2015.08.14  “恕”
 「ゆるす」を漢字で書くと、「許す」が一般的に使われてます。
 しかし、「赦す」や「聴す」が用いられることもあります。
 「赦す」には権力・政治的匂いがしますが「聴す」?ハテ?

 未熟者のオイラは考えた。
 耳に届いた言葉に対し、同意も反対もせず、聞き流す行為はすなわち黙認であり「ゆるす」につながるからではなかろうか? なんて思いました。
 

    こんな漢字を御存じでしょうか?   jyo.jpg
                           [音]ジョ [訓]ゆるす

 「恕」とは他人の立場や心情を察すること。また、その気持ち。思いやり。
 「如の心」  即ち、一切を包容して進歩向上せしめんとする心のこと。

 また、口を又に変えると「奴」になり、意味のひとつに「奴僕(ぬぼく) 奴婢(ぬひ) 農奴(のうど) などの非自由人から奴隷」と使われています。
 そして、「奴の心」は『怒』となり、人間の根源的感情のひとつです。
 類似語として、憤り〈を覚える〉 腹立ち 向かっ腹〈が立つ〉 八つ当たり〈する〉 癇癪(かんしゃく) 立腹 怒気〈を含む〉 怒髪天を突く 激怒 憤怒(ふんぬ) 激昂(げきこう) 激憤 憤懣(ふんまん) 慷慨(こうがい) 憤慨 公憤 私憤 悲憤〈慷慨〉 義憤 鬱憤(うつぷん)〈を晴らす〉  etc

 しかし、『怒』の心にグッとりきみ力を入れると『努』になります。

 『努』に成るとオイラの苦手な領域に入りそうですので即退散します。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3204-51b842a0