2015.12.08  風まかせ
   


 城達也(1931年12月13日-1995年2月25日)さんが亡くなって20年。
 9月には原節子(1920年6月17日-2015年9月5日)さんも亡くなってました。
 大相撲九州場所開催中に北の湖敏満(本名・小畑 敏満、1953年5月16日-2015年11月20日)さんが理事長在職のまま突然亡くなりました。


 74年前の1941年12月8日に米英への宣戦布告で太平洋戦争が勃発・開戦しました。 戦後生まれのオイラには遠い昔のことです。

 昭和19年11月3日未明に3カ所の基地から同時に直径10mの和紙とコンニャク糊で造られた気球が明治節を祝うために放球されました。
 「ふ号兵器」と呼ばれた気球爆弾は、大気高層のジェット気流に乗せてアメリカ本土を攻撃しようとする兵器で兵装は15kg爆弾1発と5kg焼夷弾2発であった。成層圏での温度低下による防止気圧計とバラスト投下装置と含め総重量は200kg。
 発射された気球からは徐々に水素ガスが抜け、気球の高度は低下する。高度が低下すると気圧の変化で「空盒」と呼ばれる部品が縮み、電熱線に電流が流れる。バラスト嚢を吊している麻紐が焼き切られ、気球は軽くなりふたたび高度を上げる。これを50時間、約二昼夜くり返して落下するしくみであった。
 翌年春まで9300発が放球された。アメリカ合衆国で確認されたのは361発であるが、1000発程度が到達したとする推計もある。

   kamifuusenn01.jpg 
     その軌跡を当時の天気図とコンピュータを使い解析したとの事。


 風まかせのユニークさがオイラにはおもしろい。実にアッパレなり。 なれど、爆弾ですので・・・

 いろんな悲劇が産まれました。 ずーと引きずる重い課題が未解決なまま時が流れてゆきます。

 ですので、オイラはこんな歌を口ずさみながら今日を過ごします。

    ♪♪老いたからと 虐げられるなら
       髪の毛が薄いと 蔑まれるなら
       今の私に 残っているのは
       涙をこらえて 歌うことだけさ
       僕等の名前を 覚えてほしい
       戦争を知らない ジジィたちさ  ♪♪


  
Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3317-e95cd52b