ナンジャ?これは?  どんな意味あるオブジェなのであろうか。
PA073075.jpg PA073073.jpg
 霊岸島水位観測所の歴史的シンボル柱としてのモニュメントです。
PA073076.jpg PA073077.jpg
 明治6年から6年間、毎日ここ隅田川(東京湾)の干満潮水位を計り、更に平均値を求め、「0m0㎝0㎜」の水面がここなのです。
 そして、明治24年に24.5000m高い永田町に「日本水準原点標庫」が設置されました。

 このモニュメントの近くには「1等水準点・交無号」なる基準原点石がありました。 (こんな雑な扱いで良いのか?と思ったら、現在は保存だけに設置されているそうだ)
 PA073081.jpg (この石に座りタバコを吸ってみた)


 実は、2011年06月の「測量の日」に千代田区永田町1丁目にある日本水準原点標庫に行っておりました。
63w02001.jpg 63w02801.jpg

  明治24年。 24.5000m (全国の標高の基準)
  大正12年。 24.4140m (関東大震災のため再計測)
  平成23年。 24.3900m (東日本震災により24㎜の沈下)
 なお、現在の原点標高は神奈川県三浦市の国土地理院油壷験潮場の験潮(検潮)で点検されており、霊岸島水位観測所は使用されておりません。

 詳しくはオイラブログ「2011.06.03 本日は測量の日」を覗いてください。


 まぁ、ウロチョロと散歩を楽しんでいるといろんな接点に出くわすものですね。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3263-e8b365e7