FC2ブログ
2019.11.21  落燿
 久々のお寺巡りです。 と云っても一か所でしたがー

DSCN7349.jpg DSCN7353.jpg
 天羅山養善院真盛寺と称し、真盛上人の興した天台真盛宗の東京別院、本山は滋賀県大津市坂本の西教寺。本尊は阿弥陀三尊立像です。
DSCN7338.jpg DSCN7342.jpg
 寛永8年(1631)に湯島天神前に開創、天和3年(1683)谷中清水町に、元禄元年(1688)本所小梅寺町に、大正11年に当地(杉並区梅里1-1-1)に移転しました.。
DSCN7346.jpg DSCN7339.jpg
 当寺は三井高利が江戸日本橋に越後屋を創業して以来の菩提寺で、三井寺とも称されています。
DSCN7334.jpg DSCN7335.jpg
 DSCN7347.jpg

 三井高利と言えば、丁稚奉公からの成り上がりで名の通りの高金利で財を成した漢ではないかい?
 江戸で呉服の現金掛値無し販売の越後屋(現:三越)での現金が原資であり、三井住友銀行の源流から三井財閥創業の祖者。

 三井一族の墓は京都・真正極楽寺(真如堂)に有るのだが、江戸別墓寺が存在するのも豪商ならではですね。
 でも、2009年閉店した池袋三越のライオン像は、三越と縁の深い墨田区向島の三囲神社に奉納されています。

 歴史散歩で現地に赴き、帰ってきて何かと調べてみると、いろんな発見があり、変遷の想像が膨らみます。だから、面白く愉しいのである。


2019.11.20  祭囃子
 杉並区指定無形民俗文化財である里神楽や、祭囃子、大道芸、など、古くから伝わる郷土芸能を披露する催し物を観て来ました。

DSCN7362.jpg DSCN7377.jpg

   祭囃子 「大宮前祭囃子」  大宮前郷土芸能保存会
   祭囃子 「関口囃子」  友栄會はやし連中
   大道芸 「江戸の売り声」  今井 重美
   里神楽 「八幡山」  大宮前郷土芸能保存会 
                           他

DSCN7378.jpg DSCN7385.jpg

 リラックスしながら有意義な時間を過ごしてきました。


     
 1977年-1978年、日本テレビ系列にて放映したドラマ「祭りばやしが聞こえる」が忘れずに思い出しました。

 主演のショーケン(萩原健一 1950年7月26日-2019年3月26日)も主題歌を歌った柳 ジョージ(1948年1月30日-2011年10月10日)もオッ死んだナー



2019.11.19  風雲
 「ひとり、桜を見るかい?」 天の声さんから招待されました。

DSCN7485.jpg


2014年10月16日、観劇費用2600万円が未記載であることを報じ政治資金規正法違反であることが判明指摘。その後の調べて2009年より未記載の費用が1億円を超えると報じた。 10月20日、政治資金をめぐる疑惑の件で安倍首相との会談後、経済産業大臣の辞表を提出。

  5年前の出来事です。 誰の何の事件かを思い出せますか?

 安倍総理「桜を見る会」“私物化”との与野党対立

 そもそも、サクラを見る会は昭和27年から、例年ヤエザクラが見頃となる4月中旬頃に新宿御苑で開催されている内閣総理大臣主催の公的行事であったが、2014年頃から変質し、与党の支援者パーティー化しているとの疑惑が発端。
 また、桜を見る会の前日に「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」が開催され、850人もの後援会関係者が招待され公費によって賄われております。

 13日、「私の判断で来年は中止としました」
 オイオイ! 本質が違うだろう。早期解決決着は、名簿を破棄しましたや地元後援会がー なんての言い訳では無く、「丁寧かつ真摯にお答えします」の事実経過を語るべきではないかいな。

 15日、報道記者のぶら下がり会見で、長年の慣行でーとか、ツアーの収支はなかったので記載しなかった。等の説明を行ないましたがこれで終わりはないでしょうね。

 18日、市民団体が安倍首相を公職選挙法違反と政治資金規正法違反の疑いで東京地検に告発する方針を明らかにし、賛同者を募り20日に告発状を提出するという。

 ・・・・・どうなる?
 風雲急を告げ、小さな嵐が大型台風に膨れ上がり、爆発?
 首相の専権事項である「解散」が飛び出すか?

