵心の無いオイラには無縁の世界です。
 ですが、エロボケしているオイラはナゼか多色に憧れます。


 2011年、サクラクレパス創業90周年を記念したクレパス700色セット(全国限定50セット/¥500,000)が発売されておりました。
       product_img_761.jpg
 誰が買ったのでしょうか? 当然金持ちマニア? 道楽ヲタク?
 このクレパスで絵が描きたい。と、買って使っているだろうか。


 オイラの好きな色は、#888E7Eの「利休鼠色」ですわ。 


 猛暑も一段落かな?  ゲリラ豪雨のあとのことでした。
DSCN5567.jpg
 クルクル、グルグルと伸びておりました。
DSCN5572.jpg
 チョイっと絡まっているようにも見えますがー
DSCN5524.jpg

 オイラの赤い糸もカラまったまま枯れてしまうのだろうか・・・


2019.08.24  道
   道なき道を進む変人・奇人・孤人・・・
   人が歩くから道が出来たのか?

 映画『ワイルドスピード/スーパーコンボ 』を見て来ました。
 ハリウッド映画らしいド派手なアクションのカーアクションの連続でした。何も考えずに単純に楽しめる映画でした。

 2001年のシリーズから8作目です。
 全部を見ているわけでは無いがおもしろいの一言です。
 1作目はスポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場してました。
 3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年)』は東京が舞台でした。 北川景子や妻夫木聡が出ておりました。

 そういえば、1954年製作・公開のイタリア映画でフェデリコ・フェリーニ監督の『道』と云う作品がありましたが、DVD化されてるかい?


2019.08.23  酷道
 国道353号は、群馬県桐生市を起点とし新潟県柏崎市を終点とする総延長175.8 kmの一般国道である。

 群馬県吾妻郡中之条町の四万温泉(四万川ダム)から新潟県南魚沼郡湯沢町の旧三国スキー場にかけて、不通区間が存在する。国道なのに県境越えの獣道すら全く道がないのである。

 ちなみに、全国には点線国道と呼ばれる国道も存在します。
 その点線国道とは、国道の車両通行不能区間における国道指定された連絡路(海上国道を除く)のことである。国土地理院発行の地形図をはじめとする地図上で、点線で表される一般国道のことを指す。道路幅員が1.5 m未満の通行困難な国道の最たるものであり、大部分は峠周辺に存在するため、利用者はその区間は徒歩での通行(登山)を余儀なくされる。
 有名な処では、国道339号 の竜飛崎に約300mに階段国道。
 点線国道扱いではないが、千葉県千葉市中央区から神奈川県横須賀市に至る通称「東京湾岸道路」の国道357号88.1 kmにも数ヶ所の不通区間があります。

 戻って国道353号、新潟県十日町市宮中ダム付近から同県中魚沼郡津南町にかけての信濃川左岸沿いも乗用車の離合が難しい1車線程度の隘路が続く箇所があり、冬期間は通行止となる。

 土建国ニッポン、公共事業の雄・道路整備も昨今の教育医療福祉関連の投資に押され陰りが見えるようですが・・・
 ドッコイ、酷道・吐道・獰道・腐道・険道・死道・徴道・損道は私達の生活を支えております。


2019.08.22  国道
 日本の国道は一部が「酷道」とも称され、マニアで人気です。
 交差し接続する国道と重複区間があれど、全国津々浦々に道路が延びてます。血管の如くと形容されることも屡々です。

 オイラの故郷・柏崎市(柳橋町交差点 = 国道8号交点)を起点として、終点の栃木県河内郡上三川町まで総延長331.3 kmの国道352号があります。
k352001.jpg k352002.jpg
 魚沼樹海ラインから枝折峠越えと複雑に入り組む奥只見湖岸線をなぞるよう走っており、未舗装のダート国道として知られ、難路であった時期もあった。 冬季豪雪により通行不能区間もあるが、尾瀬を過ぎて南会津地方から栃木県側はなだらかな道が続く。

 テナ、紙上国道旅をググって愉しんでみたが明日へ続くのだ。