2014.04.29  昭和の日
 今日は「昭和の日」で祝日です。 玄関に“日の丸”を出しましたか?
 「昭和」と聞いてイメージするものは世代によってかなり違います。
 それは64年間の歴史が大きく左右するのではないでしょうか。
 大正・昭和・平成と時代を生き抜く人がいれば、昭和に生まれ昭和に散った少年兵もいたでしょう。
 「戦争」「高度成長」「バブル」「崩壊低迷」の4ブロックはさながら盛者必衰の理模様です。

 オイラの“昭和”のひとつに学校給食のパンと脱脂粉乳があります。
 戦後間もない頃の日本の食糧事情を知ったアメリカ合衆国が、日本の子供たちの為に実行した支援だった。と云われているが余った農産物のGiveMeならぬI'll give youの合意国策だったのではないだろうか?

 1970年代前半まで供されていたと推定される脱脂粉乳も三角パックやビンの牛乳に変わり子供たちの栄養管理に一役を担っていました。 それはパン食から米飯給食が導入されてからも不動であった。


 しかし、米所・新潟の三条市で、和食中心の献立に「牛乳が合わない」との保護者の声に応じ、試験的に牛乳提供を止めることを決め発表しました。

 まぁ、賛否はそれぞれいろいろあろうともオイラは賛成である。
 すでに、週5日の「完全米飯給食」を実施しており、「どんな献立でも必ず牛乳を付けることで食べる組み合わせが分からなくなっている。学校給食は食べることを学ぶ時間でもあり、一汁三菜の望ましい和食を提供することで子供たちに将来の食習慣をつくる献立のバランスを学んでもらいたい」は正論のように思えるがアナタはどう思われますか?

 にしても、学校給食の現場はアナタの時代から様変わりしてます。
 そんな現場をリアルに書いた本、遠藤彩見著『給食のおにいさん』を読んでみてはいかがでしょう。




   【予約手配料無料 & 発券して日本までお届け!】
構想に5年、リハーサルに2年、総制作費に20億香港ドル(日本円約300億円)以上を費やしたビジュアルシアターの 『ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター』 を見逃したら大損です!

 ショーチケット予約手配の詳細は下記リンク先です。
     http://specialsmo.jugem.jp/?eid=186
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2659-d24bbd46