2015.02.19  雨水の春節
     横浜・崎陽軒の月餅  P2131100.jpg


 今日は旧暦の正月元旦です。
 オイラが小さい頃、バァさんが握ったボタ餅(秋に作るとオハギになります)を喰った記憶が甦る。
 戦後の経済成長で忘れ去られた旧正月を祝う習慣も中華圏ではいまでも“春節”として西洋歴元日より盛大にお祝いをするようです。

 二十四節気の“雨水(うすい)”で空から降るものが雪から雨に変わり雪が溶け始めるころの今日とは云え、寒さのピークでありまだまだ冬の地方もあります。
 なれど、東京地方は“春の足音”が聞こえてきます。 そんな音は聞いたことはないので探しに出かけましょうか・・・


   DASOKU
 椿ガラのお皿に茶菓子を三個のせてみましたが、ひとりに差し出すには失礼にあたるそうです。
 漬物・タクワンにおいては三切れは「身を切る」四切れは「死に別れ」を連想させるそうです。
 なので、二個は“ニコニコ”って言って喜ばれるそうです。
 単にゴロ合わせのこじつけですが、旧正月の風習習慣とともに、なにげない生活にさりげないシャレを楽しみ豊かな人生を送りたいものですね。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3003-80dd899a