2014.11.12  太陽の塔
 1970年4月26日。万博中止を訴えたアイジャック事件の際には狂喜して、居合わせたマスコミに対し「イカスねぇ。ダンスでも踊ったらよかろうに。自分の作品がこういう形で汚されてもかまわない。聖なるものは、常に汚されるという前提をもっているからね」と言った。
 発言者は『太陽の塔』製作者の岡本太郎氏である。

20100314010019598.jpg P1400928.jpg

 8日目159時間も籠城して5月3日投降逮捕された男は佐藤英夫(1945年生まれ?)は現在故郷北海道旭川在住らしいですがどんな人生を歩んだのであろうか・・・

 その1970年、オイラは学生だった。 当然のように反搏で行ってない。
 そして、会場が取り壊され、残された塔への初見は2012.04.02だった。
   100_9864.jpg
 跨座式の大阪モノレールに乗っての通りすがりの数十秒だった。

 来年には内部公開されるらしいが、今度こそ行って見たいです。
 「太陽の顔」「黒い顔」と共に、「地底の太陽」を観たい。
 この第4の顔「地底の太陽」は大阪万博終了後、忽然と姿を消し、40年以上たった現在も行方不明のままだそうだ。
 内部エスカレーターに乗り、生命のエネルギーを生物の進化に託して表現したオブジェ「生命の樹」(高さ約41m)に触り指紋・手垢を残してきたい。 (「展示物にはさわらないで下さい」なる表示がベタベタと貼られるのではないか?と危惧するが岡本氏の基本姿勢を行政管理者はどう解釈するであろうか?)



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2882-7460b1d8