2015.10.11  全生庵
 谷中霊園近辺には多くの寺院があり先祖の霊を祀り守ってます。
 山岡鉄舟ゆかりの寺、普門山・臨済宗国泰寺派「全生庵」です。

PA022893.jpg PA022864.jpg
 1880年(明治13年)、山岡鉄舟が明治維新に殉じた人々の菩提を弔うために創建を発願。国泰寺から越叟義格を開山に招聘して1883年(明治16年)に創建されました。

 山岡 鉄舟(天保7年6月10日(1836年7月23日)-明治21年(1888年)7月19日)は、幕末から明治時代の幕臣、政治家、思想家。剣・禅・書の達人としても知られる。
 特に、江戸無血開城を決定した勝海舟と西郷隆盛の会談に先立ち、官軍の駐留する駿府に単身で乗り込み、西郷と面会し段取りの道筋をつけた人物です。
PA022872.jpg PA022874.jpg

   逸話 [Wikipediaより]
☆その人間性は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。
☆致仕後、勲三等に叙せられたが、拒否している。勲章を持参した井上馨に、「お前さんが勲一等で、おれに勲三等を持って来るのは少し間違ってるじゃないか。(中略)維新のしめくくりは、西郷とおれの二人で当たったのだ。おれから見れば、お前さんなんかふんどしかつぎじゃねえか」と啖呵を切った。

 また、剣の達人でもあったが、書もうまく人から頼まれれば断らずに書いた。
   kimuraya01.jpg 屋号の大看板を揮毫


 時代に名を残す人はやっぱり偉大です。
 でも、名もなき民と云えど、記憶に残し記念碑を奉納する御仁が居ます。
   PA022888.jpg  山田良政 WHO?
 熊本の宮崎滔天らと共に孫文の支援者となり辛亥革命に参加戦死。享年32。 革命成功後に中華民国を建国した孫文は、1913年(大正2年)に訪日した際にここ全生庵に山田良政の慰霊碑を建設。
 しかし、その孫文の名や経歴功績を知る人も少なくなっております。


 まぁ、オイラも春先に須磨舞子へ出かけていなければ、孫文さんのことなどことさらブログネタにアップしてなく、本郷・白山神社でも素通りしていたことでしょう。

 長崎平和祈念像の作者である北村西望氏が製作し、平成3年に開眼した谷中大観音さんがみなさんの安寧を見守っておられました。

PA022870.jpg PA022875.jpg

 
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3258-0ba9920f