FC2ブログ
2019.11.30  晩秋
 不染 鉄 (ふせん てつ、1891年6月16日 - 1976年2月28日)

 落葉浄土

    『落葉浄土』 昭和49年頃 紙本着色金彩 93.0x105.0 奈良県立美術館

   basu001.png

basu002.png

                        晩秋ですネー



2019.11.29  アキ
    秋ですネー  DSCN7763.jpg

DSCN7746.jpg




2019.11.28  五稜郭
 旅好きオイラは何度も?何度か? 北海道に行ってます。
 今年は函館戦争終結150年です。種々イベントで大盛り上がり。
 行きたい所がいっぱいの函館ですが、まずは五稜郭でしょう。

  hako100_1111s-.jpg

 オランダからの渡来書図面をもとに築かれました。
 堀外からの攻撃に死角を失くした合理的機能満載です。
 ですが、防御の城と云うより奉行所として築かれ、迎賓館として造ったのではなかろうか・・・

 函館戦争では戦死した土方歳三が有名人気ですが、日本初の入れ札(選挙)によって決めらた榎本武揚を忘れてはならない。

 稜堡式の城郭は、長野県佐久市の龍岡城も残されております。



2019.11.27  武揚伝
DSCN6186.jpg

 左は平成13年発行の「武揚伝 上巻」 右は14年後の大幅加筆され、平成27に販売された「武揚伝 決定版 中/下巻」です。


 2001年、オイラは六本木の片隅のビル地下でボッタクリ珈琲屋をやっていた。 店を休むわけも行かず、読書に勤しんでました。
 そんな時に読みだした佐々木譲の「武揚伝 上巻」。 ナゼか?下巻は読んだ記憶がない。

 店を閉めて十数年、転職引っ越しを繰り返せどナゼか手元に残った本です。 思い出したように下巻を探していたら、上中下が!
 「この十数年のあいだに、榎本武揚研究が進み謎もしくは不透明な生涯がかなり整理されてきた・・・ 彼のなによりの忠誠の対象が「日本の近代化」だった・・・」と大幅加筆で出版されていたのである。

 本のページをめくるごとにオイラの中の幕末明治の動乱が様々蘇り、縦糸横糸が紡がれていきました。
 オイラ故郷の柏崎が桑名藩飛地であった関係で藩主・松平定敬やガトリング砲を買った河井継之助や大名に成り損ねた近藤の新選組・・・ 長英vs耀蔵や勝海舟(祖父は柏崎出身なのだ)・・・・・

 昨年の駒込・吉祥寺散歩で「2018.08.10 幕臣ふたり」に出掛けておりました。

 一気読みとはほど遠いチンタラ読みで愉しい空想を膨らませました。



2019.11.26  寄席
 小雨降る中、冬ごもりも済んだ 堀之内妙法寺 へやってきました。
DSCN7727.jpg DSCN7730.jpg

 十数枚の大きな絵馬が集められた片隅に・・・
     DSCN7732.jpg
 「一天四海 皆帰妙法」 と読むのではないか?
 「すべての世界は妙法に帰る」とても解釈しましょうか。

 文化六年と云えば、西暦1809年。
 難破?外国船がチラホラ来航から開国通商を求める列強の来日への幕開け期でありました。
 佐倉藩主の正時とは、中継ぎ藩主ということで藩政には関わらず、趣味を中心にした生活を送った。そうな。 まさか寄席落語に供応していたのではあるまいに。
 子に堀田正睦がおり、開国派の老中首座を務めたが、正睦は朝廷と幕府の双方から命令される形で蟄居引退を余儀なくされました。

 テナ歴史人物ウンチクに関係なく、となりの書院での催しへ。
DSCN7743.jpg DSCN7739.jpg
 定例寄席の演者は、春風亭弁橋・春風亭昇吾・立川幸之進。
 お菓子付きの寺銭を払い、「?」チラシは来月の出演者でした。


 そんなオイラのような粗忽者を語る「堀の内」を聴いてみませんか?

