2014.07.18  廣木WHO?
 鎌倉・上行寺(じょうこうじ)です。 廣木松之助の墓参りです。
P7161574.jpg P7161568.jpg
 大正五年、海軍大将・上村彦之丞(←かなりの豪傑だったらしい)の筆による「贈正五位廣木松之助之墓」との碑があります。 墓というより顕彰碑と思えるのですが・・・

 さて、上行寺・廣木松之助と聞いて判る人はいないであろう・・・
 万延元年(1860) 三月三日、桜田門外で大老井伊直弼を討った水戸藩の浪士の一人であり、廣木松之助にゆかりのあるお寺なのです。

 大老の首級を水戸へ持ち帰ったのが廣木松之助です。
 廣木は、大老の御首級を密かに水戸に持ち返り、斉昭公のお目にかけた。
 それが大老であることを確認した斉昭公は、廣木に大老を懇ろに供養すべしと仰せになられたという。廣木はその後加賀に行き,供養のために僧となったそうな。
 後日、後藤哲之介という者が、廣木のために身代わりとなることを決意し、広木松之助を名乗り、 後藤は広木の身代わりとして幕府に捕縛され、食を絶ち牢死した。 その後藤は南千住・小塚原回向院の桜田十八士墓で眠っている。
 廣木は、越後を経て鎌倉の日蓮宗上行寺に身を寄せた。
 その後、廣木は桜田門外の同志が相次いで捕縛され処刑されたことのを聞き耐えがたく、変3年後の3月3日に自刃するのであった。享年25歳。


  水戸・妙雲寺の廣木家之墓に眠る be292d33d95cc9f62d936b31aa317e01.jpg
           (水戸史では“広木松之介”を使っているのであろうか?)


 この上行寺は頑固?に「観光するところではない」と唯一鎌倉観光協会に加盟していないお寺さんで、瘡守稲荷や鬼子母神も祀られ御利益豊かな寺院のようで信者さんが今日も来ておられました。
P7161572.jpg P7161573.jpg


   OMAKE ①
 水戸・妙雲寺には吉村昭氏の「天狗争乱」の首謀者である武田耕雲斉の墓があります。 行って見たいが水戸は遠いナー
  オイラブログ 「2008.12.17  天狗党、旗揚げ。 武装蜂起!」 読むべし!

   OMAKE ②
 2014年9月20日「柘榴坂の仇討」 が公開されます。 この映画を見るべし。
  オイラブログ 「2012.03.28  平成が替わろうとしているが・・・??」





  POWERED BY P&M management MACAU
香港の宝くじ、MARK SIX(マークシックス)を買い続けています。
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2750-892e5b37