2015.11.08  岩淵水門
 木枯らしが吹いた晩秋の晴れ渡った日にJR赤羽駅から20分の隅田川源流?の岩淵水門近辺をブラブラしてきました。
arakawasuimonn01.jpg

 岩淵水門(いわぶちすいもん)は、東京都北区志茂において現在の荒川と隅田川とを仕切る水門。かつて「荒川放水路」と呼ばれた人工河川を現在は荒川と呼び、かつての荒川を「隅田川」と呼ぶ。この水門はこれらの分岐点にある。
 1924年(大正13年)竣工の旧水門(通称:赤水門。運用終了)と1982年(昭和57年)竣工の新水門(通称:青水門。運用中)の2つが存在する。
 荒川上流からの流量が増えた場合岩淵水門を閉め切って、隅田川の洪水を防ぐために設けられている。平常時は水門を開け、荒川と新河岸川・隅田川とをつないでいる。引き潮時には荒川から隅田川に、上げ潮時には隅田川から荒川に流れる。


 荒川大橋から歩き出しました。 目聡く十月桜を見つけました。
PA303968.jpg PA303974.jpg
 水位観測塔が見えてきました。 本日は87㎝でした。
PA303975.jpg PA303982.jpg

 東京都にはいわゆる海抜0mの平野が広がっており、江戸時代から治水事業が行われてきました。
arakawasuimonn02.jpg

 戦後の昭和22年には8.60mまで増水したこともあり、資料館で学べます。
PA303985.jpg PA303983.jpg
 大正13年竣工ではパナマ運河工事に参加した技師が携わりました。
PA304058.jpg PA304132.jpg
 「AP+8.259m」の岩淵基準点石がポツンとありました。 

   PA304051.jpg

                                   明日へと続きます。




Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3282-9a4a761b