公開空地って知ってますか?


 大きなビルやマンション等では私有地であっても「公開空地」なる誰もが使える公園的解放地があります。
 しかし、飲酒・ボール遊びはやめましょう等の注意看板が立ってます。

 深夜、11時過ぎであった。若者5・6人が公開空地で酒を飲み始めたのであった。
 モニター映像をチラチラ気にしながら見ていたオイラ。
 若者たちのふたりがバスケットボールでドリブルを始めた。
 プチッ1・・・しょうがないなー  つぶやきながら立ち上がるオイラ。

 「君達、今何時だと思ってる? ここは公園で無いのだから・・・」
 面倒くさそうに顔を向ける若者のひとりが吸いかけのタバコを放り投げた。
 「ここは灰皿でないのだから拾うなさい」 ・・・イイジャンの小さな声。
 プチッ2  オイラの最も嫌う行為にタバコのポイ捨てがある。
 「ここは飲酒やボール遊び禁止でもある」
 ・・・あれ? バソケットコートじゃないの。冷やかしの声。

 プチッ3 冷静に切れてしまった。
 「アホかバカか。理解判断力の足らない知的障害者か? はたまた、視力の弱い障害者なのか? お前は!」
 目を丸くする彼らからさりげなく一歩下がり、言ってしまった。 ・・・さぁ、来るならこい。 俺っていつもこうなんだよなー と一言多い自分を嘆きながら、救急車で運ばれている1時間後のオイラが頭をよぎった。

 さいわい、オイラの気迫が伝わったのか? こんなジジィを相手にしても始まらねー と大人のかわし方を知っている若者なのか。 何事もなく去って行ってくれた。

 てな、チッチャな出来事がありました。
 日頃から物静かでおとなしいと自負するオイラだがどうでもいい些細なことに過剰反応してしまう癖は直りません。
 そんな自分に呆れる深夜の勤務でした。


 オイラの(錆びたナイフ)が切れる瞬間
  2007.08.13 唖然突然。一瞬の永遠。
  2007.09.10 あぁ嘆かわしいー
  2008.04.28  「キレる老人。公園で撲殺」
  2008.06.01  仕事は忠実・誠実に。 なれど、切れ捲るオイラ。
  2011.07.03  言葉が出てこない、文字が浮かばない。

 こんなこともありました。
  2010.01.14  ムカつくゼェー  

 でもね、判り合える・分かち合えるヌクモリもあります。
  2010.01.24  戦う猫と助け合う2ヒキ


 いかがでしたか?  オイラの過去をクリックして読んでいただいた方にお疲れ様でした。 と感謝もうしあげます。


 
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/1948-e5bbedfa