FC2ブログ
    椿は『烈』 梅は『凛』 桃は『艶』
    では。桜、一文字は何と顕すだろうか?

 無恥なオイラには知らない事・違いが判らない事が一杯です。
 「ウグイスとメジロ」の違いは?
 「シラスとシラウオとコウナゴ。いわゆる、白小魚」

 実は「梅と桜」も去年までは知っていたつもりながら、この年のこの春にフト疑問が湧きました。五弁の花びらを描くとき、切れ込みを入れるのが桜と単純に考えていましたがどうやら異なるらしいことに気が付きました。改めて春を見渡せばその種類の多さにビックリ。百とも二百とも云われる桜の数に唖然とするばかりです。
 日本の春を象徴する「桜」の8割が江戸末・明治の交配種「染井吉野」であることを知っている人が多い中、人の手によって、育てられ守られている自然を目にして和む心のトキメキは何なのでしょうか・・・
 その一方、3万本のヤマザクラに蔽われる吉野山や「醍醐の花見」を秀吉の夢とWらせて観るのはオイラだけでしょうか・・・
 そよ風にたなびく散り際の潔さが心情に響くのか 「儚さ」だけがオイラを捉えて離さない「桜」を嫌いになりかけております。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/249-50cf0613