「穴を掘って埋める」 税金が使われればリッパな公共事業。
 どんな批判を浴びようと潤う業者団体がいます。 その上前をピンハネするのが“政治家”と云ったら批判をうけるであろうか?

 福岡高裁は「2013年12月20日までに水門を開けろ」と命令し(確定)、長崎地裁は「当面開けてはならない」と命令した。 相反する司法判断が出されたが、いずれを優先するか明確な取り決めは無い。
 そして、2014年6月12日から、開門しなければ漁業者49人に1日当たり各1万円、計49万円の制裁金を支払うよう佐賀地裁が国に命じた決定の猶予期限が切れ、12日から国の支払い義務が発生した。

 公共事業の在り方が選挙の争点になった時代も有りました。
 大義がないとも云われる今回の選挙はアベノミクスの暴走のノロシです。
 投票率が50%を切り自公民が過半数以上の280議席を取ったら、誰も止められません。
 景気動向条項を除いた消費税先送りは2017年4月実施が決定します。 さらに、企業減税からTPP不本意合意へ。国防を含めた安保・武器輸出へ拡大するのは眼に見えてます。
 民の幸福追求より、富国強兵「強い日本」の復活です。 なにも徴兵制を復活させるものではありません。役立たずの素人を集め無駄飯を喰わせるわけではなく、防衛の拡大解釈によるスペシャリストプロフェショナルの人材育成確保と装備及び開発関連の充実が優先されるハズです。
 その先にあるものは「9条破棄による新憲法制定」です。

 とにかく「選挙に行こう」 投票に値する候補者が居ないなら白紙投票という手段もあります。 もし、白紙投票が全投票の50%を越えたら… 想像すると空前絶後、どうなることでしょうか?
 まぁ、オイラブログを読むアナタは棄権がない人であろうと信じたい。

 今日は勤労感謝の日(の振りかえ休日?)で祝日ですが昨日宮中では粛々と新嘗祭が取り行われたであろう。 で、新嘗祭ってナンだ?

 その第2・3月曜の振りかえ休日を本来の日に戻そうと模索暗脈する政治家集団が居ます。その主張は一見もっともらしく聞こえるが「シャラ臭えそもそも・・・」とオイラが吠えたとて何も変わりはしない。

                    テナコトをツラツラ書き綴るオイラであった。
                                       オ・シ・マ・イ。


 
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/2901-a9cac623