FC2ブログ
 ted.jpg 
 
 でもやつぱりこの映画は、 心をすっきり爽快にさせてくれる、とても健全な 「大人のファンタジック・コメディー」 映画だと、 観終わってから、その評判の良さを納得します。
 笑えて、 理解できて、 ちょっぴり泣けもする ――
 機会があったら、ご覧になってはいかがですか?

 なる一文を載せたブログに誘われ、『TED/吹き替え版』を見てきました。

 あらすじ: いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人になれるように祈る。彼の願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士であるジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)はあきれ気味。ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る。

 有吉弘行の毒舌を期待したのですが翻訳のせいか?アドリブにキレがありませんでした。 しかし、忘れかけているファンタジーを彷彿させてくれるには充分な作品でした。

 おまけです。 作品内に登場するゴードンとノラの曲です。
 (劇中にノラジョーンは登場しますがテネシーワルツは歌ってません)
 
Queen:Flash Gordon           Norah Jones:Tennessee Waltz

 「見た目はかわいいテディベアの中身は中年オヤジ」の設定がいいね。

 
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2175-0b470b85