 ・・・・・おもしろくなってきましたねー


  7・5・3の数字菊はまだ2分?  生育が遅れてますね。
DSCN7497.jpg

 菊と桜のコラボレーションも相変わらずのピンボケですわ。
DSCN7500.jpg DSCN7504.jpg

DSCN7517.jpg

DSCN7513.jpg

 今日も元気にご近所散歩でブツブツと独りグチを吐いてみた。



2019.11.18  富士見
 富士見散歩はまだまだ続く。 noda

DSCN7294.jpg
 京王線・幡ヶ谷駅近くの保線橋からの眺めです。
DSCN7270.jpg DSCN7280.jpg

     DSCN7284.jpg



 16日の土曜日です。

DSCN7326.jpg
 京王線・幡ヶ谷駅の二つ隣の代田橋駅です。
DSCN7317.jpg DSCN7323.jpg
DSCN7312.jpg

 いつもの定点観測地からの富士山です。
DSCN7330.jpg


 そして、日曜のJR荻窪駅隣のタウンセブン屋上からはー

DSCN7407.jpg DSCN7408.jpg
 ダイヤモンド富士が眺められると云うことで・・・

DSCN7416.jpg 
DSCN7423.jpg 
DSCN7432.jpg 
DSCN7448.jpg 
DSCN7453.jpg 
DSCN7463.jpg 
DSCN7473.jpg 
           連日3日続けて富士山を追っかけてみました。




2019.11.17  路線バス
 先日、神奈交バスの淵24系統に乗って来ました。小田急南武線の登戸駅とJR横浜線の淵野辺駅を結ぶ週一の日曜日だけ走る路線バスなのだ。

 こういう路線を「免許維持路線」という。
 免許とは、路線バスを運行するための営業許可のことで、バス路線はいちど廃止してしまうと、再度許可をとるのが非常にむつかしいので、路線バスとして維持しています。

 京都に年一の免許維持路線バスがあるとのことで調べてみた。
 京都バスの“95系統”は、京都の大原から鞍馬までを結ぶバス路線だが、毎年春分の日だけに1便だけ運行する。しかもその上、大原から鞍馬まで運行したら折り返しの運行はなく、片道のみなのだ。

 そして、街歩き散歩で目にした路線バス案内が・・・
 DSCN6948 (2)

 きせつ運行の新宿駅西口‐よみうりランド路線なのです。
 3月16日~6月15日、9月16日~11月15日の日曜・祝日だったのが2019年の変更後に6月1日~30日の日曜・祝日のみの運行となりました。 ?6月って、祝日有ったっけ!
 新宿駅西口発9:00で一時間チョイ? よみうりランド発10:40の一往復なのです。

 basu006.png
 さらに、笹塚駅バス停から調布駅バス停までノンストップなのであります。 まさか中央高速経由でもあるまいし、国道20号線を爆走?

 ナンジャイ?
 来年の6月まで覚えていたら乗りに行きたい路線バスですね。





2019.11.16  その二
 映画『忍びの国』のDVDをを借りて見ました。

 2017年7月1日公開の邦画。 監督:中村義洋 脚本:和田竜
 作家本人の脚本は、映像にすると3時間半から4時間分ぐらいのボリュームだったため、登場人物やシーンを整理して2時間分におさめた。

 確かに多くの映画は省略と誇張で創られており、感動を生みます。
 本作も忍びのアクションはコミカルかつ自由さを感じられる撮り方に対して織田軍は伝統的な殺陣をもとに時代劇の撮り方で重厚にと、描き方を両軍で変えて撮るなどは監督の技量のたまものでしょう。 300手に及ぶアクションが続く決闘「川」のシーンでは、吹替なしで役者自身が特訓を重ね撮影に臨んだそうだ。


