2015.03.12  春ですね?
 懐かしい? 珍しい? 御菓子? を買ってきました。
  P3041281.jpg Siberia2.jpg
 「シベリア」なる和菓子?洋菓子?ケーキ?と分類さまざまです。
 見た目のように、カステラに羊羹を挟み込んだシンプルな食べ物です。
 
 誕生は明治後半から大正初期頃で、昭和初期には「子供達が食べたいお菓子No.1」であったと伝えられているが、発祥地から考案者、名称由来、食品分類に至るまで未だ正式な解明がなされていない。 そうだ。
 そのネーミングや製造も、羊羹をシベリアの永久凍土に見立てたという説、カステラの部分を氷原に、羊羹の部分をシベリア鉄道の線路に見立てたという説、シベリア出兵にちなんだものだからという説、日露戦争に従軍していた菓子職人が考案した説等である。 そうだ。

 農家であったオヤジが町に出かけるといつもおみやげはこのシベリアだったのだ。
 そんな懐かしい御菓子に出会いつい買ってしまったのだ。
 季節が夏なら冷蔵庫で冷やしてカルピスと共に食べたいもんだ。

 冬から春への替わり目にはオイラ食卓も「春」が並びます。
P3041279.jpg P3051284.jpg
 アスパラとサラミの焼きウドンや五目混ぜ御飯のように「春」が来てます。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3025-9838c9e5