2014.05.15  朱鷺たより
 さて、マイカメラが修理中なので春先から気になっていた『佐渡の朱鷺』について検索旅です。

 2009年放鳥の朱鷺カップルからヒナが生まれた。とのニュースだったが。


   「佐渡トキ保護センター」 (環境省が設置し新潟県が管理・運営)

 国内で飼育中のトキ201羽 (平成26年4月24日現在)

 野生下のトキのふ化始まる(2014年4月24日掲載)
 4月18日(金)、4月22日(火)、4月23日(水)に、野生下でトキのヒナのふ化が確認されました。ふ化日は不明です。野生下でのヒナ誕生は3年連続です。

 今春の飼育下におけるトキのふ化始まる(2014年4月13日掲載)
 4月11日(金)午後3時50分、出雲市トキ分散飼育センターにおいて、Nペア「№37(オス12歳)と№68(メス10歳)」が産卵した卵からヒナがふ化(人工ふ化)しました。

 分散飼育地から佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションへトキが移送されました(2014年4月3日掲載)
 4月3日(木)、いしかわ動物園からトキ8羽が到着しました。移送された個体は、今後の放鳥計画により、佐渡におけるトキの野生復帰に向けた野生順化訓練を行います。

 5月情報はないんかい?

 佐渡トキファンクラブのHPにはー  個体番号No.74(2009年生まれオス)及び 足環なし(2012年生まれメス)のペアーで2012年に野生下で誕生したトキの2組目のヒナ誕生が確認されました。

   ウン? うん!

 放鳥が野性環境で子を授かり、足環なしのメスが孫(子)を生んだと?

   スバラシイ  感動もんではないかい?


 さて、地元アマチュアカメラマンの朱鷺ショットを探しにネットウェーブを続けます。





   【P&M management 創業3周年記念!】
観光都市マカオの市内観光を最安値でご提供いたします!
お一人様250香港ドル(マカオ名物のカレージャガイモラーメン付き)

  詳細は下記リンク先です。
  http://specialsmo.jugem.jp/?eid=926
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2683-c869281e