 棚の隣に並んでいた作品も何気なく借りていた。

 『大殺陣』(だいさつじん)は、1964年の日本映画。
 里見浩太郎・平幹二朗らによる白黒映画でした。
 実録タッチの作風による「集団抗争時代劇」というジャンルを確立した1963年の映画『十三人の刺客』の脚本家・池上金男(池宮彰一郎のペンネームにての歴史小説家)と監督・工藤栄一による時代劇である。

 延宝6年(1678年)、4代将軍・家綱の治世。大老・酒井忠清は家綱の弟である甲府宰相・綱重を後継として擁立し、天下を我が物にしようと企む。しかし、それを阻もうと軍学者・山鹿素行は一党を組織し、綱重の暗殺を計画する。

 ローアングルを多用し、15分の戦闘シーンがすばらしかった。


 両方ともおもしろかった。 32インチのテレビ画面ではあったが、コーヒー片手にタバコの紫煙をくゆらせながらの鑑賞もイイもんだ。



2019.11.15  忍びの国
  DSCN6188.jpg

 1冊の小説を書くにあたり、作家はいろんな文献本を読み漁るもんですね。 多分、これ以外にも読んで、自らの構想を構築したのであろう・・・

 和田 竜 (著)  『忍びの国』  を読み終わりました。

 時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた―  破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。

 2007年『のぼうの城』で作家デビューした和田竜(1969年12月 - )の文体は読みやすい。 従来とは異なるテイストが満載、きちんと歴史的な肉付けとフィクションをうまく織り交ぜながらきっちり落としてきた傑作です。



2019.11.14  夕空
 さ・・・・・・・・・て。  平成元年11月12日のことでした。

DSCN7142.jpg 
DSCN7147.jpg 
DSCN7163.jpg 
DSCN7165.jpg 
DSCN7168.jpg

 そして場所を変えて、永福町駅屋上のフクニワです。 
DSCN7188.jpg 
DSCN7193.jpg 
DSCN7209.jpg
 
DSCN7225.jpg

 あけて次の日の夕空です。
DSCN7231.jpg

 東空は薄雲が広がっておりましたがー
DSCN7247.jpg

DSCN7266.jpg

 霜月のダイヤモンド富士と満月のヒトリ狂想舞は幕をおろしました。



 
2019.11.13  デデン
 1997年8月29日 「審判の日」は何も起こらなかった。
 息子を殺された女と殺したロボットが共に新たな脅威に立ち向かうハチャメチャ映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』を観て来ました。

  20191019183347.jpg t2.png


 輝かしい未来は、「選択」によって決まるということかいな?
 「未来を変えたけど運命を変えることができなかった」ってことに妙に納得してしまった。

 ところで、1984年の1作時。 低予算の為、ターミネーターの原型は人骨骨格なのだが筋肉や内臓(と云っても動力源)が無くとも動けるのはナゼ? なんて考えるのはヤボ?
 見えない糸で操られているPUPPETって“人類”も同じなのか?


2019.11.12  TTL
 都庁始発の大江戸線にて赤羽橋駅へ。
 2日間だけの"天皇陛下御即位奉祝ライトアップ"です。

DSCN6999.jpg DSCN7015.jpg

DSCN7019.jpg DSCN7027.jpg

 満月手前の真ん丸お月様が・・・
DSCN7032.jpg DSCN7055.jpg

DSCN7067.jpg DSCN7077.jpg

 DSCN7086.jpg
 

 東京タワーも外人さんなどの観光客で賑わっておりました。
DSCN7095.jpg DSCN7123.jpg
 お手軽デジカメのピンボケ写真に、嗚呼と溜息が・が・が・・・



   DASOKU  自撮りしてみました。 sDSCN85200.jpg


   OMAKE ダイヤモンドヴェール 

 満月のライトアップを見に行ったのは、2018.08.27 だった。