FC2ブログ
 朝の露天風呂に入り、ゆっくりと湯田中駅に歩いてきました。
 駅併設の「楓の湯」は10時から21時で入湯かなわず残念。
   
 328www.jpg 駅舎天井布

 「黒姫伝説」にまつわるこの地はレトロな探索地が多いです。
 入湯する猿に出会える野猿公苑や志賀高原へも足を延ばせます。
          後ろ髪を引かれつつ、電車に乗り込みました。

 リンゴ・桃・梨・葡萄・・・栗 それぞれの果樹木に合わせた枝振りの剪定は春を待つ今ごろから始まっておりました。
328w071.jpg 328w068.jpg

 20年前にギャルとサイクリングしたので、今回降りなかった「小布施」は画狂人の北斎舘が有名ですが、地震後の計画節電が行なわれているこんな時は「日本のあかり博物館」にも立ち寄りたかったです。

私たちは現在、なんの不便もなく夜の暮らしを送っています。
しかし、今日の照明に至るまでには、長い道程がありました。
太古の昔、私たちの祖先は、一本の木の枝を燃やした灯火によって、夜の闇の中を動き回ることを知ったといわれます。そして次第に、さまざまな専用の道具や燃料が、日々の経験の中から生み出されていきました。
そしてこのように作り出された道具の一つ一つには、より便利により明るくと求めて止まなかった人々の知恵と工夫を見ることができます。

 ふたたび須坂にて1000系「ゆけむり号」に乗車です。
328w075.jpg 328w077.jpg
     このワイドビューは魚眼レンズの出番でしょう。
     328www079.jpg
328w081.jpg 328w084.jpg
 にわかに天候は冬の吹雪へと急変しました。
328w086.jpg 328w087.jpg
 
     328www097.jpg
 しかし、長電長野駅は地下にあり、濡れずに便利です。
328w100.jpg 328w101.jpg
 地上のJR長野駅前は積雪こそ見られなかったが春遠し。

 2250円の2日間有効の長野電鉄全線乗り放題のキップでユックリアクティビテーに楽しめなかったのが残念ではあるがタップリの乗車を満喫した長電記でした。
 そして、JR快速妙高に乗り換え、実家の柏崎へ移動したのである。


    おまけの信越線日本海の車窓
328ww124.jpg 328ww132.jpg
328ww145.jpg 328ww147.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/1464-fd3d7687