2014.03.06  誕生日
 香淳皇后(こうじゅんこうごう)は誰しもが知る昭和天皇の正妃です。
 1903年(明治36年)3月6日 が誕生日であることを知ってる人は少ない。

 でも、オイラは知っている。
 2才年上の兄の誕生日が偶然3月6日で同じ日だったからの理由です。


    800px-Showa-family1941_12_7.jpg
                  日米開戦前日の昭和天皇一家の写真です。 

   「人に歴史あり」ではないが波乱万丈の人生であったに違いない。

 1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇崩御を受けた皇太子明仁親王践祚に伴い、皇太后となる。
 晩年には認知症の症状があったとされ、マスメディアでは「老人特有の症状」と報道されていた。
 2000年(平成12年)6月16日、老衰による呼吸不全のため皇居吹上大宮御所で崩御。97歳没。 歴代の皇后中最長の在位であり、神話時代を除き最長寿でもある。
 7月10日に「香淳皇后」と追号された。香淳とは上代の漢詩集『懐風藻』で、お印と号にちなんだ「桃」から「花舒桃苑香、草秀蘭筵新」(安倍広庭「春日侍宴」)、および「四海既無為、九域正清淳」(山前王「侍宴」)に拠る。「和書」を典拠にする諡号はこれが初めてであった。
 7月25日に文京区の豊島岡墓地で斂葬の儀が行われた。陵墓は東京都八王子市長房町の武蔵野東陵である。


 まぁ、いわゆる雲上人のお方であり、市井の庶民プータロウのオイラとはいかなる伝手を辿ろうと縁もユカリもないのだがこの日が誕生日であることは忘れない。
 と同時に息子の1933年(昭和8年)生まれの日本の第125代天皇と同じ誕生年の焼酎学生さんの誕生日が近いように記憶するがいつ日だったか?思い出せません。 なれど、「どうぞ健やかにお過ごしください」と書いておこう。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2601-42065363