本日より金沢・富山への北陸新幹線が開業されます。
 現在より金沢は80分・富山は60分短縮され、金沢へ2時間28分、富山が2時間チョイで行けることになります。
 それはそれでうれしいことではあるが、JRから切り捨てられ、新たな3セク民鉄が生まれます。

 長野県の軽井沢~長野間 (65.1km)を営業している“しなの鉄道”が長野~妙高高原間(37.3㎞)を運行させ、新潟県の“えちごトキめき鉄道”が妙高高原~市振間(97.0㎞)、富山県の“あいの風とやま鉄道”が市振~倶利伽羅間(100.1㎞)、石川県のIRいしかわ鉄道が倶利伽羅~金沢間(17.8㎞)の区間が第3セクターに引き継がれます。

 そのえちごトキめき鉄道の路線区間はー
  img-line-guide001.png

 北陸新幹線で富山金沢を目指し旅する人も多いでしょうが、上越妙高駅や糸魚川駅の途中下車でチト一味違ったプランで日本海を楽しんでみませんか?  また、糸魚川からJR西日本の飛び地路線となった大糸線のフォッサマグナの中央地溝帯沿いの山渓谷で松本に縦断するローカル旅もお推めです。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3028-869370bb