昔々、政略結婚で嫁いできた御姫様が辛いつらい毎日を過ごしてました。
 心配した若殿がある日レンコン料理を作らせ食べさせようとしました。
 「ワラワはレンコンが嫌いでありんす」
 「なぜジャ?」
 「この穴が嫌いで食べとうない」
 ならば・・・ とレンコンの穴に黄色い詰物で御膳に乗せて持ってこさせた。
 「どうじゃ。 穴はふさいであるから喰え」
 余りの高飛車な物言いに恐れをなして口にしました。
 「辛い・カライ・からいー  でも、オイシィー」 と思わず言ってしまった。
 「どうじゃ? 我が家の自慢料理はー」
 「ハイ、殿にこの命差し上げます」  
 ふたりには息子娘も授かり、末永く幸せの日々を送ったtosa
                       愛でたしメデタシめでたし・・・・・


 てな、エイプリルフールの寿話はいかがでしょうか?

 世の中、そんなに単純ではないですよねー
 でもね、夢・希望の願い事を口から10回言うと『叶う』らしいです。
 しかし、11回だと『吐く』となり、反吐や嘔吐など、あまり良くない事例に使われますので注意しまょうね。 「吐いた唾は飲めぬ」ようにオイラも慎みましょうか・・・・・



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3045-f7ef841b