13年前、オイラは借金捕りに追われていた。 転んでも只では起きないオイラにピッタリの仕事をしながら放浪の旅に出ていた。
 乗り捨てレンタカーの回送を請け負う仕事でした。
 1㎞走行15円前後、約10000㎞前後、月50台前後を回送していた。 最低1日1台5㎞以内900円がベースで走る道はオール下道の国道で宿泊は車内です。
 回送する車種は軽トラから8mトラックまで雑多。 依頼主であるレンタカーの営業所に納車し、本部に連絡を取り次の指示を待ちます。
 ほとんどは鉄道数駅移動でうまく次の車があるのだが移動が大変です。
 地方の納車場所は郊外国道沿いで最寄駅まで歩きがベースです。バス停があっても日2・3本路線では乗れません。雪道の国道を歩いたり、大雨にもあいました。

 最長は青森から伊那へ。高知から横浜へ。
 東京・大阪はナゼか?夜移動では半日なのだが午前中に受けると18時間も掛かりました。
 仙台納車後、秋田へ移動して仙台までの回送車もありました。
 シバタは新潟の新発田と宮城の柴田があったりもします。
 ダム工事現場へトラック納車があり、現場の人から十数キロ送ってもらったこともありました。

 書ききれないほどのエピソードがたくさんありました。
 酷道旅や絶景旅などを狙って道中していたらいまごろオイラもライター評論家になっていたかも知れませんが、当時はそんな余裕はありませんでした。

 回送仲間も変人奇人が多くみられるように思われました。
 車好きはもちろんのこと。 高速道路を1区間走らせレポートしたり、道の駅のスタンプ集めをしたり。
 そんな中、出会ったサッカー兄ちゃんが古河のポストマンです。 12年前の日韓W杯からの付き合いです。
 (昨年暮れも佐野から桐生へのドライブに誘い付き合いさせました)
 テレビ中継を見るために飯屋を探してウロウロした記憶が甦る。

 そんなサッカーワールドカップが4年ぶりに開かれます。
 今年はゆっくりテレビ観戦で楽しめそうです。 がんばれニッポン!





   情報商材(儲け話)被害者ゼロへの挑戦!
 「年間約500人の富裕層を接客しているマカオの吉田が明かす、
 本当は誰にも教えたくない成功法則。日本人富裕層の教え。
 実は超簡単!0円から純利益100万円までの3つのステップ。」

     約300円です。お買い求めはアマゾンで。
     http://pandm247.com/MACAU/first-book.html

Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2712-22f62e82