2015.05.08  給食
 さりげなく渡された1冊の本を読んだことなど忘れておりました。

 いつものようにBookOffのア行からオイラの眼に飛び込んできた本が遠藤彩見「給食のおにいさん/進級」でした。

 「お前ら、口開けて待ってろ」と張り切る主人公・宗の続編です。

 「春 ブイヨン」 「初夏 ショコラ」 「夏 タイミング」「初秋 メニュー」 4パートからなる読みやすい小説でした。
 読後感想? 相変わらず書き入れません。書きません。
 今どきの給食って、職業として大変なんですね。


 そんなタイミングでテレビで横浜の中学給食の討論会が流れていた。
 全国約8割の普及率の中、横浜ではまだ実施されてないとのこと。
 要望熱望する団体が「遅れている なぜ?行わない」と詰めよれば、元横浜市長の田中氏が反論「弁当こそ食育、行政の方針として捉えてほしい」 予算の話や主婦の社会進出話まで噛合わない論争が続いてました。

 そう云えば、新潟の燕市だったか? 米飯給食に牛乳は合わない要らないと半年実施したハズ。 どんな結果報告書が出されたのでしょうか?  チト検索してみます。


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3085-2187b021