FC2ブログ
 まずは空想してみましょう。
 風船を空中に浮かべるには空気より軽いヘリウムガス充填が考えられます。 その風船の下にラジコンをセットすれば? と考えましたが、それは熱気球タイプになってしまいます。

 2mから10mまでのラジコン飛行船運行プロ会社がありました。
   東京都葛飾区東立石に ADSHOP SANKYO がありました。
 飛行船をこよなく愛すタカラの天野幹俊氏の「SKYSHIP」談話。 
 数年前5000円前後でラジコン飛行船がありましたが完売しており、入手不可。のようです。

 オイラはあくまでも球体の風船形にこだわりたい。
 ラジコン・コントロールもファジーでいい、風に流されてもいいではないか。 ノンビリ、空中をただよう風船を適当に動かしたいのである。

 そんな中、明治24年頃登場し1919年(大正8年)から、紙ふうせんを作り続けている会社を見つけました。
   磯野紙風船製造所  新潟県三島郡出雲崎町羽黒町423
   sakura-2.jpg  pen2-2.jpg
 
 単純に球体の中にラジコンヘリコブターキットを組み込めばイイはず。球体内の空気の外への放出・気流はメッシュ状の布を使うことで可能ではないだろうか?



  
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/1452-b02f85cd