2015.11.01  久隅守景
 久隅守景筆 八曲一双  『鷹狩図屏風』

kusumi1.gif

 横幅5mの屏風と云うより襖絵と書かれたのでは?と思えるくらい大きい日本画です。 その一部を拡大してみるとー

kusumi02.jpg


 久隅守景(くすみもりかげ)は狩野探幽の四天王と謳われた絵師です。
 しかし、その画力や寛永から元禄のおよそ60年にも及ぶ活動期間、現存する作品数(約200点)に比べて、人生の足跡をたどれる資料や手がかりが少なく謎が多い画家である。


 この『納涼図屏風』だけが国宝に指定されているのである。
     kusumi0011.jpg
          kusumi0012.jpg
 「最も国宝らしく無い国宝」と云われる絵を描いた流転の人生を歩んだ守景ってどんな人物だったのでしょうか・・・



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3280-059915d2