2016.01.16  総統選挙
 人口2300万人の台湾には親日の人々が多いそうだ。

 東日本大震災において海外からの寄付は台湾からがダントツだった。
 しかし、翌年の日本政府主催の記念式典には中華人民共和国を意識して中華民国(台湾)は呼ばれなかった。
 でもね、春の園遊会ではしっかり招待され天皇陛下から謝辞の言葉がかけられました。

 昨年暮れに津波で被災した病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として復活し新たな活動が始まりました。建設費約56億円のうち、約4割に当たる22億2000万円を中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)の義援金で完成したのである。
          12278965_10153364651584094_206757575758636255_n.jpg
           中華民国国旗と南三陸町の町旗、両者をつなぐように「絆」が強く刻まれています。

 しかし、日韓で一様の合意が出来た慰安婦問題で中華民国でも「日本政府は一刻も早く台湾の元慰安婦女性たちに謝罪と賠償をしろ!台湾が普段、日本に対して弱腰なのをいいことに付け上がるな!」と声を上げていたのである。


 さて、今日1月16日は中華民国総統選挙が行われます。 中国国民党の朱立倫(外省人)vs民主進歩党の蔡英文(本省人)の対決はどちらが勝つか?
 同時に立法委員選挙も実施です。 いわゆる国会議員選挙です。
 こちらは蒋介石の曽孫の蒋友柏や独立国を名のるひまわりの党など多彩な顔ぶれは日本と同じです。


 ナゼか? 台湾に関するニュースが少ない中、あすの新聞等マスコミ情報をチトチェックしてみましょう。 明日の日本が見えてくるかも知れませんよ。
 

 夜9時過ぎの追記です。
 蔡英文さん率いる民主進歩党がWスコアで勝利しました。 独立とは云わず中国と距離を置こうという国民の反映のようです。
 さて、中華人民共和国はどんな手で対抗してくるのでしょうか・・・
 日本への影響は? それほどないとは思えるが、夏の参院選のW選挙への弾みが付くかも知れません。政権交代はないだろうが改憲に奔る安倍政権の暴走だけは止めたいものだ。



Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3362-bc99b283