     

 師、走る12月を前にノンビリしませんか。 オイラはいつもですがー



2019.11.25  秋嵐
 千秋楽も白星で飾り、43度目の優勝した横綱白鵬は強い。
 小兵のウッチャリで徳俵に足を残しながらもフンバル長州の安倍。
 
 ライバルが居ない“1強の栄華”に翳りが見えてきました。

 「死に体」には2種類の生き様が有ります。
 たとえ突然死であろうと、天を見上げ仰向けで「死にとうない」との形相が死化粧で「穏やかに安らぎアレー」
 対して、坂本龍馬のように。 突然の強襲を受けようと、這ってでも未来に向かい俯せでも一歩を踏み出そうとあがく惨劇もあります。

 あえて問う。「安倍さん、君はどうする?」 と書いても届きはしないが・・・
 69条の専権を利用して大義無き解散に踏み切ろうと、アナタの宿願の憲法改定への道のりを探るべきではないか。

 フェニックスのごとく復活があるのか? それとも公人の如く振舞った私人昭恵と心中するのであろうか・・・

 季節外れの「桜祭り」が盛り上がってますが、いつかは散ります。
 賢明なる読者諸兄姉はこれに首肯せらるるや否や。


2019.11.24  ダム
 宮ヶ瀬ダムでは、水曜日曜の11時2時に観光放流が行われます。

DSCN7624.jpg DSCN7626.jpg
DSCN7645.jpg DSCN7652.jpg
DSCN7646.jpg DSCN7665.jpg
DSCN7629.jpg DSCN7631.jpg
 DSCN7656.jpg
 毎秒30㎥の放流で高低差70mの人工の滝が出現します。

 スゴ~イデスネ! の一声しか出てきません。
 過去に立山黒部の黒四ダム本庄市の間瀬ダムにも行ったことが有りますがどれも個性的ですね。
damu928.jpg damu5151893.jpg

 6分間の放流ショーを堪能して、テクテク歩きだしました。
DSCN7677.jpg DSCN7684.jpg

 副ダムとも呼ばれる石小屋ダムです。
DSCN7690.jpg DSCN7691.jpg
 堤高約34.5m 堤長約87m 小さいながらもダムです。
DSCN7686.jpg DSCN7685.jpg

DSCN7709.jpg DSCN7710.jpg

           晴れ渡った晩秋の遠足に出掛けてきました。


2019.11.23  宮ケ瀬湖
 小田急・本厚木から路線バスにて小一時間の車窓旅です。
DSCN7523.jpg DSCN7524.jpg

 川を堰き止めれば、大きな水たまりが出来ます。
DSCN7533.jpg
 箱根・芦ノ湖に匹敵する人造湖・宮ケ瀬湖です。
DSCN7546.jpg

 湖畔の遊覧船にて下流に移動です。
DSCN7562.jpg DSCN7561.jpg

DSCN7543.jpg

 神奈川県に位置する、一級水系 相模川水系中津川に建設されたダムによって人造湖ができました。
DSCN7590.jpg
 2000年(平成12年)竣工の重力式コンクリートダムで、治水を主とする特定多目的ダム。
DSCN7620.jpg

DSCN7592.jpg DSCN7581.jpg
 遠くは横浜ランドマークも見えますが、眼下には・・・

 ダム建造中にダンプカーを運ぶためのエレベータが観光用に。
DSCN7572.jpg DSCN7597.jpg
 インクラインでスイスイ。 階段まで整備されてました。
DSCN7603.jpg DSCN7578.jpg
 150m 傾斜角はどのくらいなのでしょうか?
DSCN7612.jpg DSCN7615.jpg

DSCN7618.jpg

           宮が瀬ダムの放流は明日へと続くのだ!


2019.11.22  JFK
 「画家は『生』を描き、小説家は『死』を書く」
 チト強引なような気がしますが極論的には納得します。
 たとえキリストの磔画であろうとどんなに残酷画であろうと、その画は『生』を見つめ復活を祈ってます。
 小説はどんなに勝利・成功・栄光・繁栄を書こうと「終」は完結ではない。


 バーニー・フュークスが描いた最初の1枚は1962年です。
      jfk001.jpg


 ジョン・フィッツジェラルド・”ジャック”・ケネディ(英語: John Fitzgerald "Jack" Kennedy、1917年5月29日 - 1963年11月22日) 第35代アメリカ合衆国大統領を歴任。

 バーニー・フュークス (1932年10月29日 – 2009年9月17日)は、アメリカ合衆国のイラストレーター。 生涯に5枚のケネデェを描いてます。


 『ダラスの熱い日』が公開されたのは1973年のことだった。
 「アメリカ政府内部の人間達の謀議により複数犯で行われ、それをリー・ハーヴェイ・オズワルドによる単独犯に仕立てようとした」という仮説で描いた陰謀劇だった。
 『JFK』が公開されたのは1991年、監督はオリバー・ストーン。 189分の長い映画だった。

         


 fa11e472-s.jpg

 26年後の56歳の時描いた画が白い袖が強調された決意漲る88年版です。 左下の余白は「彼の志・理想は未完成」を表現しているそうだ。


   1枚の写真は"事実"を語る  img_686565_58846228_22.jpg


 なにはともあれ、今日はジョン・F・ケネディが暗殺された日です。
 遠い昔の事件です。 あの日、アナタは何をしてましたか?