2015.10.31  巨匠ふたり
 俵屋宗達(?~1640頃)の下絵に、本阿弥光悦(1558~1637)が書写した「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」 長さ13mに鶴が137羽が群れをなしてます。

turusita01.jpg

 その圧倒的画力に光悦はたじろいたのか? 初筆でつまづくのであった。
   turusita02.jpg 「人」文字が不自然
 たぶん柿本人麻呂と書くつもりが「山?九?丸?」 そのうえ、書後の加筆か?小さく「人」が・・・ 無教養のオイラには判りません。


 同じ巨匠コンビの作品に「新古今集鹿下絵和歌巻」があります。
 益田鈍翁所有で約22メートルに及ぶ一巻の巻物でしたが手放しました。 悪徳画商?により切り刻まれ現在は断簡となり、前半部は静岡・MOA美術館、東京・山種美術館や五島美術館他、諸家が分蔵、後半部分はアメリカ・シアトル美術館が所蔵してます。

   sikasita01.jpg
                              山種美術館:蔵

   sikasita02.jpg
                              MOA美術館:蔵

   sikasita003.jpg
                              五島美術館:蔵

sikasita004.jpg
                              シアトル美術館:蔵

 全部一同に揃え展示される日はあるのだろうか・・・
 22mの大作は圧巻でしょうね。 でも、左右の順番でモメる事態は起こらないのでしょうか? なんて余計な心配がうまれました。


 さて、今夜の「美の巨匠」は琳派特集ラストです。 今からワクワクです。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3278-ea779dba