2016.02.18  オデッセイ
 火星に「ひとり」取り残された男のサバイバル映画『オデッセイ』を観てきた。

   

 イイね。 中途半端な絶望も希望もなく「生きてやる」のチャレンジへの長い冒険・放浪・遍歴.の1400日。
 78歳になるリドリースコット監督の映画人生がダブったのはオイラだけか?
  エイリアン (1979年)・ブレードランナー (1982年) に始まり、プロメテウス (2012年) - 悪の法則 (2013年) - エクソダス:神と王 (2014年) - オデッセイ (2015年)と毎年のようにメガホンを採る彼の次回作が待たれるが・・・

 たとえとなりに人が居てもコンクリートジャングルを独り彷徨う男にとって、他人は他人であり単に素通りするモノでしかない。声を懸けようと救い救助は無い。そんな都会の片隅をいくつも見てきた男にハッピーエンドはあるのであろうか・・・・・


Secret

TrackBackURL
→http://yuusuke320.blog115.fc2.com/tb.php/3396-f3dff136